2016年12月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
WS002390

天罰、天の恵み、運がいい悪い、大殺界、色々あるが、理由は定かでない。
更に、霊の呪いや神様の守護、人間の目に見えない存在が「ある」と思われる事を前提に、これらは人間に対して何らかの影響力を持つと考えられている。

その影響力や目に見えない存在の「意思」についてこのブログでは探求してきた。
似たようなテーマで何度か書いてきた。堂々巡りしている事は重々承知である。

それは「見えない存在」が「ある」と仮定しての事。

では、完全に「そんなものは無い」と仮定すると、信じられないようなタイミングや不思議な現象などを「全て偶然」とするには無理があるように思える。

「ある」とか「ない」という白黒で解決できないのではないか?

では、「ある」として、それはどこまで影響力を持つのか?

文化や化学等が進化するに従い、その理屈から霊界に関する考え方も発展してきた。

量子論も取り入れられ、パラレルワールドの存在も「ありうる」という現代社会。

過去に散々思考を巡らせて考えてきたが、どうしても突き当たる「何のために?」という理由は未だ解決の糸口すら見つからない。

自分自身も最近は、人間世界も「全て幻想では?」という考えに至ったが、それでもまだしっくりこない部分が残る。

神の世界で大地震が「計画」されている、だとか、地面の中で地震を神が抑え込んでいる、だとか。

色々な話が多すぎて、それがまた混乱を誘っている。

では、

一度それら全て言われて来た「なんらかの影響」とかを全て否定してみよう。

人間は何故生まれてきたのか?

「魂の修行」や「体験」の為等では無く、単純に地球と言う惑星の材料が組みあがり、物理的に生命体と呼ばれる「人間」「動物」「植物」等が発生していると考えてみよう。

パラレルワールド?、そんなのは想像の産物であり、地球やこの人間社会も「唯一無二」であり、似たような世界等は物理的に存在しないと考える。

何かのニュース動画で見たのだが、「怪我をしたフクロウ」を保護して数か月世話をしてあげ、回復したので野生に返したら、それからフクロウの恩返しが始まったそうな。助けた人が寝ている時に、ふくろうがネズミをくわえて、枕元にやって来る。フクロウにとってネズミは食料であり、食べ物であるので、それを自分を助けてくれた人に持ってくるというのだ。

枕元にネズミの死骸を置かれては人間にとっては迷惑なのだが、フクロウからすれば恩返しの意味である。

似たような動物の話も数多くあり、その動物レベルでの恩義を感じたリ感謝したりという「思考」が働いているというのが推測できる。

動物の種類によって、その思考のレベルは様々であるが、今の所人間の思考が一番複雑に進化しているのでは?と考えられている。イルカも方向性は違うが人間と同レベル位思考は複雑に進化しているとも言われている。

何もビルを建設したり食料を作り出すからイルカより人間の方が、、、とかそんな比較では無い。
動物の個体レベルで、それぞれがそれぞれの環境で多種多様な変異を繰り返し、その結果環境に適合した個体が生き延びている。それを進化と表現しているだけである。

ちょっと脱線したので、元に戻ろう。

人間の体も動物も植物も、全ては化学反応の結果である。

そこに「意思」があると考えたが、その意思ももしかしたら物理的化学反応の結果生じたものかもしれない。

電線に電気が流れる(電子が移動する)とその電線の周囲に磁界が生じる。人間の目線で考えると磁界は目に見えない、が、そこにある。

電波も磁界で出来ており、その磁界の振動の仕方でデータを転送出来たリもする。

最近の量子力学のお話では、量子は同時に2か所に存在し、何らかの方法で「同期」するというのだ。どんな理屈かはまだ解明されていないので、そこはこれからだが、何らかの方法で情報を送受信出来ているという。

もしかしたら、人間の脳が考えた事、その結果何らかの情報が目に見えない伝達手段で周囲なのか地球全体なのかエリアなど関係なく伝搬されるのか不明だが、人の意思に満ち溢れているのが地球という惑星だ。

だから、人がもしかして「神」がいる、と考えるとそれが伝搬されて、似たような事を考える人も現れるのかもしれない。

自分自身も時々あるのだが、ふと知り合いの顔が頭に浮かぶ、するとその直後その知り合いから電話がかかってきたり。

車を運転中、突然「嫌な予感」がして、減速すると目の前を信号無視の車が走り抜けて行ったりして難を逃れた事も何度かある。

逆に「ついてない」となんとなく感じている時は、次々と「うわっ」と思えるような嫌な事が連続して起こる事もあった。

自分にとって嬉しいと思える事が続くときは「運がいい」と感じられ、その逆もある。

何らかの意思の伝搬があったように思えるのだ。

電波という情報を送受信する仕組みでは、情報を「受け取る側」も同じ周波数に振動していないと受け取る事は出来ない。

人間の体は似たような性質を持つ人はいても全く同じ人はいない。そして、人それぞれの振動周波数もあり、同じ情報が流れてきても、受け取る人と受け取れない人がいる。

電波も周波数が違えば混信はしないのだが、強烈な電波は微弱な信号をかき消したり歪めたリしてしまう事もある。

人間から「意思」というなんらかの信号が出力された時、それはどの位の期間で「減衰」するのか、はたまた減衰しないのか。

似たような信号が多数発せられ、それらが混信して、元の信号とはまるで違う意味合いの情報に変化してしまう事もあるのか?

つまり、霊界とか神とか別の意思だとか考えられたり、感じられたり、お告げをもらったり、チャネリングで会話したり、何か見えたリ、導きが有ったり、幸運で助かったり、「何かある」と感じられる世界は、元々人間の意思から発信された「電波のような何か」が作り上げた世界かもしれない。

そして、伝搬された意思が沢山集まって、その何らかの信号が減衰して無くなる前に、その意思だけの信号がジャミングしている世界の中に「意思のような」動きがあっても、もう人間の感知出来るレベルでは人の意思情報なのか、混信したデータから発生した意思のようなものなのかの見分けはつかないであろう。

感度のいい人が、そうした信号をキャッチしているのかもしれない。

過去に出会ってきた霊能者の人達の話や、ブログ等で情報を発信している不思議な話、霊的と思える話、自分自身の過去の体験や知り合いの不思議体験、こうした話を総合して考え続けてきたが、どう考えても「神の世界」があって「支配」されていて、「魂の修行」だとか「義務」だとか「カルマ」とか言った話がかみ合わないのだ。

例えば動物の世界で人間より意思のレベルを下げた「牛」について考えてみる。

牛も世話をしてあげると喜ぶし、なんらかの意思がある。人間との意思の疎通は出来ないので、人間の推測ではあるが。

牛の目線で人間を見ると、人間は毎日食事を与えてくれて、世話をしてくれる。
しかしある時期になると、人間に殺され、食べられてしまう。

人間にはそうした存在はいない。

まあ、人食い人種というジャングルの中の話はあるが。。。

もし牛がもう少し進化し、意思も進化したら・・・

「自分は殺され、食べられてしまう運命なのか」と落胆し、「なぜこんな目に遭わなければならないのだろう」「何のために生まれてきたのだろう」と考え込むのかもしれない(笑

だから人間は特別であり、そこに魂が修行の為・・・・

こうして堂々巡りのループから抜け出せなくなるのだが、「〜の為」というキーワードが出てきた瞬間にその理論は成り立たなくなる。

「人間がいなくなると霊界も存在出来ない」「霊は思考が苦手である」と言った話もある。
これが真実かどうかという判定は不可能だ。何をもって真実とするかという定義もあるであろうが、複数の人が言っている。また、「そんな事は無い」という人もいる。

では人間がこの地球上に出現する以前から霊界は存在し、複雑に色々思考を重ね、人間と言う体を利用して・・・・宇宙に神がいて、、、他の惑星の魂も・・・そう思いたい気持ちも分かる。

どれも決定的な確信を持って自分の信念の根拠となる証拠のようなものが無いのだ。

より現実的に、自分自身が納得できるという角度から考えると、霊界は人間の意思から発せられた何らかの信号の集合体であり、人間の体が地球上の成分の集まりであり化学反応の結果なので、人間の意思を支配していると見せかけている神界なる存在は、化学反応から出現した「出力」であるのではないだろうか。

という一つの見方ではあるのだが。

こう考えると、これまで言われて来た数々の矛盾がかなり解消されるのではないだろうか。




(12:37)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぽん   2016年12月15日 12:01
四季さん、こんにちは(^-^)

今回もじっくり読みました。
いつも、モヤモヤが
すっきりします!

幸せな時間やどんな忙しい日々を
おくっていてもふと「なんのために?」
の考えが頭にうかびます。
けっして幸せボケやさめた感情なのでは
なく、どういう仕組みでこうなってる
のか?という純粋なギモンの感情です。

文字をじっくり見てると…
えっっ(;´д`)と
ゲシュタルト崩壊するのと同じ気持ち
でしょうか♪

牛が置かれてる状況を悟って
みんなグレはじめたら、大変ですね(笑)
面白いですね。
私は牛ではないですが、時々グレてると
なんか不思議と急かされる出来事が
起きてまた走りださなければならなく
なります。
わかりやすいヤツだと見抜かれてる
ような気がしてどぎまぎするのですが、
何か見守られてるような気がして
ならないのですが、謎です。

ブログ、いつも楽しんで読んでます。
今年もたくさんの記事を
ありがとうございます(^o^)


2. Posted by 四季(管理人)   2016年12月15日 18:00
ぽんさん コメントありがとうございます

この世の仕組みはこうだ!といった書籍が結構売れているみたいですね。

私としては「そうかもね」とは思うけど、完全に納得出来ないので、もしかして私の思考回路が変なのか?とか疑ったりもして落ち着くことは無い感じです。

ゲシュタルト崩壊、これは面白い現象ですね。
この言葉を知る前から、不思議に感じたりして後から知りました。

うし・・・笑
知らぬが仏といった感じですかね。

ブログ記事は、こみ上げるように疑問が湧き出てきて書きたくなるので、また沸々と来たら書きます。

また来年もお楽しみに!


3. Posted by ぽん   2016年12月15日 22:52
四季さん、こんばんは。

そうなんですか!
私、恥ずかしながら、
その書籍のこと
知りませんでした(~_~;)

自分なりに色々アンテナははってる
つもりなのですが、入ってきません
でした(^-^)
デリケートな世界の話ですし、
‘売れすぎてるモノ’は
危険を感じつつ簡単には
受けいれないよう注意深くなって
しまいます。

四季さんの落ち着かない自分の感覚を
大事にされたほうがいいと思います。
これだけ探求されてるのですから、
自分の感覚が1番です!

初心者すぎるぽんですが、
沸々と気持ちがしてきてまたもや
コメントしてしまってすみません<(_ _*)>
4. Posted by 四季(管理人)   2016年12月16日 11:09
世の中、出版物やネット等情報が溢れているので全てカバーする事等無理ですからね〜

スピ的に言えば「縁がある」とその情報が・・・とまた無限ループへの入り口を発見し、、、(笑)

スッキリするまでコメント頂いて構いませんよ。
出来る限り返したいとも思っていますので
(^^)
5. Posted by 名無し2017   2017年01月13日 14:22
このブログは以前から興味があり覗かせていただいていたのですが率直に言うと冗長です。
この記事も忙しい現代人が読むには長すぎ、文字数にして3524文字。
せっかくの熱意で綴っても読み手を非常に疲労させるので、訴えたいメッセージを絞るため俯瞰的に構成を組んだほうがより良いです。コメントを得やすくなり活発な意見交換が望めるでしょう。
場合によっては記事を分割することをおせっかいながらご提案します。
熱意は感心していますし俯瞰的に構成を組む能力はあると思ったので応援の意味で失礼ながら率直に言わせていただきました。
6. Posted by 四季(管理人)   2017年01月13日 19:42
名無しさん コメントありがとうございます

>俯瞰的に構成を組む能力はあると思ったので応援の意味で失礼ながら率直に言わせていただきました。

ありがとうございます。
前回コメント頂いた内容を拝見した時、言葉の使い方と構成がとても素晴らしい方であると感想を持ちました。
そう思い、お返事を書こうと思考している時、このコメントを頂きました。

長すぎる、、、その通りですね。
当初書こうと思った内容を書き始めると、スピリチュアルの世界はそれでなくとも表現が難しく、勘違いされたりこちらの伝えたい事を誤解される事が多い為、回り道が多くなりがちでした。

短く書くと誤解される、長いと疲れさせる、とても難しい問題です。本当はもっと書きたいのですが、そうすると本を出版できるのでは?と言う位長くなりそうなので、何とか現在の短文に納めているのがやっとです。

今後は、もう少し構成を考えてみたいと思います。
アドバイスありがとうございました。
と言う返事すらも長いですね。。。(^^;;;
失礼しました。。。

コメントする

名前
 
  絵文字