2016年07月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
全世界的に見ても「神」という何かしらの見えない存在を崇めたりする人々は多い。
救いを求めたりお願い事をしたり、良い事があると感謝したり。

我々は神に支配されているのか?

神と人間の関係とは一体どういった形なのか?

昔の話では、神を侮辱すると祟りが。。。とか。

神と人間の価値観の違いはどの程度あるのか?

神は人々を見守っている?

見てるだけ?

何か手助けを?

霊能者のブログでは、神が災害の被害を少しでも食い止めようと動いているとか。

素敵なパートナーとの出会いは神様の贈り物♪と感謝したり。

プロ野球開幕前には必勝祈願に出向いたり。

家には神棚が置いてあり、お供え物を毎日置いてみたり。

神が何かしてくれている、守ってくれていると思いたい。

思いたいので、心のよりどころにしているのか。

もし神が人間の思いに何か反応したり、危険な時助けてくれたりといった干渉があるのであればその効果は感謝として返るかもしれない。

しかし、神の名前の元にテロを起こし、人を殺し続けるテロリストを神はどう見るのか?

もしかしてその神はテロの神?
fe11deb31df95aaf3074a58b5140b33a
 

とある霊能者の言葉では神の世界も多数の種類が有り、勢力争いを行っているとか。

するとテロの神もいるという事?

神どうしは戦わない?

もしかして戦っていて、人間には見えないだけなのか。

とある霊能者のブログでは彷徨っている霊に引っ張られて自殺してしまう人もいるとか。

守護霊や神が手助けして守ってくれる時も有り、守られている人もいて、そんな助けが無い人は彷徨う霊に出くわすと引っ張られてしまう事もあるという。

人間社会での大人と学生の関係、神と人間の関係、似たような感じである程度管理されているという位の関係だろうか?

人間社会では教育環境の管理がずさんだと学校が荒れる。

私自身の肌感覚なのだが、ここ40年位の社会の変化を見てると悪さをする人間の行動は巧妙になり悪質化しているように思う。
また、詐欺等も組織化して悪質化しており、人の良心は無いのか?と思えるほどだ。

これだけ社会が荒れているのは神界の怠慢か?

それとも神界での争いが忙しくて人間社会どころでは無い?

あくまで神界があるとしての考えである。

そんなものは無い、と言う人であれば神棚も神社もお寺も関係なく生きているであろう。

しかし、そうでは無いという人も多数いるので蔑ろに出来ないというジレンマもある。

神界があり人間社会を管理しているとして、その場合どういった方向へ導きたいのだろうか?

魂の向上だとかカルマの解消だとか色々言われているが、どれも矛盾をはらんでおりスッキリ説明出来ない。

もしかしたら、長い年月でなんとなく出来上がって来た仕組みなのかもしれない。

そうするとそこに大きな目的なども無く、なんとなくいいなと思う方向へ流れているだけかもしれない。

では、「神が守ってくれる事もある」として、どうすれば?と考える人もいるだろう。

人間の欲求、「事故や災害でも命は」とか「素敵なパートナーを」とか「仕事の成功に」とか
「大切な人の病気が治りますように」とかとかとか。。。

神様の価値観で「それはいくらなんでも・・・」という願いもあるのだろうか?

テロリストの神では価値観がまるで違うだろうし、日本神界の神々でもお願いする神様によって価値観が違ったり、得手不得手があったりするのか?

では「引き寄せの法則」というのは神の助け無しで自力で効果を出すのだろうか?

様々な神様を人間の価値観で擬人化して考えてみたが、しっくりこないのではないか?

元々人間が「意識」を持っていると言われているこの意識とは?という大前提があやふやで有る為、擬人化した神々も、テロリストの神も仮説にすぎない。

しかし現実の人間社会を見ていると、何やら目に見えない不思議な力が働いたとしか思えないような出来事もある事は事実だと認識している。

何かありそう・・・

この多くの人に共通認識されている「何か」、これを使えないだろうか?

そう考えたくもなる。

自分自身の経験として、この「何か」は引き寄せの法則という表現で使えそうだと思い、これまで実践してきた。

結果として驚くこともあり、何の反応も示さない事もある。

まだ、いまいち要領を得ない。

自分自身の「意識」という正体不明のものの使い方をマスターすると引寄せも成功率が上がるように思えるのだが。。。

こうした実社会に近い部分での不思議活用等と対照的に「パラレルワールド」や「異次元世界」等根本的にこれまでの考えを覆してしまう考え方もある。

量子という微小な世界の理論等を活用して言われている事が多いが、量子論の世界から実社会への関連性と言うか、実社会で生きる(と思っている自意識)人間としては現実に活用という観点からは繋げることが出来ない。

解明できるまであと数百年かかるかもしれない。それでは現在の社会にいる「意識」としては肉体が持ちこたえる事は出来ない。それでは今現在の「欲」に応える事が出来ない。

では、即役立てるにはどうしようか?

「自意識をマスターし、引き寄せの法則を使いこなす」

現実的な考えとしてはこうだろう。

そして並行して、異次元の世界や不明な世界の探求という当たり前の考えだ。。。

書いていて自分自身でツッコミを入れたくなった。。。

申し訳ない。。。

自意識をもっと探求し、マスターしていく事がもしかしたら何かの発見に繋がるかもしれない。

神は自分の中にいる、自分自身が神の分身である、という表現もある。

思考が偏らないように考えるのは拠り所が無い為、結構しんどい。

この探求したいという欲求はどこから沸き上がるのか?

最近ブログでこうして言葉で表現するのが本当に難しく感じる。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう。




(14:15)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2016年07月13日 18:13
こんにちは

テロリストの神がいるかは知りませんが、
地球と人類の進化を管理している神のような宇宙存在がいると聞いたことがあります。
彼らが望む優秀な種族を残すために、自然災害、伝染病、戦争等で人口調節したり、
他の民族を融合させたり、外部の宇宙人を利用することもあるらしいです。

そういう存在による人口調節の手段として、テロを利用しているのではないでしょうかね
テロによる死亡者はたいした数にはなりませんが、その国を政情不安に陥れることで
長期的には政治・経済を衰えさせ出生率は激減するでしょう。

特に最近のISの手口はインターネットを介して低波動(憎悪)を刺激し洗脳します。
コンピュータウィルスが人間に感染したようなものです。
ISは表面上宗教を利用していますが、実際には波動の低い国・地域を淘汰するために
利用されているようにみえます。
役目が終わったらISも淘汰されるのでしょう。

中世ではペストなどの伝染病で多くの人が亡くなりました。
ISのテロは現代のペストのような気がしますね。
そういえばペストも宇宙人ばらまき説がありましたよねw

人間視点では「人間にとって神々は有益な存在なのか?」ですが、
神視点では「神々にとって人間は有益な存在なのか?」だと思いますよ

2. Posted by 四季(管理人)   2016年07月13日 21:52
無人くん コメントありがとうございます

そうですか、神視点面白いですね。
そうするとこれまで人間が考えてきた神という存在に対してのかかわり方は完全に間違えという事でしょうかね?

神の声が聞こえるという霊能者の方の意見では、人間の為という思考で関わっているというお話もいくつかありました。それも人間を管理する上で必要な関わり方というか、人間が食用に愛情を注いで牛を育てるのに似ている感じでしょうかね?w

食用の植物を育てる場合、強い芽を残しひ弱そうな芽は間引きしているのも同じような感覚でしょうか。人口抑制の考え方もビルゲイツ等が言っているように必要といった事ですかね。子宮頸がんのワクチンに不妊効果があるという陰謀説も流れており、まことしやかに語る人もw

やはり思考の起点になる部分が見えてこない為、全ての説が単なる仮説とでも言うか、この世界の探求は本当に難しいし奥が深い。終わりが視えそうで気が付くと更に混迷が深まる状況です。

難しいですね。
3. Posted by 無人くん   2016年07月14日 12:26
>神の声が聞こえるという霊能者の方の意見では、人間の為という思考で関わっているというお話もいくつかありました。

おそらく、人間の為=神の為ってことなんでしょう
何かの目的の為に人間を育てているとみた方が良いでしょうね
神自身も起点や終点は分からないのかも知れませんね


4. Posted by 四季(管理人)   2016年07月14日 23:59
そうですね、我々人間側も神という存在の定義を見直す時期に来ているのかもしれないですね。
これまでの神の定義では違和感が有りすぎですw

コメントする

名前
 
  絵文字