2016年04月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
WS002384

歌手の岩崎宏美さんの妹よしみさんが心配でという宏美姉さん。
ある日よく当たると紹介された占い師に見てもらうと、「7年後に結婚しますよ」との事。
「7年後〜?よしみが50歳じゃん」と驚いたと。

それから7年後、本当によしみさんは結婚し、とても幸せな毎日を過ごしている。
そして姉の宏美さんは、すっかり忘れていたあの7年前の占いの事を思い出して「当たってる」と驚いたとコメントしている。

他にもスポーツの世界にいた人が数年後結婚して旅館の女将になるという占い。
これもその通りになっているという。

こんな話が数多く言われている事から占いは当たるのでは?という話に発展するのもうなずける。

では占いでも霊視でもなんでもいいので、未来が当たるとして考えてみよう。

未来が当たるという事は、未来の事は決まっていると受け取れる。

何度もこのブログでも探っているが、どの程度決まっているのか?という事が最終的には問題になる。
今回はそこを追及しないで、未来が「なんだかよくわからないが決まった事があるようだ」という曖昧な状況を前提にしてみようと思う。

ある事例で4年後に結婚するビジョンが見えたという話、しかしその背後にいる守護霊が「その結婚はおすすめ出来ない」というメッセージを霊能者経由で伝えてきたそうな。

霊的なメッセージ等の話は、どれも検証がほぼ不可能な為、深追いは出来ない。

そんな思いをを根底に持ちながら。

守護霊って何する人?

とある霊能者は守護霊について、本人の魂の向上の為敢えて試練を用意したり、危険を回避したりと主目的は魂の向上にあり、その為に必要な手配を行ったりするとも言っている。

また他にも定義として様々な事が言われている為正確にはわからないことが多い。

未来がある程度決まっているという方向性で考えると、守護霊の手配とは?
どこまで決まっているかによるが、決まっているなら手配など不要であろうし、イベントの日時が決まっているだけであとは現地手配というなら守護霊の活躍の場も有ろう。

更に本人の選択や行動も関わってくる。

結婚というイベントの予定だけが決まっており、その時期になると精神的に結婚したくなる、その時期に合わせて経済状況や結婚後の展開のストーリーに合わせて環境が整って来るとか、その頃に予定された相手と結婚したくなる雰囲気になるという流れなのだろうか?

そんな流れに対して守護霊が「気乗りしない」「おすすめでは無い」という意見、これをどう捉えたらいいのか?

まあ、何度も書いているがそもそも何故魂が人間に入り込んでいるのか目的が不明なのでここでも答えには程遠い。

白蛇の話でも登場したのだが、この先事故が発生するという状況を事前に知らせてきたり、その知らせを受けて準備した人が助かり、準備していなかった人が亡くなっていたり。

事前に教えてもらい助かった人は、そこで助かる予定だった?
それならば、白蛇を助けた事も予定通りと思えてくる。

全ての人間が同じ条件でといいう事は無く、予定通り亡くなる人もいれば「回避する事が出来る」人もいるという混在状態という事になってくると、本当に複雑な話に展開して行く。

これも仮説としての考え方なのだが、もしも精神だけの存在という何かがあり、人間はそれを魂だとか霊だとか神とか色々分類し命名している状況だとすると。。。

気の遠くなるような長い年月をかけて精神だけの存在が何かをイメージしたとする。

そのイメージが何億年もの歳月をかけて惑星や生物的なものになり、やがて人間のような生物も誕生し、それは精神だけの存在がイメージした世界なので、やがてイメージ通りの物理的世界に一部同化した精神だけの存在が魂とかと呼ばれているとしたら。

そこには目的も何も無く、精神だけの存在がイメージした空想の世界が出来ただけ。

だから一見目的があるように見えたりもするが、実はそんなものは無く精神だけの存在が思い描いた世界が展開されるだけ。

人間が小説を書くようにある程度のストーリーは思い描いて、文章化していく。

だからストーリーの段階ではまだ詳細は無く、文章化して行くときが現実化していく時、つまり現在我々人間が「今」と思っている段階。

著者の気分が途中で変わり、文章化する時に「やっぱりこいつはここで生かしておこう」とか考えれば奇跡の生還劇が書きこまれたりしていくのではないだろうか。

これも全て仮説なのだが、小説の中の登場人物は著者の考えが100%反映されるが、現実の人間の世界ではもしかして著者の考えが全て反映されず、登場人物自身の考えも反映されるのではないだろうか?

だから、引き寄せの法則などで願いをイメージすると、それを著者が見て全体のストーリーに影響を及ぼさない限り願いを叶えてくれたりする事もあるのではないだろうか。

人間の場合、著者が小説を書いた場合、他の人間がそれを読んでその世界を楽しむ。

では精神だけの存在が書いた人間社会はどんな目的?と考えると、書いたことすら忘れて人間に同化して体験して楽しんでいるのでは?という考えにどうしても戻ってしまう。

それならばと人間社会のルールを無視して行動を起こしたりした場合はどうなるか?
精神だけの著者がストーリーに手を加えて最終的に失脚したり逮捕されたりして収まるのではないだろうか(笑)

やはり自分自身の考え、思考は肉体にある機能を用いており、精神だけの存在はそこから感じ取る感情等を感じて楽しんでいると考えられるのではないだろうか。

だからストーリーとしての未来は決まっているように見えるし、特に変更が無ければ予定通りの展開になる。

そして人間として悲惨な目に遭ってしまったり、追いつめられたりという状況はその登場人物のストーリー通りであり人間の意識としてはとても嫌な状況なのだが著者が決めている事なので逆らえない、となる。

では何者かが決めた自分の人生で起こる事、その理由が分かってしまえばそんなに悲観する事もないのでは?と考えると、小説の登場人物のリアリティが下がり、荒い人生ストーリーになってしまいかねないかもしれない。

人間目線で現代社会を見た時、ネットを通じて様々な情報が入手でき、こうしてスピリチュアルの世界の事も考え方が広まり、だんだんネタバレ状態になって行った場合、今後どう変化していくのだろうか?

私自身の人生もあと何年かで終了する、するとここまで探求した人間が社会から消える、このブログが残ったとしてもこれを読んだ人が「そうだそうだ、その通りだ」と思う人がどのくらいいるだろうか?

結局もしかして私自身もまたどこかへ輪廻転生して記憶をリセットし、新たに矛盾した世界での常識を教育され、そこで不思議な出来事に悩むのかもしれない。

そんな繰り返しの無限ループの世界を生きている。

その間も人間は様々なウイルスに感染したり、異種配合としてハーフの子供が増えたりしてDNAが変化して新たな人種が誕生していくのかもしれない。

敢えてここでDNAが「変化」と書いたのは「進化」という表現がしっくりこなかったというだけの理由だ。

環境の変化に対応した新人類が新たな世界を展開して行く。
今現在の人類が最終形では無いと言う事だけは確かであろうが、結構忘れている人が多いように思う。

最近は「清潔好き」な人が増えて、菌を嫌い、除菌やら殺菌やらと他の菌を悪魔のように捉えている事が多い。

過去の人類のDNAの変化を見ていくと、ウイルスの感染からDNAを一部受け継いで新たな機能を獲得してきたという調査結果がある。

こうして環境に適合し、人類は変化し続けている。

無限に続くように見えるこの世界、精神だけの存在の遊び場として娯楽施設として実験場としてこれほど楽しい世界は無いのではないだろうか。

大きな精神の塊から分離されているように感じている自分の魂は、自殺したらペナルティのように暗黒の世界で独りぼっちの苦悩が待ち受けているとかという設定も著者がそんな定義付けをしただけではないのか?

今現在の社会の環境でこのような事を書くと自殺を助長していると批判される事が目に見える。
しかし自殺という設定が無ければ、人生に追いつめられたりして逃げ場が無くなった時どうすればいいか?

追いつめられないような設定に?すると競争原理という概念も消える、様々な社会の概念が成り立たなくなってしまうのだ。

全ては著者のイメージ通り、つまり全ては神のおぼしめしという言われ方をしてきた。

宗教的な言葉で同じような意味合いの表現が随分昔からあるが、よくよく考えてみると結局昔からこの事はわかっていたという事になるのではないか。

宗教だからというより、社会の支配の為とか色々な思惑が入り込んでいるから分かりにくくなっているが、結局は同じことを言っている。

人間に入り込んでいる状況としては完全に信じる事も確認する事も出来ないので、どうしても疑問が残ってしまい、人間としての感情が優先されてしまう。

だから人間社会には事件が起こって欲しいので著者はそんなストーリーを描くのではないか。

「マトリックス」という映画があるが、この映画の中でさりげなく面白い事を言っていた。

「人間社会は5回滅亡している。何のストレスも無く平和な社会を作ったら人間が皆自殺してしまった」と(笑)

この人間社会を維持するための各種設定として「魂の向上」という事があり、疑心暗鬼に陥りながらも各個人個人が何かしら漠然とした向上意識を持ちながら自立している。

私自身の星占いでは現在の年齢でスピリチュアルの世界を探求するという星の配置になっていると教えて頂いた。

まさにその通りの年齢でスピリチュアルの探求が始まっている。

この探求ももう大詰めではないか?と感じている。

すると次は何をすればいいのだろうか?

目的がまるでない。

もしかして今回の人生もこれで終了か?

そんな事も思いながら書いているのだが、今後突然更新が止まったら「お役目終了」とでも思ってください。

そんな気配は全く無い状況なのだが。。。笑



(17:46)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字