2016年01月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
なぜこのブログを書くのか?

幼いころから不思議と思われる体験をし、なぜこのタイミングで?と思われるような大きな事故に何度も遭遇。
一般的には死んでいてもおかしくは無いほどの事故でもなぜか生きている。

そんな体験から、目に見えているこの世界とは他に何かあるのか?
そして身の回りには数多くの宗教もありネットの普及と共に世界中の不思議現象も数多く書かれている。
一体この世界はどうなっているのか?と疑問を持っていた。

若いころには本当に多くの宗教団体が何度も何度も私を勧誘に訪れてきた。
お店へ買い物に出かければ宗教の関係者とばったり出会い、教えを聞かされる。自転車に乗った外国人も多くの人の中から私を選んで話しかけてくる。
まあ、全てお断りさせて頂いたが。。。

何年も勧誘され続け、話を聞いているうちに色々な教えに矛盾を数多く感じるようになる。結局私にとって宗教はしっくりこなかった為に団体へ属する事は無かった。

凄い霊能者がいる、という情報が伝わってきて興味をもった私は会いに行ってみた。すると思いもよらなかった先祖の事や前世の話を聞かされて半信半疑のままでいた。中には将来を予言する霊能者もいたのだが、今思い返してみても当たっていない。

困った事態が発生した時も霊能者に伺ってみたりもしたが、結局それが問題解決に繋がったか?と言うと、そんな事は一度も無かった。霊能者という存在にもなぜこういった人たちがいるのだろうか?と不思議に思っている。

その後も不思議な事は続き、精神世界と呼ばれていた言葉がスピリチュアルと名称が変化していく。ネットの普及でスピリチュアル世界の情報量は一気に膨れ上がった。

ネットの情報もどうやら偽物がかなり混ざっているという事も残念ながらあると思われる。発信している本人は本当にそう思っている、そう体験したと思っていたりする事もあるので、検証の方法は無い。明らかに金儲けの為にという人もいるので、関わらないようにはしているが。

それでも不思議な現象に関して、現在判明している科学的な説明ではどうしても無理があるような事は数知れない。かといって宗教の教えでは矛盾だらけ。(一つの宗教の中だけでなく他の宗教との矛盾が多数)

こう書くと宗教関係者は反論してくるかもしれない。中には宗教論戦等という戦いの場を設け、そこで論戦を繰り広げ、負けた方が勝った宗教団体へ吸収されるといった方式を取り勢力を広げようとする団体もあったりした。

そんな過激な団体の支部長とかという偉い方と何度も朝まで討論したりして話を聞いたこともあるが、やはり矛盾を解決する方法はあの世の中に持っていく為、エンドレスの会話となってしまう。
 
こうした経験からそれぞれが信じている「教え」や宗教観といった根源になる部分を否定しても不思議解明には繋がらない事を理解した。

自分自身には見えない世界、コンタクトの取れない世界の事ではあるが、そこに何かありそうと感じている事は事実である。

その「何かありそう」と思える世界を自分自身が納得できるよう推測してみたい、その為にこれまで感じてきたこと、疑問に思った事をブログに書くことにより整理し、記録として残してみようと思ったのがこのブログの始まりである。

自分自身が納得するという事は、それ以降続く人生の生き方にも大きく関係してくる事であり、知識と確信を持っていれば悪意を持った何かに騙されたりする事の防御にもなるであろう。

自分自身が確信を持って納得できる処まで進む。その結果こうして公開しているブログを読まれた方も、もやもやが晴れたり納得できれば明日への活力に繋がるかもしれない。

自分の生き方の為に始めたブログではあるが結果として人の訳に立つのであればそれもまた嬉しく思える。

こんな事を思いながらこのブログを読んでいただけると幸いかと思います。

管理人:四季





(14:42)