2015年12月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
WS002386

運がいい時期、悪い時期、占いを見てみると当たってる。。。

思いがけず良い事と思える事が続いたかと思えば、何をやっても裏目に出てしまう。

こんな事から易学という分野が確立されたのだろう。

私自身も過去に霊能者の方から運勢サイクルを書いた周期表を頂いた事がある。
もうかれこれ20年以上前の事なのだが、先日その紙が出てきて眺めていると、年単位で自分の良いと思われる時期と、停滞していたな〜と思える時期が一致している事に気が付いた。

これは誕生日を元に算出した周期表なのだが、同じ誕生日の人など友人でも何人もいるし、種類的には365種類しか無いという事になる。

詳しく見れば生まれた時間、場所等も関係してくるようなのでそう簡単な事では無いのだろうが、それにしてもおおよその流れは当たっているように見えてしまう。

個人個人の中に何らかの波長と言うか、波動とか色々「波」のような動きの事が言われているが、こうした波と地球の波、月の周期の波、季節、温度、湿度、生活リズム仕事の内容とか関係なしに基準となるような「波」がそれぞれ影響しあって、運勢の周期のような現象になるのだろうか?

考え方としてはとても面白い。

現象として「その通りだな」と思えてしまう結果が面白い。

事前に「未来はこうなりますよ」と言われてしまうと、その言葉に誘導され「今は運勢が悪い時期だから」という思いがその結果を引き寄せてしまうという事も考えられる。

しかし自分の事で考えてみると20年以上前に頂いた周期表等すっかり忘れており、時期的な事も計算しないといつが運気が上昇するとかわからないのだが、20年以上経過してその周期表を参照してみたら、結果その通りだ、というこの現実は一体どうしてなのだろう?

周期表で最悪の時期「停滞」と書かれているこの時、事故に遭っていたり仕事が無かったり、どれだけもがいても好転しなかったのが、その時期を過ぎ「財成」とか「安定」と書かれていた時期にはその通りになっていた。

家相とかも興味深い。

鬼門の方角に水回りがあったりとか、良くないとされる家を建てた家主が、完成直後事故死したり、完成後半年で病死したりと知り合いの事象として見てきた。

家と関連付けて考えるから家相とかが気になってしまうのであって、そんな事は関係ないとう話にも反論は出来ない。

海外の家はそんな家相等関係なく建てられており、関連した事象の事など言われていない。

大工の友人が言っていた事では、「家相は日本の風土に合わせて、鬼門と言われる方角に水回りがあったりすると別の場所に湿気が溜まったりと実用的な経験から出来たのだろう。霊的にとか気にしすぎると快適な家は建てられない」と。

ま、その通りだと思う。が、しかし家相というものも気になってしまう。
方角、玄関の位置、更には引っ越すには良い日にちを選んで、一度家具を東の方角へ運び、そこで一晩寝かせてから南へ行くとよいとか、ものすごく難しくなる。

易学を物凄く勉強し、運勢周期を見極め、移動する方角を割出して宝くじを何度も高額当選したりしている人も話題になっていたりする。

これらもはっきりと証明する事がとても難しく、その通りになる事もあればならない事もある。

周期的に「停滞」の時期に物凄く運が良く事がどんどんいい方向と思われる状態になって行ったように見えたが、それがどん底への落とし穴のきっかけであった、とか一見外れたように見えて、結果その通りになっているという現象もある。

ここにも個人の「解釈」という考え方が大きく影響してくるので、ハッキリできない。

ん〜〜〜〜

この運勢周期表だが、この中に私の寿命も書かれていた。

このブログがその頃まで残っていれば検証の一つになるのかもしれないが、ブログが閉鎖されないという期待を込めて書いておこう。

「77歳」

あと25年だ。

おっと、今こんなおっさんの年齢を逆算した人、面白くないので忘れるがよろし(笑)

2040年以降まだ生きていれば、この周期表の予言は外れたという事だ。

解釈でどうにでもなる世界なだけに、どうにも方向性を決められない。

またこの運勢を気にしすぎると、人生全てにおいて自分で判断が出来なくなる。

自分にとって好ましくない事が起きてしまったときに運勢表を見て「あ〜今は運が悪い時期なんだ」とあきらめる材料にするもいいだろう。

運勢が最悪と言われる時期に、頑張って結果をだした時「最悪の時期でもここまでできた。良い時期にはもっとよくなるだろう」と楽天的に考えるのもいいだろう。

気にしすぎて自分でその運勢に言われた通りの事を引き寄せて、自分から当たりに行ってしまうという事は避けた方がいいだろう。

それにしてもこれだけ曖昧な現象をまとめて学問にまでまとめあげた先人たちには敬意を表したい。

不思議だし面白い。



スピリチュアル ブログランキングへ

(15:24)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2015年12月19日 16:50
こんにちは

易学はよく分かりませんが、四柱推命なら昔勉強したことがあります。
個人的な感想としては性格・相性判断は良く当たるけど、
時系列的な運勢はあまり当たらないというイメージですねw

運気の流れなどは規則性があるようにみえて同じではないです。
グラフにしたら多分フラクタル形状になっているんじゃないでしょうかね

このような占いの系統は、非物質世界の住人がその世界の物理法則を
この世界に伝えるために潜在意識からインスピを与えたのではないかと思います

ちなみに、四柱推命は生年月日と時間から割り当てます。
生まれた時間でその人の性格・運勢が決まるということですね
逆の見方をすると転生するには然るべきタイミングがあることになります。

非物質世界の法則として考えると、なるほど、そうなのかなあ・・・
という感じですね
2. Posted by 四季(管理人)   2015年12月19日 22:48
無人くんコメントありがとうございます

面白いですね〜
この世界で人間として生きている人全て一人一人に何かしらの役割が計画されていて、数年後数十年後にいいタイミングで出会ったり関わったりする計画が練られているというのでしょうか?

人間の感覚からすると思考の許容量をオーバーしているので非現実的に思えてしまいますが、生まれた場所時間も影響していてもおおまか365種類に分類できるという感じでしょうか。

まあ傾向として性格が似ている人も多いので、抽象的な傾向としては当たりやすいと思われます。

そういえばそんな所もあるな〜位の感じで(笑)

それにしても個々の魂に何かしら目的があり、それを達成したいという欲望なのか、しなくてはならないという役割なのか、この基準点によって考え方はずいぶん変わると思います。

それにしてもこの「運気の波」は不思議に思います。

自然の法則が基準で個々の魂の目的等何もないのか、海岸で押しては引いていく波のように脈動のようなエネルギーがあるのか、しかし数千年も前から人々が何かしら感じた結果「易学」が出来てきたという事実から、何かしらありそうだなと思える位まででしょうね。
3. Posted by 無人くん   2015年12月20日 09:09
>この世界で人間として生きている人全て一人一人に何かしらの役割が計画されていて、

生まれる条件についてなら単にエネルギー的なものだと思います。
個人で固有のエネルギーを持っていて、生まれるときの場のエネルギーとうまく同期が取れれば生まれやすい条件があるのではいでしょうか
運命とか役割とかは生まれてからの話だと思います

>生まれた場所時間も影響していてもおおまか365種類に分類できるという感じでしょうか。

厳密に占うと生まれた年も影響するので、組合せはほぼ無限ですw
その中にいくつかの属性が周期的に織りなすことで、似たような性格の人に分類できると思います
同じ時に生まれた人は同じようなエネルギーを持つのであって、
同じ運勢を背負っていると言うわけでは有りません
個々の選択によって運勢は変わるのでしょう

>それにしてもこの「運気の波」は不思議に思います。

そうですね
自然界の法則とは相容れないので、それを専門に研究している魂の集団がいて何度も生まれ変わって構築した・・・
そんな気がします

4. Posted by 四季(管理人)   2015年12月20日 12:05
無人くんコメントありがとうございます

色々な捉え方があって面白いですね。
人生に予定があれば運勢の波はあまり関係ないだろうし、予定など何も無ければ運勢の波に翻弄されていく。

自分の人生の捉え方考え方でどうにでも出来るし解釈も自由、しかしどう考えても仕組まれていたように感じてしまう現象が不思議です。

まだまだ謎の多い世界、だから崩壊せず成り立っているのかもしれませんね。
全てわかってしまうとそれはそれで生き方も変わるかもしれないだろうし、そもそも人間社会が存在出来るのかも疑問になってきてしまうかもしれません。

やはりどんなジャンルでも謎解きは楽しいものです。

コメントする

名前
 
  絵文字