2015年10月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
チンパンジー

人類は700万年位前チンパンジーのような原人と言われている生物から進化したとされている。

現代に生きる人間はその700万年前から誰一人の例外も無く親がいて子供を育て、生命と知識を受け継いできた。

食べ物を確保する方法を考え、工夫し作物も作り集団で暮らし、助け合ったりしながら命を繋いできた。

ウイルスの蔓延や災害で絶滅しそうになったりしながらも700万年続いてきた。

女性を奪い合って喧嘩したり、土地の境界線を引いて縄張りを奪い合ったり、考え方の違いから村八分にしたりと思考方法や欲の為にも争ってきた。

700万年という気の遠くなる時間をかけて今現在の文明を作り上げたりと技術、思考に関しても過去の経験から学び、進化させてきた。

さて、現代の人間は祖先が幾多の経験から学んだことを活かすことが出来ているだろうか?

500年位前の日本、時代は戦国の世と言われている。
700万年の歴史からしたら500年とは0.005万年、ほんの一瞬だ。

日本では「藩」どうしが陣地を巡り戦い、明治以降の日本は「お金」をめぐり争っている。

第一次世界大戦等ほんの100年前の事。
イギリスが当時のオスマン帝国へ謀略を仕掛け、ドイツも巻き込んでオスマン帝国は崩壊した。
その賠償でドイツは20年もの支払いを押し付けられヒトラーが誕生したと言われている。

そしてアメリカに挑発され日本も第二次世界大戦へ巻き込まれていく。

当時の人間の考え方は今とは違うだろうから、一概に批判する事も出来ないだろう。
当時はそれがいいと思ったのか、仕方なくなのかは置いといて、戦争になった。

そうした経験も記録もしっかり残っている。

さて、戦争とかの大きな話では無く、一人一人の幸福度についてはどうか?

食べ物を確保するだけで大変であった時代から数百年、現代は選んで食べる事が出来る。

しかし本当に選べるか?と言うと、お金という制限があり目の前に食品があっても食べる事が出来ない人もいる。

現代日本において餓死してしまう人もまだいる。

技術は進歩し身の回りのものは品質が向上し、移動も家も便利になった。

しかし、お金という制限から「ろうそく」で夜を過ごす家もまだあり、それが原因で火災となり悲惨なニュースが流れている。

大企業のボーナス平均が過去最高額だとかニュースで流れているが、数十万社ある法人の中の80社の金額など他人事の家がほとんどだろう。

労働人口の40%位が派遣社員となり、家庭にお金が無く大学の費用を十分だしてあげられない為に、学生はバイトを余儀なくされ、企業もそんな学生を安く使い捨てる。勉強どころではなくなってしまう為、奨学金を借りて勉強しても卒業後まともな職に就けず、奨学金のローンだけが残り、社会人としてのスタートからこける事になってしまう。

結局素晴らしい技術の家や車、飛行機や新幹線、あってもお金の制限で使えない。

栄養価の高い高品質な食品は高価な為、安売りのもので空腹を満たす。

これで進化していると言えるのだろうか?

結局食べ物が手に入らない時代と有っても手に入れられない状況、なんら変わりはない。

「藩」どうしで陣地を奪い合っていた時代から「国」となっても、まだ勢力を広げようとする国がある。

そして「お金」を奪い合う現在は「サイバー空間」という仮想のエリアでも情報を奪い合っている。


人間ってバカなの?


スピリチュアルの世界では、この人間社会が「勉強の場」だと。

「魂を浄化する場」だと。

そして「自分の身に起こる事には意味がある」とか。

進化しているようで実はそれほど進化しているとは思えない人間。
一般常識と思っている事より遥に低いレベルでの問題ごとのなんと多い事か。
こうした人間界での出来事を経験したい?

多くの悲惨な中にある数少ない「幸福」を味わうための仕組みか?

700万年もの間、様々な悲惨な事を経験し続けてきて、まだ集めたりない?

霊界も欲の塊なのか?

霊界にも新しい魂が生まれ続けているとしたら、人間界の不毛とも思える悲惨な世界は進化出来ないのだろうか?

ネット環境というものが無ければ、世界の出来事等を身近にリアルに感じる事は難しかった。
すると、目の前にある出来事のほうに意識が向くため、あまり深く考える事も無かった。

しかし今、こうしてネットで地球の裏側の事まで即見る事も可能であり、多くの出来事を見ていると、

やはり、人間ってバカ、、、

そういう自分も偉そうに言えるものでも無いのだが、その目線からしてもバカ、、、

霊界は実はあったとしても我々が想像しているような世界では無く、もっと違う世界かもしれない。

そして人間界への影響もあるように見えて、実はそんなにというより全く関与していないのかもしれない。

「何かに導かれて〜」とか「とんとん拍子に〜」とか、操られて成功しました、みたいな話だけ聞いていると霊界というものもありそうに思えてきたりもするが、成功する人がいるという事は成功できなかった人の数の方が多いという事。

成功できなかった人、スポーツ等で「準優勝」とかの人、「予選落ち」の人の中にも、そこへ挑戦するまでの間に「協力してくれた人」「応援してくれた人」「きっかけを作ってくれた人」がいたりすることだろう。

でも、成功できなかった、優勝できなかった。

同じような経験をして目指した所にたどり着けた人が言う「あの事件があったから」とか「あの人に出会ったから」が話題となる。

だれが頂点にたどり着いても似たような話が出来上がるのだ。

こうした事から考えても、霊界にコントロールされているという考え方は無理があるように思える。

しかし、これだけでは説明のつかない現象も数多くあり、これらを過去にも考えてみたりした結果、人間の視点、思考では及ばない何かがありそうという考え方も完全に消すことは出来ない。

それにしてもマンションの基礎工事の杭打ちで手抜きをして建物が傾く等といった事件を見ていると、他国でマンションやデパートが崩落したという事件を笑えない。。。

テレビ番組で「ニホンすごいですネ」・・・恥ずかしくなる。。。

一部の誰かが手抜きして小銭を儲けるとそれを防止しようと大がかりな仕組みが必要となり、結果全体が損をする。

それでも目先の利益を。。。

明治維新の時のようにこの社会も大幅に変革する時期なのだろうか?

そんな人間社会を霊界が作り出して一人一人にストーリーを与え、組織的にタイミングを合わせ、劇的な出来事を演出している?

無理があると感じるのは人間目線だからか?
そこまで神なら出来ると思うのは尊敬しすぎではなかろうか?

こんな事ばかり考えてる私も人から見ればバカ?

お後がよろしいようで。。。




スピリチュアル ブログランキングへ

(16:52)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2015年11月01日 13:25
>人間ってバカなの?

その通りですね
でもバカじゃないと進化できないんですよ

賢い人は失敗から学習して同じ過ちはしません
だから継続した進歩がない・・・
バカ過ぎて学習能力がなくてもダメです
適度なバカが必要なんですよ

「神」は、様々なバカを作り出して
どれが進化に最適なバカかを観察しているんでしょう
バカを調節するのが感情です。
思考より感情が優先されるように我々は作られてますから

歴史をみても、同じ事を繰り返しているように見えて
背景にある政治、社会、科学技術等、明らかに違っていますよね

そうはいっても、いつまでも繰り返すつもりはないでしょうから
何処かで打ち止めにして次のステージに移るんじゃないかと思います。
そこで取捨選択が始まるでしょう

たとえば戦争ですが、
経済戦争のみで完結すると思います
おそらくWW3はないだろうと考えます
あっても地域紛争程度でしょう


2. Posted by 四季(管理人)   2015年11月02日 15:35
なるほど、テーマは「進化」なのですね。

進化に対する考え方は本当に多種多様なので議論としては終わりがなさそう。

宇宙空間にチリやガスが漂って、理由は不明だが重力のようなものに引き寄せられて集まった結果、惑星になったりして輝く太陽が出来たり、それに引き寄せられて地球のような衛星に人類が発生し繁栄、その後太陽の寿命が尽きて大爆発、再び宇宙のチリやガスになって漂う。

集結→繁栄→衰退→解散→集結・・・

なんか繰り返していますよね。

理由など無いのかも、、、とも思えたりします。
3. Posted by 四季   2015年11月02日 15:41
yuriさんメッセージありがとうございます

返信不要であればメッセージだけ頂いておきますが、返信用のメールアドレスを入れて頂けるとお返事を返すことが出来ますよ。

コメントする

名前
 
  絵文字