2015年08月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

01

最近本当にネット上にスピ系のブログが多くなってきた。

本当に沢山あるので全てを見るのは相当な時間がかかりそうだし、次から次へと更新されていくので読破は無理。

 

その数え切れないスピ系ブログを拝見していて、気になる事。

 

人の寿命が生まれる前から決まっているという話。

 

多数拝見していると、確かにそう思えてくるような内容がとても多い。

沢山書いてあるから真実とは限らない。

 

自分もこのスピ系のブログを書く前から気になっていたこの人間の寿命について。

 

高校生で亡くなってしまった方の葬儀に向かった人の中に霊能者と呼ばれる人もいた。

その霊能者は葬儀場に入るなり「自分で決めてきたんだ」という声を聞いたという。

 

亡くなった高校生の母親に葬儀へ参列した霊能者が寿命は自分で決めてきたのだと本人が言っていた事を伝えた結果、母親は救われたという。

 

私も身近な人のご子息(高校生)が事故で亡くなられた時、葬儀へ参列した。

声は聞こえなかったが葬儀が始まると、曇り空だった天気がゲリラ豪雨に変わり、連続して落雷がなり続き、葬儀の参列者は凍りついていた。

その場の雰囲気はまるで亡くなってしまった本人の嘆き悲しむ心の叫びのようでもあった。

 

葬儀が終了すると雨は止み、晴れ間が出ていて葬儀の参列者は濡れないで帰宅することができた。

 

この事故で亡くなった高校生は自分で決めた寿命ではなかったのだろうか?

真相は誰もわからない。

 

では、寿命をある程度自分で決めることができたとして、どのような基準で決めるのか?

どのような人生になるのかあらかじめわかっていて、その流れの中で決めるのだろうか?

 

それとも、人生の流れは完全に詳細な所まで決まっており、どのような展開になるかも全て分かっていてそのドラマに出演するようなイメージで生まれてくるのか?

 

それとも要所要所のイベントスケジュールはあるが期日までは決まっていない感じ?

 

はたまた、やりたいこと一覧を作り自分の人生でそれを実行し、やりたいことの中の最後に事故死とか病死とか行方不明とか自然災害に巻き込まれるとか決めるのか?

 

人生がカッチリ決まっているとしたら、現在人間として生きている人たちにとって大事件だ。

結婚相手から離婚する人、生まれる子供、行くことができる学校、オリンピックのメダルの色まで全て決まっているという事になり、自分が自由意志で選択していると思っているだけでそれすらも台本通りという事になる。

 

ある程度イベントは決まっている、もしくはそのイベントに登場してくる人物などのキャスティングは決まっているが、台本のないぶっつけ本番出たとこ勝負といった展開なのか。

 

そのイベントの最後に事故や病気、殺人事件の被害者、行方不明、冤罪による死刑など入れ込んでくるのか。

 

都合よく解釈しようとすると、寿命等を自分のイベントの最後に入れる人もいれば自然に任せるという人もいるといったところか。

 

例えばビルから飛び降りた場合、地面にぶつかる直前魂は抜けるという話もある。

あまりにひどい衝撃を肉体と共に受けてしまうと魂が傷ついたり壊れたりすることもあるという説もある。

 

そしてその魂は何度も同じ場所から飛び降り続けているとも。

 

しかし肉体から抜けた魂は忘れていた全てを思い出し、どこかへ帰っていくという説もある。

 

しかし自殺等をした場合、やってはいけない事をしたという事で罰を受ける的な話もある。

 

平成の今の時代の感覚とは違う戦国時代の人々の意識を想像してみる。

仕える主君の為に自分が命を落とすこと等何の疑問もなく、それどころか主君の為に死ぬことができて嬉しいとさえ思っていたという記録がある。

 

その当時の魂は社会環境が戦国時代の為、平成の今とは命の価値観がまるで違う。

 

主君の為に腹を切る。

自殺である。

 

この切腹を武士の誇りとして思っていた時代、もし自分の寿命を決めてきたのだとしたらこの切腹というイベントを人生最後に組み込んできたという事になる。

 

切腹後、その魂はその場で切腹をし続けるのか?

それとも何か罰を受けているのか?

予定通りの死亡なので晴れ晴れとした気分でどこかへ帰っていくのか?

 

こうした考えは、魂は存在し輪廻転生しているという事を大前提としている。

 

人生の先を見通してどのタイミングでどういった形で人生を終わらせるのか?

 

自然災害を選択したとしたら、その時その場所にいて自然災害の被害に巻き込まれる。

 

ということは自然災害も場所と発生日時はしっかり確定しているという考え方が成立する。

 

では交通事故を選択した場合、数十年後の交通事故があらかじめ決められていたという事か?

 

馬車しかなかった時代に生まれ、その後自動車が開発され、その自動車事故でという事は未来に発明される物もあらかじめ分かっていたという考え方も成立する。

 

では、研究者等が様々な実験を行った時、失敗だと思われた結果が実は他の事での大発明につながるという事もある話だが、「実験の失敗から偶然発見された」と人間社会では言われる事も、魂の世界から見ていたら、予定通りという事。

 

この人間社会は魂の世界から見たら、全て出来上がったストーリーでありほんの些細な変更もアドリブも無い完成された世界だという考え方も成立してくるだろう。

 

魂の世界に視点を移して考えてみる。

 

このブログでも何度か紹介しているが、チャネリングで聞こえてきたという内容。

 

「こうとでも言っておかねば人間は我々を崇拝してくれないから」

 

魂の世界があるという大前提で、人間界へ影響力を持ちたい、神として崇拝されたいという欲求があるように感じられる数々のチャネリングでのコメント。

 

かなりの数のチャネラーがいて、その会話を記載したブログも数多く存在する。

それらを見ていると、ほとんどが「啓示」や「アドバイス」「霊界の仕組み」「役割」などを人間界へ伝えている事が非常に多い。

 

人間界からはまだ確実に霊界とかを認識できている状態ではない。

霊能者と言われる人も一つの現象を見て同じことを発言するというような現場も実験も無い。

それは霊能者という人間のフィルターを通してしまうため、翻訳の仕方が変わってしまうという。

 

本当に魂の世界に人間社会は完全管理されているというのか?

管理されているよ、と言われているだけで実はそんなことは全然無いという考えもある。

 

完全管理されていて生まれる家も寿命が尽きるときも全て自分で決めて、喜びも苦労も感激も悲しみもあらゆる感情を体験する為に作り出された世界で、自ら人間社会へ来たことも忘れ日々の事に喜んだり心を痛めたりしているだけなのだろうか?

 

完全管理された世界だとしても、実は全く管理されてない世界だとしてもまだ矛盾が残る。

 

現在ネット上に数多くあるブログには「光」とか「愛」というキーワードが無数にある。

人間目線で人間社会を考えて神の世界が存在し、神様に守られながら生きているという基本的な考えも当然矛盾だらけだ。

 

しかし、こうした矛盾を根本的にかなり解決できるかもしれないというヒントがある。

現在まだ詳細を教えていただいている所なのでブログでも紹介できないが、状況が整い次第まとめてアップしてみたいと考えている。

 

今現在言われている事が本当にその通りなのかは、結論を出すのが非常に難しいし完全管理された世界に人間として生きているとしたら、このブログも台本通りということになるであろう。

 

引き寄せの法則も大事故での奇跡の生還も全て台本通り?

それだとちょっと気力が失せてしまいそう。。。

 

台本通りに人間界が運行されているとしたら、どうしてその謎解きにつながるような霊能者やチャネラーが存在するのか?という疑問にもつながる。

 

まだまだ矛盾の真っ只中である。

 

本日も最後までおつき合いいただきありがとう。

 

 


スピリチュアル ブログランキングへ

(22:53)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2015年08月16日 12:11
こんにちは

>人の寿命が生まれる前から決まっているという話。

予め生物的な寿命が分かっていて、生まれる前の霊的存在がそれらを認知して選択しているのだと思います。

ただし、この世界で生まれてもいろいろ危険だらけなので生物的な寿命の前に死ぬケースもあると思いますよ。具体的には事故・災害・自殺等ですね。
事故・災害は守護霊がインスピで警告して助かることもあれば、警告を理解できずに巻き込まれ死ぬことも有るでしょう。
強力な守護霊なら強引に現実をねじ曲げると思いますね

あと自殺について「罰を受ける」的なことは無いと思います。
上記の切腹の例えでいうなら、主君のために良かれと思い一切の悔いがなければ、思いにとらわれることなく成仏でしょうし、恨み辛みに捕らわれて死ねば、死後転生せずその思いに捕らわれ続けるでしょうね
自殺で問題なのは物理的行為ではなく、特定の思いに捕らわれて死ぬことだと思います。霊界とは「自分の思う世界」の集合体でしかないですから

まとめると寿命は予め決まっているものの、必ずしも予定調和ではないというのが私の認識です
2. Posted by 四季(管理人)   2015年08月16日 20:29
無人くんコメントありがとうございます

あらかじめ決まっているなら決まっている、推定70年とかなら別に構わないと思うのですが、人間界の事象として事件などで殺害されたり、自然災害に巻き込まれたりという事は想定外という事なのか、その特定の事件等で寿命を終えるといった人生ストーリーに絡んでの寿命なのか?という部分について考えています。

寿命の終え方をも選択しているのか?という事なんです。

そうした寿命といった事を認識し始めた時期はいつ頃からなんでしょうかね?

原始時代、岩の穴に集団で生活していた頃、寿命という意識があって生まれてきたのか?その頃は寿命という事すら気にせず生まれてきたのか?

戦国時代の武士は切腹で人生を終えると予定しての転生か?それならば切腹という事態に追い込まれるという当時からしたら未来の出来事も決まっているのか?という事も絡んでくるため、単に寿命という事だけで終えられない状態で考えています。

ある霊能者が、殺人事件で殺される方も殺す方も生まれる前の約束通りだと言っていた事が矛盾に感じられ腑に落ちないのです。
3. Posted by 無人くん   2015年08月17日 09:13
>寿命の終え方をも選択しているのか?という事なんです。

多分、違うと思いますよ
生まれる前に人生の選択が決まっていたら、そもそも生まれて経験を重ねる理由がないですから

>そうした寿命といった事を認識し始めた時期はいつ頃からなんでしょうかね?

自我の認識、魂の認識で差があると思います
前者は原始時代には認識していなかったでしょう。後者は知っていたかも知れません。「まだ、原始人だから寿命短いけどしょうが無い・・・」みたいな感じでw

>ある霊能者が、殺人事件で殺される方も殺す方も生まれる前の約束通りだと言っていた事が矛盾に感じられ腑に落ちないのです。

殺人後の見解であれば確かに「約束通り」ですし、霊能者でなくても言えます。殺人前にそれを予知できたかはまた別問題でしょうね

霊的次元は時間の概念が異なるので、未来のビジョンも見えてしまうでしょう。それはその時点の平行世界のビジョンであって現実ではないと思います。つまり残像のようなもので一秒後には変わっているかも知れません
だから霊的存在でも遠い未来を当てるのは至難の業だと思います

カルマ的に引き寄せやすい状況はあるかも知れませんが、実際には生後の選択・行動による結果だと思います。
4. Posted by 四季(管理人)   2015年08月17日 23:14
無人くんコメントありがとうございます

>霊的次元は時間の概念が異なるので、未来のビジョンも見えてしまうでしょう。それはその時点の平行世界のビジョンであって現実ではないと思います。

無人くんのイメージする「時間の概念が違う」という部分と「未来のビジョン」とはどのような世界をイメージしていおられるのでしょうか?

こうした捉え方の個人差というか認識の差という部分とても興味があります。暇なときにでも教えていただけると幸いです。
5. Posted by なかなり   2015年08月18日 19:28
君と同じ境地にたどり着いた者です。

多分、無気力になるでしょう。

社会的な義務感も消え失せてる筈です

あなたはこの世、あの世、宇宙の創造とか悟ったのでしょう。

何物にも捕らわれないし、捕らわれたくないでしょう。

僕も同じです。

6. Posted by 四季   2015年08月18日 19:53
なかなりさん コメントありがとうございます

その通りです。
その結果どう対処するのが自分を納得させる事ができるのかも探索中です。

自分が何を悟ったと感じているのかも何なのかわかりません。
このわからない事への探索の気力だけはまだ残っているようです(笑

7. Posted by なかなり   2015年08月18日 20:22
人類の90%以上はあなたが何を伝えたいか
わからない筈です。
だが、僕は君の考え方を少し見せてもらいましたが。
おおむね同意でした。
何より中立的に全てを疑ってみる視点が
素晴らしい。

だいたい他の人はよくわからない教祖や
スピリチュアルカウンセラーに毒されて
る傾向が強いですからね。

何事もまず疑う

その視点が素晴らしいです
8. Posted by 無人くん   2015年08月18日 22:15
>無人くんのイメージする「時間の概念が違う」という部分と「未来のビジョン」とはどのような世界をイメージしていおられるのでしょうか?

ちょっと長くなりましたが、自分の考えを以下のようにまとめてみました。

「時間の概念が違う」というのは現在の時間の進行と共に別の時間が同時進行しているイメージでしょうか
パラレルワールドといってもいいですが、霊的世界においてはそれが同時に見える階層があります。
「未来のビジョン」とは、その次元で見える「未来の景色」です。

例えるならある景色を眺めていて、100m先に建物があり、30km先に山があるとします。
その景色の距離を時間に置き換え「未来の景色」にしてみます。
建物は1時間後の未来、山は30年後の未来です。この現実世界で一時間後には建物にたどり着きますが、おそらく高い確率で建物は存在しているでしょう。30年後にたどり着く山は、果たして山のままでしょうか?
切り崩されて宅地開発されているかもしれません。

つまり霊的世界で見る未来とは、現時点での未来の景色であって、我々が到達する現実世界の未来とは完全一致しないということを言いたかったのです。
更にパラレルワールド的な視点でみると別の時間軸を歩む可能性もあるので30年後にその山にたどり着くかどうかも怪しいということになります。
9. Posted by 無人くん   2015年08月18日 22:19
現実的には変わりやすい現実、変わりにくい現実はあると思います。
よくチャネリングで過去を変えるために未来から来た異星人の話がありますが、彼らは現状のままでは変わらないということを経験的に認識しているのかもしれません。
彼らのように別の時間軸へ誘導する存在も無視できないと思います。

ちなみに、この理屈を応用してみると、巷にあふれている預言のインチキも見えてきます。
20xx年○月△日に日本で大地震が発生するという預言があったとします。実際その日が訪れても地震は起きず預言がハズレたとき、後日言い訳けをしている場合は確実にインチキです。その後に出す預言もインチキでしょうw
一方、発生期日まで何回かに分けて預言を修正している場合は本当である可能性はあると思います。未来の景色をリアルタイムで見られるなら未来がどのように変わっていくか分かるからです。
もっともそれすらインチキの可能性もありますが修正内容で個別判断するしかないでしょうね

私の見るところ自称預言者はほとんど前者に該当しています。
チャネリング情報の中には軌道修正しながら提示している存在もいますが、まっとうな存在は具体的な預言はしないですから何とも言えませんね

また、「未来の景色」が見えたとしても地震のような突発的な事象についての予知は直前でも結構難しいのではないかと思います。

以上ですが、お分かりいただけたでしょうか?
10. Posted by 四季(管理人)   2015年08月19日 11:06
無人くん 丁寧なコメントありがとうございます

時間的な概念、イメージできました。
自分の現在位置の時間と30kmに見える景色の時間位置が違うため、自分の時間位置がそこへ到達するまでの30年の間に変化するといった感じと捉えました。

またそこに平行する別のパラレルワールドが存在し、同じ時間位置なのに別な世界が展開されているといった感じですね。

自分の実感として感じているこの現在の時間位置で、手に触れ、目に見え、聞こえていると実感している「物理的」な存在感とでも表現すればいいかわかりませんが、こうした物理的と感じられる世界が平行して存在?、この辺りで現在我々が知識として知っていると思っている言葉の意味が矛盾を感じ始めてしまうのです。

物理的と感じている事自体が幻想で、映画マトリックスのように実は何もない状態なのに物理的にあると錯覚とでも表現したらいいのかわかりませんが、思っているだけ?

そうした錯覚の世界が無数に存在するという考え方をすると、少しはパラレルワールドという表現もしっくり来始める感じです。

続きます。。。
11. Posted by 四季(管理人)   2015年08月19日 11:06
続き>>>

ビリヤードの玉の軌跡のように台の範囲は決まっていて、玉という存在も数も決まっている、そこへ白玉が衝突すると、毎回ほんの些細な違いで玉のばらけ方が同一にならない、しかし厳密に玉の位置を測定してみるとある程度のばらけ方は予測できる、これが未来予知という感じに似ているように感じています。

バタフライ効果と言われる、蝶の羽ばたきが他の惑星の軌道に影響を与えるという考え方、これも現実世界の詳細な玉の位置のズレにつながるという話の繋がり方。

結局、断定はできませんが今私が思っている世界観というか想像している世界が、実は全て錯覚の世界ではないだろうか?
もしくは、これまで霊界だとかの影響も考えて想像を膨らませていたが実はそんな影響も物理的なビリヤードの台の上で弾ける玉の位置のズレに影響する程度ではないだろうか?とも考えています。

こうしてコメントを頂くと、見ている方向性とか思考の基本になっている部分の違いから表現に差異が出てくるので、自分の立ち位置を再確認できたり新発見があったりとビリヤードの玉の位置を変える刺激になりとても有意義に思います、いつもありがとうございます。
12. Posted by 無人くん   2015年08月19日 21:58
>結局、断定はできませんが今私が思っている世界観というか想像している世界が、実は全て錯覚の世界ではないだろうか?

なるほど、これは良く引っかかる問題ですね
私はこれを物理学(量子論?)のパラドックスの一種だと考えています。

何故、目の前にあるはずのものが全て錯覚の世界と思えるのか?
観測の基準が明確ではないからです。
物理学の世界では人間が観測できることで理論が完結します。
ところが観測する人間の定義が曖昧なのでそういうことが起こります。

人間の感覚器官を基準にすればそれは存在する・・・になりますが、
人間が最終的に認識するのは意識です。
「錯覚」というのは意識が認識する世界です。個人の主観です。
とすると意識の定義は?・・・となりますが、残念ながらこれは物理学の専門外になります

何故専門外かというと現在の物理学では意識の存在を説明出来ないからです。
無理に理論を作って説明しようとしても、それを観測するのは人間・・・
観測の定義に戻ってしまいます。これが現在の物理学の限界です。
実験で証明されていない論理は机上の空論です。最近の量子論に多いですね
13. Posted by 無人くん   2015年08月19日 21:59
・・・続きです

個人的な見解としては、「全て錯覚の世界」と一括りするのはちょっと乱暴過ぎるかなあと思います。

まず物理法則の異なる幾つかの階層からなる世界を想定するでしょう。
そしてそれぞれの世界が相互に影響していて、その1つとして人間の五感で感じることが出来、物理法則に基づく、錯覚ではない我々の世界があります。
一方、「錯覚の世界」のような別の法則に基づく世界もあると思います。
それぞれ相互に依存してはいるでしょうが、やはり我々の世界は物理法則の方が勝っているのでは?
・・・と考えています
14. Posted by 四季(管理人)   2015年08月20日 14:39
無人くんコメントありがとうございます

とても論理的な思考をされているのですね。
物理的と検証という概念からするとその通りだと思います。

意識を突き詰めていけ論理的には無限ループになってしまうであろうと私も考えています。
ではどこへ基準をおいてどこからの視点で何を認識したいと考えているか?という話になってきますが、極論で言ってみれば、正体不明だが意識と思われる何かがあり、その意識が夢を見ている状態、その夢の世界で物理的な感触や現象があり、その夢の中で大元の意識だと思われるがそのことを忘れた自分が不思議だ不思議だと探っている、我々が発言している言葉も全て寝言(笑)というところからスピリチュアルの世界が広がっているという極論ではあります(笑)

現在の自分の持つ意識がイメージ出来る場所へ視点を持って行き、そこから観測できるもしくは推測できることを総合して仮説を立てる。
そして人間の肉体という現状の視点に戻り情報を整頓してみて矛盾があればそこを更に探るといった状態なのではないだろうか?と思っています。

江戸時代の人に無線機の説明をしても基礎知識が無く理解はしてもらえないと思います。それと同じようにまだ必要な基礎知識が不足していると思われる我々現代人はまだ様々な現象について仮説でしか考えることができないので、全ての可能性を現状の基礎知識というフィルターをかけずに考えています。

文章での説明は非常に困難ですが、それでもなんとか少しでも伝わるようにと頑張っていますので、思考のズレが有ったと思われる時も、こうした状況に私がいるという事をご理解いただければ幸いです。

15. Posted by 四季(管理人)   2015年08月20日 19:16
なかなりさんコメントありがとうございます

そうですね、とにかく今後も新しい情報を得ながら過去に入手した事も照らし合わせ、総合的に探索していこうと思っています。

今後もこのブログで楽しめることがあれば楽しんでください。

また何かありましたらコメントで!
16. Posted by 無人くん   2015年08月21日 12:15
>文章での説明は非常に困難ですが、それでもなんとか少しでも伝わるようにと頑張っていますので、思考のズレが有ったと思われる時も、こうした状況に私がいるという事をご理解いただければ幸いです。

了解ですw
思考のズレを極力なくすために何を基準に考えているかを明示すると分かりやすいかと思います。精神世界は「意識」が基準になるのでしょうけどねw

最後に老婆心ながら言わせていただくと、精神世界にインチキが多い・・・
これはよくご存じかと思いますが、科学の世界でも同じです。
なにか凄くセンセーショナルな発表については、鵜呑みにしない方が良いです。発表される理論・実験結果と宣伝文句が著しく乖離していることが多いです。
スポンサー集めの一環でしょうが、これに引っかからないためには、自分で考えることが重要になってきます。
以上です。
17. Posted by 四季(管理人)   2015年08月21日 22:41
>無人くん

そうですね〜本当にインチキサイトが多いし、本人は大真面目なのにずれたまま信じ込んでいるサイトとか、砂漠で針を探す状態ですね。
現実社会は詐欺で満ち溢れていて、騙してでも売り上げを上げないと生きていけない社会に成り果てています。
困ったもんです。
スピリチュアルも何もあったもんじゃないという感じでしょうか(笑

コメントする

名前
 
  絵文字