2015年08月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

82dbacd6b4f0a89e6d89ca4a54de195a
人は色々なことを記憶している

現在分かっている事、記憶は脳の中のシナプスと呼ばれる結合により残される

 

事故等で強烈なショックを受けると人はその事を忘れてしまう

しかし何かの拍子に思い出したりもする

 

子供の頃の記憶はあいまいになり、忘れていたり記憶が変わっていたりもする

 

日常の生活でどれだけ思い出そうとしても思い出せない事

関連のある何かを見ると「あっ!」と思い出したりもする

 

人間として経験したり見たり聞いたりした事を脳の中でシナプス結合により記憶している?

 

では、人間として生まれる前の記憶を持つ人

 

また、前世の記憶を持っている人

 

現在の肉体の脳が形成される前の出来事を覚えている?

 

記憶とはどこへ記録されるのか?

 

現在の肉体が体験した事をシナプス結合で脳が覚えているというのはわかるが、前世の記憶などはどこへ記録されていて、どうやって現在の肉体の脳の神経回路が記憶として認識出来るようになるのか?

 

魂は肉体と重なるように存在していると一般的には認識されていると思うが、魂の記憶は肉体の脳とどういう連携をしているのだろうか?

 

魂の記憶が脳のシナプス結合を作り出す?

 

それとも魂の記憶は電波のような存在で、脳の神経回路がそれを受信している?

 

よく一般的に言われている「潜在意識」(深層心理とか無意識とも言われている)と

「顕在意識」(自我とか自身で認識できている意識)と言われている2つに分かれている

 

潜在意識とか深層心理はIQという見方をすると30程度と言われている

だから自己判断能力は無いとも思われている

 

そして瞑想やヨガ等を行い、顕在意識(自我)の活動を低下させ、潜在意識に望むことを流し込んだり、潜在意識に眠っている自分の記憶を取り出したりと様々なアプローチが行われている

 

この、顕在意識と潜在意識それに加えて魂の記憶と意思?等があるというのか?

 

魂の記憶や想いは潜在意識と同一といった見方もあるが、IQ的には30程度

すると霊能者が霊魂と会話したり意思の疎通をしているという話はどうなる?

 

IQで考えると一般的な人は90前後が平均と言われており、60の人とでは会話は成り立たないとも言われている。それが更に低い30程度では会話どころでは無い

 

霊との会話はイメージで行われるので言語は関係無いとも言われている

言語を使用せずイメージだけが送られてきて、それを霊能者の持つ知識や経験から判断し言語に変換しているのだろうと言われている

 

チャネリング等も同様にそう思われている

 

だから霊能者はその本人の経験値や人格がとても重要と言われるのもなるほど、と思える所だ

 

潜在意識(無意識)と霊の記憶は同一なのだろうか?

 

それとも潜在意識が霊のイメージを受信することが出来、それを顕在意識(自我)が認識しているのか?

 

肉体が体験して脳の神経回路へ記憶した事は、逆に魂の電波のような存在へ追加記録されていくだろうか?

 

脳が認識した事、それが即座に魂へ記録されていく?

魂の持つ詳細な記憶を霊能者という人間が詳細に聞き取ることが出来るという人もいる。

 

自分の魂の記憶を自分自身でさえ思い出せない状況で、受信感度が高い霊能者は他人の霊の記憶まで読み取ることが可能ということ?

 

以前出会った霊能者は、街で他人とすれ違った瞬間にその人の人生が全て見えてしまうという

全てが見てしまうという事でその人しか知らない事、汚いことや悪事等も全てみえてしまうため外出が億劫になり、そんな人の汚い部分等「見たくない」、という気持ちが強くなった影響で肉体の視力が落ち、失明寸前であった。

 

霊能者の能力というのは、霊的な何か?なのか、肉体的な能力?受信感度?なのか?

 

人生極限まで追い込まれ、自殺未遂で助けられた人がその後、霊能力が出現し霊能者として生活している人もいる

 

何かの肉体的ショックから肉体的受信感度が上がり、以前は受信出来なかった霊的な存在を受信できるようになったのか?よく言われる、霊能力を「授かった」という神の使者という捉え方もある

 

これらを総合的に見てみると、脳の神経回路はどのような役割なのか?

動物が進化していく過程で、途中から受信可能な仕組みになったのか?

 

脳に関してはまだ盛んに研究されている段階で不明な点が多すぎる状態だから解釈も多い

 

受信機としての脳の仕組みがあるとすれば、遺伝的にDNAに書き込まれ、霊能力が子供に受け継がれるという流れも納得であろうし、年齢が進むとその能力も無くなっていくといった話も違和感がなくなってくる

 

スピの世界で言われている「集合意識」という概念、全ての人類の記憶体験が集められているという存在は、一体どいった仕組みなのだろうかと疑問は尽きない

 

前世や人の情報まで読み取れてしまう人は、そんなこと知りたくないと邪魔に思う人も多いが、自分で受信できない人は受信できる人に見てもらいたいという欲もある

 

現在の0と1の組み合わせでのデータの記録という方式は、ありとなしの組み合わせ、霊の記憶や集合意識の記憶の方式などがどのような方式なのか興味津々だ

 

 

 

 

 


スピリチュアル ブログランキングへ

(14:21)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2015年08月04日 22:12
四季さん

こんにちは
上記の文章には霊体の存在が抜けているように思います。
霊体=魂と認識されがちですが、実は違う性質のものだと思います。

色々な情報に基づいて「霊体」の特性について以下の様な仮説を立ててみました。

・自我・個人の記憶、肉体が生まれる時に派生し記憶が蓄積される。
・植物・動物・地球そのものも霊体持っていて互いに情報交換出来る。
・残留思念は他の物体へ霊体の情報(エネルギー?)が転移したもの
・肉体がなく霊体と魂が繋がったままの状態は幽霊である
・霊体の種類は代表的なものとして2種類(本当はもっと細分化される)
・感情体 ・・・イメージを感情で記憶(魂と繋がって観念を生み出す)
・思念体 ・・・イメージを思念として記憶(魂と繋がって思考を生み出す)
・魂と霊体との繋がりで自我と思考が生まれる。
・魂の抜けた霊体はエネルギーが無くなるまで記憶を保持する
・霊体にも視覚聴覚があり、覚醒していれば霊を確認できる
   霊能者は霊体が覚醒している人で、一般の人は覚醒していない状態
2. Posted by 無人くん   2015年08月04日 22:16
あと情報伝達についてちょっと整理してみました。

脳・・・自律活動はするが、霊体からの制御で自己表現する。五感・言語をイメージに変換して霊体へ送る
↓↑
(イメージ)
↓↑
霊体・・・魂と連動して、思考や記憶を司る
↓↑
魂(集合意識の一部?あるいはインタフェース、死んだときに切り離され、転生時に新しい霊体と繋がる)

(思念?)

ハイアーセルフ・・・個人の意識と集合意識の境界、パラレル次元の自己の意識とも繋がる

集合意識・・・潜在意識、神界?


最上位 の集合意識・・・創造神?


あと霊体からの視点で以下のような見方もできるかなと思います

魂の繋がっている霊体→(集団化)→霊界→(大規模化)→(フラット化)→神界(土着神)

魂の繋がっていない霊体→残留思念→(地球規模)→(高次元化)→アカシックレコード?

長くなりそうなので、明日続きを書きますw
3. Posted by 無人くん   2015年08月05日 13:36
昨日の続きです。
以上の前提条件で個別事例について考察してみると・・・

・「チャネリング」「憑依」は脳↔霊体のパスを別の存在が割り込むケースかと思います。
異なる非物質存在同士のコミュニケーションは難しいらしく、人間経由でのチャネリングなら可能らしいので人間と霊体との接続に割り込んでいるのではないかと思います。

・「前世の記憶」は私の考えだと転生ごとに魂と霊体を切り替えるので、原理的には前世の記憶は完全リセットされるので、ちょっと不可解ですねw
ハイアーセルフ自身が前世の記憶を保持しているという説が有力かなあと思います。
あるいは前世の遺物に接して残留思念から記憶が復元されたものかもしれませんし、別の見方では単なる別霊体の憑依のを前世と勘違いしている可能性もありますね。

・「未来予知」はハイアーセルフ経由で未来の時間軸で活動中のロワーセルフの記憶と繋がっているか、あるいはアカシックレコードへアクセスしているかだと思います
いずれにせよこの事象の未来ではなく、類似するパラレル次元の未来を未来を見ているのではないかと思います。

4. Posted by 無人くん   2015年08月05日 13:37
続きです。

・「アカシックレコード」は地球が出来てから生物が生み出されて蓄積された残留思念の集合体ではないかと思います。プレアデスの本に「地球の図書館」という例えが出てきますが、これがアカシックレコードのことではないかと思います。惑星は単なる岩の塊ではなく、生命が宿ることでその惑星内の活動記録を保持するメモリーの役割もあるのでしょう。

・「霊能力者」についてですが単純に霊体が覚醒している人だと思います。訓練である程度の覚醒は可能ですし、見えているけど気がつかない人も多いです。私はここ数年くらい前から高頻度で見えています。
相手の情報が分かるのも霊体同士のコミュニケーションで相手の霊体に蓄積された記憶を読み取っているのだと思います。能力の高い霊能力者は相手の前世も分かるそうですが、霊体経由でハイアーセルフの記憶を読み取っているのかも知れません。

以上です。
5. Posted by 四季   2015年08月06日 12:40
無人くん コメントありがとうございます

霊体と魂、分けて存在していると考えたほうがすっきりする事ができるようです。
やはり無人くんも感覚的に体験している側なのですね。

今回のブログ記事では物理的な脳のシナプス結合が本当にその結合によって記憶を作り出しているのか、もしそうだとしたら魂という存在?との情報交換をどのように行っているかという事をテーマにしていました。

そして、霊体というインターフェースがあり、肉体的な記憶と魂の記憶を相互にやりとりし、魂同士の情報交換でテレパスのような現象も起こるのでは?と考えていました。

なんとなく感覚的に思っていたことを言語に変換表現していただいたので私自身も思考がまとまってきました
ありがとうございました

コメントする

名前
 
  絵文字