2015年04月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
さて、このブログを読んでくださっている方に質問です。

「あなたはなぜ精神世界に興味があるのですか?」




何か悩みがあるから?


話題だから?


何だかわからない世界だから?


不思議な体験から理由を知りたくなったから?


まだ他にもあるかもしれないが、私は不思議体験からどうしてそういう現象が起こるのか?という事に疑問を持った事から始まっています。

疑問を持つと、その疑問に対するヒントのような物に出会う事が多くなります。

人は興味を持つと、関連する事に目が留まりやすくなるようです。

新しく車を購入すると、自分の購入した車種と同じ車種をよく見かけるようになるのと同じですね。

実はその前にも沢山その車種の車は走っていたのですが、目に留まらなかっただけと言う現象はもうおなじみの現象です。

しかし、疑問を持ったり思い悩んだりしている時、ネットでキーワードを入れて検索してみると、その時にとても最適なヒントが出てくる事が時々あります。

数日後、お気に入りに入れておくのを忘れて前回の検索のときと同じキーワードを入れても前回見たサイトに辿り着けない事が有ります。

では、そのキーワードで出て来たサイトをいくつか見てみても、そこにはピンとくる内容は無かったりする事が多いです。

先ほどの自分のと同じ車種が目につくという現象とは少し違い、探しても見つからないという現象が起こる事、これはどういう理由からなのか?

まあ、webサイトは常に新しいサイトが登場するのでキーワードが同じでも同じサイトが出にくくなるという裏側のシステム的な理由は分かります。

しかし問題は、自分にとって最適なヒントとなるサイトが丁度いいタイミングでその時にどうして現れるのか?


子供に食事を作ってあげようと準備をしている時、子供が「パパ〜今日の夕飯は何?」と聞かれたので「パスタだよ」とだけ答えておきました。

そして作ったパスタは「明太子パスタ」他にもいつもは子供が大好きなミートソースとか種類は沢山あるのですが、今回は明太子。

出来上がって子供を呼ぶ。
出来た明太子パスタを見て子供が一言。
「うわっ!明太子だ!さっきからパスタなら明太子がいいな〜って思っていた」
「凄い!何か伝わった??」

と子供は興奮気味(笑

こうした現象はちょくちょくあります。
子供が気を使って大人が喜びそうな事を言っているという事も考えられますが、まあそれならそれで私は喜んで置けばいいか(笑


懐かしい友人の事を思い出していると、その人から電話が来る。

色々面白いシンクロとでも言うかこうした現象はよく起きる。

パスタの時は私は頭の中で「今日は明太子にしよう」と思っていた事、これが子供に伝わっていた?と考えたりもする。

懐かしい友人は電話してくる前に、私に何か用事が出来、私の事を考えていたはず、その時の何かが私に伝わり友人の顔が頭に浮かぶ?

以心伝心、古くから言われて来たこの言葉のようにこうした現象は人が昔から感じていた事。

何か有りそうだと思ってしまう。
どうしてこうした事が起こるのか?
そんな現象の理由を知りたいと思う事の積み重ねがこのブログ。

不思議な事もあるもんだ。
こんな考えが底辺にあるので、人間関係や様々な事で悩みが発生すると、この問題が今起きているという何か理由があるのでは?

こう考え始めると、そこに解決の糸口が有るかも。

すると登場するのが占い、霊能者、そして出てくる内容が先祖の霊であったり動物霊のいたずら、家に置いてある置物とかそれまで考えた事も無かった事に関連付けられる。

しかしそれは確かめる方法は無い。
言われたように置物を処分してみたりカーテンの色を変えてみたり。。。

その後問題は解決したのか?
別の理由で解決していたとしても、カーテンを変えたタイミング等で解決していれば「やっぱりカーテンの色だったのか」と思ってしまっても仕方がない。

30年前では引き寄せの法則の話は無かった。(知らなかっただけかもしれないが)引き寄せという現象そのものは有ったのだろうが、法則というような表現で認識されていなかっただけだと思う。

今では、人間関係の悩みが発生した時部屋の置物が、とか先祖霊が、とか言われる事はあまり聞かない。

自分自身がその現象を引き寄せているという考え方がとても多い。

更には、生まれる前に自分自身でそうしたストーリーを決めて来たのだとまで言われるため、それでは解決策は明確に分からない。

そんな迷宮の世界が精神世界の現状。

しかしそれらも併せて考えてみると、矛盾が発生しつじつまが合わなくなってくる。

精神世界に興味のある人はどんな人?

今現在の生活が充実し、未来も明るい、楽しくて仕方がない。

こんな人は精神世界を気にするだろうか?

ヨガや瞑想といった世界から更に自分を高めようとしている人は興味を持つかもしれないがやはり多いのは何かしらの悩みを持つ人ではないだろうか?

引き寄せの法則からすれば、悩めば悩むほどまた悩まなければならない状況を引き寄せてくる。

悪循環だ。

そう考えていても突然何かしらの災難が来ることはある。
ではこれも引き寄せたのか?

原因不明である。

よく職場に相性の悪い人がいて、とう現状から何とかしたいと思った人が相性の悪い相手が職場に存在しないイメージを持ち続けると、その人が他の部署へ移動になったり急に退職したりしたという事がブログにあちこちで見られる。

本当にそんな事があるのか?

もしお互いに引き寄せの事を知っていて同じタイミングでお互いが存在しないイメージを持ったなら?

現状変わらず?それともお互いに移動になったり退職したりになる?精神世界での対決になってイメージ力の強い方の勝となる?

何か「力」が有りそうな現象が発生するという雰囲気で引き寄せが使われているという「引き寄せ使い」?「魔法使い」のような感じで捉えられている。

人をどうにかしたい。

ここがテーマになっている。

職場での相性が、、、というレベルではそれほどでもないが、これが発展したとでも言うか、恨みというもっと怖い話に発展している場合もある。

殺人事件にまで発展してしまう恨みとは相当強い感情であろう。

では人間社会でのルール、法律に抵触しないように恨みを晴らそうとした場合に考えられる方法としては「わら人形」、昔から言われている方法であるが、こうしてわら人形等を使って呪いをかけるという方法を取る時には「人を呪わば穴二つ」と言われるように、自分の分も墓穴が必要と言われて来た。

人の命を奪うほどの恨みを晴らす場合は、自分の命も捨てる覚悟が必要。

では職場の嫌いな人をどこかへ移動させるレベルの小さな恨みでは自分はどうなる?

共通している事は、不満を相手にぶつける事で自分がすっきりしようとしている事だ。

引き寄せの法則を利用して嫌なやつをその職場から追い出そう。

嫌な奴と思われている人はその職場がとても気に入っていた場合、そこを追い出されるとなったら精神的ダメージは大きいと思われる。

こうした互いの心のエネルギーの動きはどう流れるのか?

引き寄せの法則を使ってイメージで自分が快適な環境を作ろう、という文章は一見クリーンで綺麗に感じてしまうが、根本的にはわら人形で人を呪うという行為と似たような事ではないだろうか?

もしかしたら引き寄せの法則という表現とその影響範囲などまだ分かっていない事が有りそうだと思える。

今言われている引き寄せの法則という内容は確かに実感として有りそうだ。
しかし万能では無い。

万能では無いと思われる原因は、出来たり出来なかったりとはっきり明確に分からないからであろう。

今現在言われていたりする事が、完成形では無いと思われるのでこの辺りはまだ注意が必要であろう。

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 ングへ



(11:25)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字