2015年03月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

社会にはルールがある。

それは皆が守れば皆が快適になるし、事件や事故にも巻き込まれにくくなる。

だからルールを。。。

 

人には欲がある。

その欲を満たすために日々生活している。

野生の動物達も食欲を満たすために相手を食べる。

自分が食べられたくないから擬態の技を進化させたり逃げる、隠れる技が磨かれる。

 

人間社会のルールはその欲を抑える為のルールが多い。

 

ルールを作り変更していく政治家。

どこを目指してルールを作り変えているのか?

 

ルールが完璧なら不満は出ない。

ところが社会は不満だらけ。

一部の人には都合がいいが、都合の悪い人もいる。

 

ちょうど頃合いの良い所でバランスを保ち、皆が納得するポイントでいればいいのだが、実際はどうやら違う。

 

今の日本、ルールを厳格に守るという雰囲気が行き過ぎているように感じてしまう。

これはあくまで私の主観であるが。。。

 

毎日日本で暮らしていれば気が付かない事。

最近はテレビでそんなポイントにクローズアップして

「日本ってすごい!」という番組が多すぎで気持ち悪い。

 

ニュースで誰かが路上でキスしていた。

「不倫はいかん!」とヒステリックだ。

 

もしも、因果応報で人に不快感を与える行為に返ってくる物があるのならば、人が何をしても自己責任なので、他人が攻撃する必要は無いのではないか?

 

スクープを狙う人は、lこうした話題になる人のルール違反を徹底的に探っている。

ニュースのネタになる、お金になるからだ。

 

スピリチュアル霊能者の中にはこんなことを言う人もいる。

「不倫なんて別に構わない」「人間社会はバーチャル空間」

人を殺しても「予定通り」殺される方も「約束通り」と。

 

これがもし真実であるならば、社会でルールを守る事に何の意味も無い。

 

しかし、自分が、子供が、恋人が、親が、大切な人が殺されるのはいやだろう。

だからルールを作り、皆で守ろうという事になっている。

 

人それぞれ感覚が違うので、自分の大切な人が被害を受けないのなら気にしないとう人もいれば、誰でも構わずルールを守らない人がいやだという人もいる。

 

人には正義感という感覚があり、自分の主義主張を人に押し付ける人もいる。

 

100年以上続くサーカスで目玉の出し物であった「ゾウ」の演技。

多くの人がお金を出して見に行っていたから長く続いてきたのだが、動物愛護団体という主義主張を持つ人達が「ゾウへの虐待である」と声を上げた為、このサーカスはゾウの演技を取りやめた。

 

もしかしたらゾウも楽しんで人間に付き合っていたかもしれないが、ゾウの意見は分からない。

 

人が生きている事が出来るのは他に人がいるから。

 

生まれた後にジャングルで動物に育てられたという事例もあるようだが、これは例外。

人間として生きて来た人が、他の人から相手にされない、無視される、これは生きる気力を失うのでたいがいの人は心が折れるだろう。

 

またこうした例外があり、ロシアの数学者のように誰とも会わず、会話せずで部屋にこもり数式を解き続けていたと没頭できる事があると別だったりする。

 

人は人がいるから社会で生活できる。

 

他の人が他の人の価値観で判断し、言葉を発するので自分の価値観と比べ自分の位置を再確認できる。自分がいるという事を実感出来たりする。

 

人間はこうした感覚を持つので、正義感と併せて人がルールを破ると「攻撃」したりする。

 

スピリチュアルの世界だけの話でなく、今の日本では3組に1組は離婚している。

結婚したが様々な理由で離婚に至る。

その後再婚したりするが、この再婚が大成功で本当に幸せを実感している人もいる。

 

離婚の大きな理由の一つが不倫だ。

これは人の持つ倫理観に反するからいけないという事になっている。

海外では「姦通罪」という法律もあり、死刑になる国もある。

 

学生の頃はチェーン店の牛丼が美味しくて、大盛りを食べるのが至福の時で足しげく通ったりしたのに、大人になり高級牛肉の味を知ってしまったらもう牛丼店に行きたいとは以前ほど思わなくなり魅力が薄れたという事もあるだろう。

 

初めて結婚した相手との共同生活で価値観の違いから面食らう事も数多い。

そこは互いに吸収し合いながら衝突しないように生活しているも、ある日知り合った人に心惹かれる事もあるだろう。

 

そして不倫へ発展する事もある。

中には2重生活をしている人もいたりするが、後から知り合った人の方がなぜか魅力的に見えたりする。(高級牛肉店のように)

 

そして決意し、離婚したりする。

最初の結婚である程度価値観の違いという事に免疫が出来ている為、2度目は価値観のズレのかわし方も上手になっていたりすると、2度目はいい雰囲気を維持することが出来る。

すると大きな幸福感を得られる。

 

スピリチュアル的に不倫はまるで問題ないとしたら、倫理観はどこかへ吹き飛ぶだろう。

やりたい放題となり、結婚と言う制度ルールも意味がなくなる。

だからルールを守るという事に目を三角にしている人もいるのか?

 

やりたい放題になれば本当の両親は誰が誰だか分からなくなる。

野生の動物とたいして変わらなくなる。

 

では原始時代の生活のように自由に生きるのがいいのか?

いや自分の大切な人や自分が病気になったら困る。

医者がいてくれると助かる。

薬があると楽になれる。

 

では誰が薬を作るのか?

と延々に続き、結局「社会」を構築したくなるというループだ。

 

そんな流動的に変化し続ける社会とルールの中で人間も年齢を重ねながら変化し続けている。

そして寿命を終え、あの世へ帰り、しばらくしてまた人間界へ戻ってくる?

これが輪廻転生と言われている流れではあるが、あの世がどうなっているのか解明できていないので断言はできないが、今の所はこうした考えがある。

 

行き過ぎては戻り過ぎ、を繰り返している流れの中で、様々な価値観があり、人間社会のルールを守らない人を「許せない」と思ってしまう人。

自分が安全地帯にいる為、ネットでは人を叩きやすい。

 

弱い人ほど虚勢を張るという。

自分が弱いと悟られたくないから強気で威嚇するのだ。

動物社会では弱いと食べられてしまうから。

威嚇する「シャー!!

 

隣の一般人の旦那さんが不倫している?

ニュースに登場するか?

誰も興味が無い為、ニュースにもならない。

 

話題の人だからニュースにも登場するので、自分の意見を発信できるネットでは自分の価値観に正義感も合わさり「不倫はいかん!!」と強弁したりする。

それに「そうだそうだ!」と賛同する人が現れると鬼に金棒、もう止まらない。

ここで集団心理というものが働いて社会が動く。

 

ここまでネット社会が発展してない頃は、一般人の価値観からの意見は民衆に埋もれていたので友人同士の会話で終わっており、近所のうわさで収まっていた。

 

今の社会がいいのか悪いのか?それも人の価値観で変化する。

何かで成功したり、幸せをつかんでいる人にはいい社会だし、失敗したり不幸を感じている人には悪い社会だ。

 

物凄く批判の嵐を乗り越え晩年でもそれが成功すればサクセスストーリーと称賛される。

 

これは予定されていた事なのか?

晩年に成功するという予定を立てて生まれて来たからか?

その予定を実行する為に必要な社会環境がある時代を狙って生まれてきたのか?

 

オリンピックで金メダルを取れるまで頑張った人が、テレビ番組の為にヘリコプター事故で人生を終える、これも予定通り?

予定通りという考えであれば、その展開をあらかじめ考えた何かがあったと言う事。

 

そんなドラマティックな展開を考えだした思考回路、しかも地球規模。

私個人の価値観でそんな地球規模でドラマを考え続けるのは不可能と発言はしない。

 

宇宙空間という私の理解力を遥かに超えた世界へ技術を使いロケットを飛ばす事が出来る人がいるという現実を知っている為、自分の価値判断などは物差しにはならない。

 

こうした方面を私の意識は見ている為かどうか分からないが、誰かが不倫した?とかニュースで見ても、ご自由に。

 

という感覚だ。

 

自分の妻が不倫していたとしても知らなければ問題だとか、知らなければ許すとかそもそも知らないのだから何も考える事は無い。

 

しかし正義感で切り込んでくれる人がいるから、カビの生えた食材を使い海外へ輸出していたという事が発覚し、食の安全を確保できたという事例もある。

勿論そんな事をしていた理由は「儲かるから」である。

 

正義感で切り込んでくれる人がいるから「騙されたり」する事が減り、安全が増える。

 

「マディソン郡の橋」というアメリカの不倫をテーマにした映画があるが、妻が不倫をしてその後も心はずっと不倫相手に向いていても、旦那は知らずに幸福感を持ったまま生涯を終える。

 

「女の心は海より深いのよ」映画「タイタニック」でヒロインの「ローズ」の言葉。

 

単純なのは男性だ(笑)

 

とある霊能者のブログで書かれていた事。

大切なパートナーの女性が若くしてこの世を去り、自分の心に大きな穴が開いてしまった。

その女性の事を思い続けていたために実はその女性の魂を縛り続ける事になり結果悪い事をしてしまったという後悔があった。その為、次の人生でもその女性とは出会わないという計画を立て、そんな人生を三回も過ごしてきたという話があった。

その魂を開放する為に。

 

人の心が複雑である事は十分実感できる。

この記憶を魂に持ち、何回も人生を繰り返し記憶を深めていく。

それはそれは難解な精神構造になっていくであろう。

 

しかし実は人類は2回滅亡していて今は3回目だという説もある。

 

発掘現場からその年代にはあるはずの無い技術が使われた物「オーパーツ」と呼ばれているものが出土している。

 

興味の湧いた方は下記リンクからどうぞ。

http://matome.naver.jp/odai/2129523386244286201 

 crystal-skull-close-up

過去の文明も現代のように進化し、戦争で滅亡したと言われているが、もしそうだとしたら今現代も同じことを繰り返している可能性がある。

 

過去の魂の経験の蓄積はどうなった?

 

過去の文明で「核爆発」が起きたとしか考えられないという場所があるようだ。

勿論人類の過去の歴史でそんな記録は無い。

 

が、現代も核兵器はあり、日本に落とされ、今もだれか気の狂った人間がボタンを押すかも、と思われている。

 

過去の失敗は活かされてはいないようだ。

 

もしかしたら、失敗などという考え方では無い?

 

予定通り?

 

こうして知識を深めてしまい霊界の事もばれてきたのでそろそろこの世界もおしまい?

 

そして何万年か後にまた原生動物から人類のような生命体が出来てきて魂は人生を経験し、喜怒哀楽の中を過ごしていくのか?

 

魂の世界から見た人間界は、実は人間界が「バーチャル空間」で実は「どんな事でもやって構わない」世界なのかもしれない。

 

スピリチュアルの世界も様々な意見が乱立し対立し変化融合しているので、やはり本当の所は不明のままである。

 

「何かに導かれるように」という言葉が当てはまる出来事も有る為、「偶然」という言葉では言い切る事が出来ない現象もある。

 

「興味」という不思議な気持ちもある。

これが自分自身のガイドラインとなり人生が開ける事も多々ある。

 

自分の存在も何なのか分からず、そんな自分がいる世界も何なのかよくわからないが、自然と湧いてくる「興味」や「欲」、こうした心が「訴えてくる」事に耳を傾けていると悩みは減るのかもしれない。



 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(12:53)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 万年   2015年03月26日 17:42
お〜
直りましたねー
四季さんのコメント欄がイタズラされて
同じようなメッセージが多数投稿されていたようです。
2. Posted by 四季(管理人)   2015年03月27日 00:04
はい、北海道のOCNからの接続の人のようでした(笑
ま、何を勘違いしたのか単なる異常者かわかりませんが、連日書き込まれていました。
消すのは簡単なので全く気にせず淡々と消去しておきました(笑
お騒がせしました(^^)

コメントする

名前
 
  絵文字