2014年12月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

男性同士、女性同士で結婚している。

性同一性障害で性転換。


心と体が違うと感じている人。

最近よく話題となっている。

最近話題というより最近は認められてきているから目につくという事だろうか。

これまでひっそり悩んでいた人も「あぁ、自分だけじゃなかったんだ」と勇気を貰えたりしているのかもしれない。


輪廻転生という霊界の存在を肯定した見地で考えてみる。

前世の記憶を持って生まれて来る人がネット社会の発展と共に皆が知る事が出来る状態になってきた。

前世の記憶に関してもその人の人生では知りえない海外の昔の事を知っていたりと驚かされる。


前世で男性として人生を生きた人が今世で女性の体で生まれてきた時、前世の男性だった時の感覚を覚えていたとしたら?

はっきり覚えていなくても、感覚的な事だけでも変な感じなのかもしれない。

人の心は何か一つ気になる事があると、ずっとその事が頭から離れないという性質がある。


すると様々な事に対して、気になっている事を関連付けてしまったり、通常なら気にならない所ばかりに目が行ってしまったりする事もあるだろう。

トイレに向かっている時、他の事を考えながらふと気が付くと男性なのに女性トイレへ入ろうとしてハッとしたり。

スパ等で男性浴場にいるとき、何故か恥ずかしくてたまらなかったり。


ショッピングへ行けば、男性なのだが女性服がかわいくてずっと見て回ったり。

前世の記憶が感覚として残っている部分が強ければ、こうした違和感がある人の感覚も納得できることであろう。

よく、前世でやっていた仕事と同系の仕事を行うと成功すると言われていたりする。

このブログでも以前書いたが、3才のドラマーがどう見ても3才では考えられない感性を発揮している事等。

http://shiki-room.blog.jp/archives/51838601.html


こうした現象を組み合わせていくと、どうしても魂、輪廻転生と言われている事は「そうかもしれない」と思わせるには十分であろう。

同性婚、性同一性障害、ニューハーフ、ゲイと色々な言葉があるが、こうした仕組みを知れば偏見も減るのではないだろうか?



この物理世界ではプラスとマイナス、正義と悪、右と左、表と裏などなど正反対に分かれて存在しているが、絵の具の白と黒を同じ器に入れて放置するとだんだん混ざりグレーとなっていく。

どの世界も2極化してそして中間層が出来、最後は落ち着いていく。


今、経済界は2区化が進んでいる。

イメージすら出来ないほどの大富豪から極貧までにどんどん分化が進んでいる。

そしてどの位の期間かは分からないが、最終的にはグレーが大部分を占めるように均一化していくのではないだろうか。


もしくは経済という概念すら消えるかもしれない。

また、ロボットの進化が物凄い。


人工知能も驚くほど進化している。


人間は物を食べ、消費して生命が新陳代謝している。

その為に皆で協力して様々な作業を分担し、連携して文化を作り生命を安定維持している。

基本的にはそう考えているが、人に作業をさせて利益を独り占めしている人間もいる。

またそうした人がいないと、経済社会がうまく回らなかったりもする。

現在微妙なバランスの上にあるように思う。


そこへ人間より高性能なロボットが参入して、これまで人の行っていた仕事にとって代わり始めている。

仕事として分業しているのだが、同業と競争しなければならない為、仕事を進化せてないと生き残れない。

ロボットを開発している人たちも、より高性能なロボットを開発しないと生き残れない。

その結果、他の分野で人間の仕事が減っていく。

工場の生産ラインはロボットの大活躍の場だ。


携帯電話に話しかけると、会話が出来、必要な情報を探してきて提示してくれる。

あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」等が論文としオックスフォード大学から発表されたりもしている。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925


こうした考えには異論反論様々あるだろう、しかしなんとなくそんな気がしてくる内容でもあるのだ。

輪廻転生として魂が「人間」として生まれ変わっていた時代から、もしかしたら「ロボット」へ生まれ変わる時代になったりして。。。


ハリウッド映画でも、落雷等のショックを受けたロボットに「心」が芽生え、というストーリーが描かれるのも分かる。

森の奥へ入っていくと、そこには森の妖精がいて、とロマンチックな話があったり、人形に霊が乗り移り「髪が伸びる」という話もある。


筆者の親戚の家にある昔の日本人形は髪が伸びている。

火災に遭った事もあるのだが、灰やがれきの中から木枠のガラスケースに入っているその人形はほぼ無傷で出てきたのを筆者も見ている。

1mほどグレーの灰が積みあがっていた所に斜めに半分埋まっていたのだ。


ドラセナと言う植物の皮膚の電気抵抗を測定したポリグラフ(下記参照)で、1966年アメリカでバクスターというFBI捜査官が実験した結果だ。

サボテンポリグラフ



このポリグラフは「この植物の葉を燃やしてやろう」と「思っただけ」で、人間が興奮状態の時と似ているグラフを表したという。

燃やす「ふり」をしただけでは反応しなかったことから、植物は人間の心を読み取っているのでは?と言っている。


生命、生物、生きている、といった言葉の定義からは外れるかもしれないがロボットも人工知能の発達と共に「生命っぽい」ものになるかもしれない。

必要な時必要なだけ「自己増殖」するかもしれない。

こうした生命っぽいロボットに魂が乗る未来もあるかもしれない。


今現在の常識的と一般的に思われている事も、未来では非常識かもしれないし、完全に過去の事になるかもしれない。

こんな事を考えていると、今の人間の肉体で性同一性障害とかゲイだとかも驚く話でも無いし、自然界の現象なのだろうと納得できるのではないだろうか?


筆者自身は心身ともに男性であり、ゲイでも無いしオカマでもない。

本人は普通だと思っている。

人間とロボットの共存社会も面白そうだし、今の記憶を持ったまま未来に輪廻転生してみたいと変な事も考えてみたりしている。



本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(10:43)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 無人くん   2014年12月20日 17:38
こんにちは

>こうした生命っぽいロボットに魂が乗る未来もあるかもしれない。

これは実現可能かも知れません
人間も魂がなければただの生体ロボットです
魂と肉体のネットワークを擬似的に繋ぐことが出来れば可能ではないかと思います。

霊との音声通信では以下のリンクにあるようなスコールグループの音声実験があります
http://www.asahi-net.or.jp/~qr7s-tmym/ITC/Scole/Scole5.htm

インチキ説がありますが、音声実験に関しては本物かなあと思っています。
使っている装置は一部のフリーエネルギー装置と考え方が似てるんですよね
ラジオのように任意にチューニングできるものではないようです

この装置は音声のみですが、センサーで感知してコンピュータで制御すれば、原理的には意識を持つロボットが出来そうな気がします。
2. Posted by 四季(管理人)   2014年12月21日 01:04
>無人くん

コメントありがとうございます

ロボットに魂が乗り移り自発的に動き出す。。。
ちょっと怖いかも(笑

スコールグループの件とそのサイトの他の記事も全て拝見しました。
面白いですね〜トーマスエジソンの登場。

やはりまだまだ知らない世界が沢山在りますね。
霊能力が開花していく女の子の話もとても興味深く拝見しました。
以前私が住んでいたマンションも霊道が通っており、当時無知な状態で般若真教を上げたり写経をしたりしていました。
反省です。。。
3. Posted by 万年   2014年12月21日 18:45
心臓移植で人格が変化した例があるそうです。
性的嗜好も変化するのだろうか(笑)
マツコさんを治すには男性患者の心臓を移植するといいのかもしれません(笑)
http://x51.org/x/05/03/0202.php

視力が変化した例もあるようです。
ソースはテレビ番組だったような気がしますが、
ドナーと同程度の視力に変化したようです。
視力回復しろ!・・と念じるよりも、
目が良い状態の記憶に置き換えたほうが、
視力の回復が早そうですね。
そういう仕組みならば、
たとえ体が不健康だったとしても、
自分は健康・・と思い込むことは有効なテクニックかもしれません。
すべては記憶(気力?)次第なのでしょうか(笑)
4. Posted by 万年   2014年12月21日 19:33
http://x51.org/x/07/03/1124.php

こういった事例も転生と関係があるのでしょうか?
「動物」に性的嗜好を持つ。
「物」に性的嗜好を持つ。

妄想すると、前世で自分はその「動物」だったのかもしれませんし
「物」が対象の場合は、前世の星では「物」が意識を持ち、
自らも「物」としての意識生命体だったとか。
車だとすればトランスフォーマーのような・・・

あるいは単に肉体の故障や異常なのか(笑)
5. Posted by 四季(管理人)   2014年12月22日 10:21
>万年さん

コメントありがとうございます

移植に関しては色々ありますね〜
臓器に記憶は宿るのか?という事で研究しているドクターもかなりいるようで。
現代の科学的分析では解明できていないようです。
どう考えても臓器に記憶が残っていて・・・としか考えられない等。。。

物にムラムラくる人(笑)記事読みました。
この車の「曲線」がたまらないって、これ何だかわかる気がする。
私もどちらかというと芸術系の脳だと自覚しているのですが、「たまらない曲線」というのはありますね。

それが車でもギターでも絵画でも人でもその物体に適した曲線があり、そのバランスが多分、脳のどこかを刺激するのだと思います。

人間の顔等皆目が2つあって鼻がひとつで配置もおおよそ同じ。
しかしそのバランスやほんの少しの違いでも意見が分かれたりします。
これはどうしてなんだろう?なぜこうした感情の変化が有るのだろう?と常に感じています。
6. Posted by 四季(管理人)   2014年12月22日 10:21
つづき>>

赤道直下の地域では丸々太った逞しい女性が美人と言われ、古代日本の食糧が不足している時代でもふくよかな女性が持てていました。
現代の私が見ると、一重の細い切れ長の目は苦手です。

また顔の創り等まるで無視していて性格や感性等に反応する人もいます。

「曲線を見る」→「反応する」→「刺激により興奮する」といった回路が一般的な人と違うのではないでしょうかね?
多くの人は「反応する」→「癒される」or「美的感覚が刺激される」といった回路が出来ているのに、違う回路に接続されてしまっているように思えて仕方ありません(笑)

前世で動物や他の惑星で物だった魂という考え方、爆笑しました。

霊的能力がしっかりありそうな人の話を聞いていると、どうしてもカルマを今世で解消する為に、、、という流れになってしまい、自分の得たい経験と、やらなければならない義務的なカルマが混在して、カルマが優先されているからやりたいことが出来ない事が多いという結論になってしまっています。

こうなるとカルマに関連しない努力は徒労に終わるという現実的な現象から、また気力が失せるという状態になってしまいます。

前世で物だった魂(笑)がどのようなカルマを背負いこんだのでしょうね?(爆笑)
自分だけでなくその一族が背負いこんだカルマが今の自分に表れて、それを解消する為に霊能力が備わった人もいるという事でした。

茶太郎さんブログで一気に世界観を広げられて、輪廻転生がどうした?という感覚になったりもしていましたが、やはり目の前にカルマ現象的な解説を再度見ると、視点がここに戻ってきます。

ん〜〜〜〜〜〜〜〜といった所でしょうか。
7. Posted by 無人くん   2014年12月23日 20:45
四季さんへ

毛が伸びる人形や、臓器移植の話は残留思念がからんでいるような気がします。

このケースの残留思念は、おそらくアストラルレベルのエネルギーです。
このレベルのエネルギーは物質に吸収され想念情報を保持し、周囲に物理的な影響を与えることがあります。

毛が伸びる人形は、持ち主の人形に対する愛着がアストラルエネルギーを形成して人形へ吸収したのだと思います。臓器移植の場合も同じで、臓器の持つ残留思念の影響を受けるのだと思います。

当事者が亡くなっていて、アストラルレベルの霊界にいるなら、対象物の保持しているエネルギーと同調し易くなり物質化現象(PK現象)を起こすこもありそうな気がします。

ちなみにカルマの元は感情に基づく想念や思念ですので、
これらの状況は、無意識のうちに他人のカルマを引き受けている可能性があるので注意が必要ですね
8. Posted by 無人くん   2014年12月23日 20:54
あと、物にムラムラくる人の話ですが、これもカルマの影響かもしれませんね

第2(スワディスターナ)チャクラが不安定だと、本能的(食欲・性欲・物欲等)カルマが無意識に活動することがあります。
例としては、過食症、異常性欲、窃盗の常習などですが、これらの事例の1つのような気がします。

>霊的能力がしっかりありそうな人の話を聞いていると、どうしてもカルマを今世で解消する為に、、、

カルマをマイナスのイメージで考えなくても良いと思います。
やりたいことも実はカルマから来ていることが多いですから、
悲観することはないと思いますよ

やりたいことがあるなら、飽きるまでやれば良いと思います。飽きたところでカルマ終了です
同じような失敗を繰り返しているとき、やり方を変えて解決できればそのカルマも終了です
「これはカルマ」と認識して、速やかに対処するのがカルマ解消の秘訣です。
それが分からずに同じ事繰り返している人が多いようです

個人のカルマはこの程度ですが、他人が絡むカルマはむずかしいですね
相手が転生して現世で相対するときは和解できますが、霊界にいるときは無理ですし、しかも霊界から現世へ行使してくる・・・
やはり霊能力をつけて交渉するしかないのかも知れませんね
9. Posted by 四季(管理人)   2014年12月24日 23:03
>無人くん

コメントありがとうございます

残留思念、分かる気がします。
これは私も経験上感じた事があるので、私が知らない強いレベルであっても不思議ではないと思います。

リサイクルショップ等で中古品を購入するときは要注意ですね。

カルマについて、そうですね在りえますね。

飽きるまでやる、これはなるほど!と思いました。
他人のカルマを引き受けてしまったりした時に、自覚出来ればいいですが、それがまら分からないし見えないから厄介ですよね。

今チャクラとヨガの世界からの視点で霊界を観察しているのですが、またちょっと違うのでこれもまた興味津々です。
ま〜しかし本当に切が無い。。。

10. Posted by 万年   2014年12月29日 02:35
人間は脳の3%程度しか使えないようになっているらしいですし、
それが100%になって、見えることもあるのかもしれません(笑)

わからなさ=新鮮さがなければ、
人生とは実につまらないものなのかもしれません(笑)
11. Posted by 四季(管理人)   2014年12月30日 01:28
>万年さん

コメントありがとうございます

3%、そうですね〜そう言われていますね〜。
どうして「3」なんでしょうかね?

人間のあらゆる活動に「3」という数字は安定をもたらすと言われています。
会議をスムースに進める簡単なテクニック。
テーマを「3つ」にする。
そしてその一つを「3つ」に分けて議論し、合計「9つ」の事を話し合う。
こうすると、短すぎもせず長すぎて飽きる事も無い。
実際私も仕事のフィールドで活用しています。

他にも様々ありますね、カメラの三脚、三人寄れば・・・、三匹のこぶた、安定するそうです。

身の回りに起きている現象もニュースも理由が分かってくると「そんなもんだ」と冷めた目で見てしまいます。
実につまらないですね〜・・・でも
知りたい(笑
12. Posted by 通りかかってしまった   2016年07月02日 03:28
輪廻転生(前世)と憑依の違いが、まず分かりません。
そこかよ(自笑)
13. Posted by 四季(管理人)   2016年07月03日 14:12
通りかかってしまったさん コメントありがとうございます

面白い!
人は輪廻転生と憑依それぞれに別々の意味を付けていますね。
まっさらな赤ん坊への憑依を輪廻転生、そして既に憑依した先人がいる肉体へは憑依。
結構盲点とうかあまり意識を向けていなかった部分です。

先人がいてそれを乗っ取るという先人にとっては歓迎できない現象として憑依を悪者認定している感じです。
予約を入れた霊に優先権があるような感じで捉えていますが、とある霊能者は優先権があっても横入りして割り込んでくる霊もいるとかという話もあったみたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字