2014年07月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

幼い子供の天才映像がまた出てきた。

ロシアの3歳天才ドラマーだ。

私自身もドラムは学生時代よく叩いたのでこの映像は本当に驚いた。

ドラムを叩く時のあの特殊な感覚は私の場合だけかもしれないが、やはり難しい。

腰でメインのリズムを取りながら、左手で4つに刻む、そこへ右手で裏打ちを入れたりしながら右足でインパクトを入れていく。

こうした一連の動作は考えながらは絶対出来ない。

無意識に音楽へ合わせて感覚的に音を入れ、メロディラインを聞きながら曲を完成させる。

言葉で表現するととても陳腐な表現になってしまうが、これは致し方ない。

こんな事を思いながらまずは映像を見ていただきたい。


 私自身天才では無い為、天才と呼ばれる人たちの感覚は分からないが、天才は少し教えてもらえればここまで出来てしまうという肉体的な能力の持ち主なのだろうか?

音楽は繰り返し繰り返し聞いて感じて感動してを繰り返しセンスが磨かれていくと思う。

そうした積み上げがあってそこから発する音楽に人は感動する。

この3歳の子供は演奏中、他の演奏者の様子を見たりアイコンタクトしたり、スティックを落とした後、後ろの大人に拾ってもらった後、すぐさまリズムに乗り演奏を再開している。

ドラム初心者はこうしたスティックを落とすなどした後、演奏に復帰するまで頭の中を整理し、リズムをとり直し、「せーの」で入りなおす。

こうした細かい動作はドラム経験のある人間ならすぐにわかると思う。

 

こんな動きを可能にするには「経験」が必要。

こうした現象から輪廻転生という言葉が真実であると思わせるには十分なのではないだろうか。

 

最近のこのブログのテーマである引き寄せ関連でコメント欄に数々のコメントを頂いた。

その中でも色々考えが発展したのだが、ドラム経験を積んだ魂が肉体の死で別の肉体へ生まれ変わる。

こうした考えが一般的に言われている中、個人の魂があの世へ帰るとハイヤーセルフとかマスターとか様々な呼ばれ方をしているものと融合し「個」が消えるとも言われている。

しかし個という分離が消えてもドラムの経験というデータは存在するといった事も言われている。

個人の人格データは消えても経験データが存在し、輪廻転生の場合新たな肉体で新しい人格が生まれるとき、経験データも一緒に使われる事もあるという感じだろうか?

 

私自身の事で振り返ってみると、20代前半の頃、私の前世は「戦国武将」であったと言われた。

それから数十年経過してまた前世を見ることが出来るという人に見てもらうと「戦国武将」と同じことを言われる。戦国の時代、戦ではいつも先陣を切って敵陣へ乗り込み戦う。しかし討死することは無く怪我はするものの必ず生還したという。

その感覚が現在もあるというのだ。

若い頃から多数の事故に出くわし、怪我はするものの死ぬことは無い。

一般的には5回は死んでいてもおかしくは無いと思う事故に遭遇している。

しかしこうしてまだブログを書いている(笑)

 

前世の記憶の保管庫と言われるアカシックレコードへのアクセスも何度か試みたが成功していない。

現代で日々起きている現象の「理由」として精神世界を探っているが、「なぜ?」という疑問に明快な解答にはまだ辿り着けていないというのがやはり実感だ。

過去にはこのブログでも「そういう事か〜!」と納得した事もあったが、そう簡単な世界でもなかった。

文字という物を使って精神世界を考え、表現しようとするのだがこれが非常に難しいと実感している。

まずこの世界を的確に表現できる単語が無いのだ。

単語が無いから既存の言葉を組み合わせて文章を作るが、書いてるほうも読んでいるほうも量が多すぎて表しきれない。

こうした事を理解解明していくには、人間が感じている時間の経過というものも理解の助けになるのではないだろうか。

 


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(14:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2014年08月05日 18:51
はじめまして<br>
初めて現れまして。失礼いたします。<br>
素敵なブログですね。<br>
真剣さが心地好い。<br>
<br>
アカシックレコードと呼ばれるものには恐らく、前世だけではなく来世も総て備わっていると思われます。前世や来世、と表現しますとまるで時間が一方方向ですが。<br>
何かの吹き溜まりとする「集合」のイメージは、ピンとは来ません。それなので過去や未来という概念が必要となる感じ、です。<br>
<br>
天才が特殊と言うより、他人を分類して差を付ける在り方の方が珍しいです。その辺に対する感情が何か手がかりかと思われます。<br>
<br>
失礼しました(^^)<br>
<br>
2. Posted by 四季   2014年08月05日 19:59
通りすがりさんコメントありがとうございます<br>
>真剣さが心地好い。<br>
ありがとうございます<br>
<br>
アカシックレコードに来世も備わる、これは深く考えていませんでした。(面白いですね)<br>
我々が未来と定義している事に関しても、まだ矛盾や不整合が多数あるので思考が不安定です。<br>
<br>
今回取り上げた天才は、もしかして個という単位で何かが輪廻転生を繰り返しているという考えの裏付けに貢献できたかもという部分からの投稿です。<br>
<br>
何かの手掛かりになってくるのでしょうかね?

コメントする

名前
 
  絵文字