2014年01月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

子供の頃からずっとやだなと思ってきたこと。
学校へ行けば「いじめ」
社会へ出れば「いやがらせ」
ニュースを見れば「争い」「詐欺」

子供の頃憧れていた世界も、大人になってみれば裏側がドロドロで幻滅。

地球単位でみれば、世界には食料が溢れていても飢餓に苦しむ人もいる。
協力すればもっといい仕組みが作れて、皆がいい思いを出来そうなのに、独り占めしようと対立が起こる。

不満と思えるような事、こうすれば解決出来そうなのにと思える事が出来なかったりする。

実際に自分自身の身に「理不尽」が襲い掛かると、回避できずに巻き込まれたり。

何か事が起これば人は「必ず理由があるはず」と考える。
その理由が現実社会で解決できない事も多数ある。

そこで、もう一つの世界(霊界)に何か原因があるのではないか?と考えたりもする。
現実世界では解決できない理由を霊界に求め、その対策として「無我の境地」を追ってみたり。

様々な理由を求めて人は探求する、私もその一人でありスピリチュアルの世界を探求してきた。

現実世界で理不尽に思えて怒りがこみ上げ、何とか解決しようと奮闘する。

「やだな」と思える事に関しての人の行動はだいたい共通しているだろう。

逆に希望に対しても同じことが言える。

成し遂げたい希望、野望、願望、達成するために必要と思える事、「運」も味方につけようと神社へお参りする。
何度も挑戦し、挫折し、それでも立ち上がり挑戦する。
その挑戦しようとする心に家賃や税金、食費、投資資金と障害が立ちはだかり、挑戦回数が増えれば増えるほど、障害も威力を増して邪魔しようとしてくる。

ごくごく一般的な参考である。

スピリチュアルの世界を探求していくにあたり、自分自身もこの世界で言われている事を実践してみたりもしている。

「平常心」「無我」「動じない心」

すると、どうなっていくか?

元々自分自身の性質も影響してくる事であるとは思うが、それも加味して俯瞰(ふかん)してみる。

年齢が若い頃は、挑戦心が強く体力もありチャレンジャーであった。
年齢が高くなると、体力気力が若い頃より衰えるというのは実感しているが、社会の知識も増えてくる。
そのうえでスピリチュアルの世界を探求しているので、自分なりに様々な事が見えてくる。

今現在、社会で起こっている事、これらの興味が薄れてきた。
こうした心理的な事は、「諦め(あきらめ)」という心境にも重なるように思える。

「自我」や「意地」の衝突から「刺激」が起こる。
人々は、実はこの刺激が必要なのではないだろうか?

料理にも調味料として刺激物が使用される。
ピリリと辛くておいしいのだ。

コーヒー、タバコ、酒、刺激物を楽しむ。

「やだな」と思える事も摩擦から刺激が生まれる。
「何かへの挑戦」も様々な摩擦から刺激が生まれる。

自分の視線が「やだな」という方向へ向いている時、スピリチュアルの世界で「平常心」「無我」を追求し、不要と思われる刺激を刺激と思わない方向へ向けていく。

その副作用として、楽しい刺激も同時に「冷めてくる」。

結果人生がつまらなくなる。

こうした流れになってしまってはスピリチュアルの探求とは???

ここでまた理由を探してしまう。

では、スピリチュアルの探求は深追いしない方がいいのか?
すると、自分なりの「納得」が出来ずに迷宮の彼方へ旅に出てしまう事になりかねない。

スピリチュアルの世界を探求してきて、なんとなく感じる事が「陰と陽」「プラスとマイナス」「善と悪」等、2極化した世界で話が出来上がっている。

つまり、「やだな」と思える事、「いいな」と思える事のどちらへ自分の意識を向けているかという事が非常に重要なのではないだろうか?

それでも、スピリチュアルの世界は単純な事では解決できない事の方が多いように思える。
結局探求は続くのだが、自分の進む方向は常に「人生を面白くする方向」へ向けておきたい。


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(16:19)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぽん   2014年01月14日 17:11
共通<br>
はじめまして♪<br>
自分におこる出来事に疑問を感じて<br>
こちらへヒントをいただきに<br>
伺うと、いつもリアルタイムな記事が<br>
書かれていて驚きます(T-T)<br>
<br>
今回もたくさんの考えを<br>
シェアさせてもらったため、<br>
何か言葉を残しておきたく<br>
コメントしてしまいました。<br>
<br>
救われた記事を書いていただき<br>
感謝しています。<br>
私も自分の生活と信じる道へ<br>
転んでばかりですが<br>
<br>
進んでいきたいと元気を<br>
もらえました。<br>
ありがとうございました。<br>
<br>
2. Posted by 四季   2014年01月14日 19:07
ぽんさんコメントありがとうございます<br>
何かしらお役に立てているようで、とても嬉しいです。<br>
<br>
一度は完結したと思い込んでいたのですが、やはり疑問は広がり、新たな探求が始まっています。<br>
<br>
また気軽にコメント入れてください。<br>
(^^)

コメントする

名前
 
  絵文字