2013年10月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

あの日、あの人と出会ったから今の私がある。

偶然あそこへ出かけて、トラブルに巻き込まれたから今の君と出会えた。


こうした話は数限りなく存在し、これまでも幾多語られてきた。

運命の出会い、赤い糸、出会うべくして出会った。

これらその流れを何が作り出したのか?


ドラマティックに語れるほどの事ではないが、いいパートナーと出会えて本当に幸せを感じている夫婦もいる。


こうした組み合わせ、人との出会いは何が作用してお互いにお互いを「この人だ!」と思えるに至ったのだろうか?


ロマンティックに考えれば、「神様が引き合わせてくれた」と言えるだろう。

かなりの人が、そうではないかと漠然と思っていたりもするようだ。


ではちょっとここから切り込んでみよう。


世界的に「引き寄せの法則」という事が知れ渡り、自分の思う物、人を引き寄せることができるという法則。

自らの意思で運命の人、恩師となる人を引き寄せたのか?

それとも神様が引き合わせてくれたのか?

神様の引き合わせもあれば、自らの引き寄せもあるのか?

断言できないところがむず痒い。。。


人は何か役割を持って生まれてくるのか?


豊臣秀吉や現代社会の大企業の社長、ミュージシャン他著名人に1月1日生まれが多いと思っているのは私だけだろうか?

何か人々の役に立つ大きな役割を持って生まれてくる人もいれば、エキストラ役の人もいる。これは以前もこのブログで書いてみたのだが、役割を持って台本通りに生きているのであれば、未来はある程度決まっているともいう事ができる。


するとその台本通り必要な人と出会う事もまた決まっているとも考えられる。

人間は現象に理由を見出して納得したい生き物である。

大きな課題は決まっているが、そこまでの道のりは人間の思うように行動し、出会う人もその時の心境で引き寄せているのか?


前世で身分の違いから結婚できなかった二人が数百年の時を経て、現代で出会うという現象を観察したアメリカ人ドクターがいた。

このドクターの所へ相談にやってくる患者さんの話、もちろんプライバシーの秘匿が当然なので患者さんの相談内容は漏れることはない。


そのドクターの所へ通う二人の患者さんは来るタイミングも違うし、面識もないのだが、相談内容に何か関連性がありそうと感じたドクターが、ある日実験をしてみることを思いついた。


患者さんの次回のスケジュールを、この二人のがドクターの待合室で出くわすようにしてみた。そして当日、出会った二人はドクターに紹介され、挨拶を交わすもそれだけで特別な展開は見られなかったという。


それから数年後、とある空港ロビーでこの二人は偶然?出会い、お互いに「あ!」という感じで会話が始まり、やがて結婚したという。

この二人に共通した前世の話は確か以前もこのブログで書いたと思うのだが、モンゴルでの出来事で来世では一緒になろうと誓い合ったという事であった。

この話は、ドクターの著書に書かれているという。


前世で約束し、出会い、運命の人と感じて結婚する。

モンゴルから場所をアメリカに移し、何十年か何百年かの時を経て、同じ世代として現代に生まれ変わり、お互いの思いを果たす。

実にロマンティックな話である。


生まれ変わってきたとすれば、舞台となる場所を決めた方法は?

同じ年代で生まれてきたとすれば、その生まれるタイミングはどうして決めた?


こうした現象に愛し合う二人の約束があるとした場合、このブログ前回終了した結論「この世は様々なことを経験するためのアメージングワールドである」という事になるであろう。


まだ分らないことがある。

空港で出会うタイミングを作り出したのは一体誰?

ドクターの待合室での出会いはドクターがつくりだした。しかしここでは無反応であったという事は、まだ時期ではなかったという事なのか?

では、このドクターが介在しなかった、待合室で紹介されてなかったとしたら?

待合室で紹介されたから、空港で「あ!」という感情になったのか?


こうした出会いの現象は、やり直しが出来ないために、検証は無理である。


すべての人が前世で約束していた人と出会っているのか?

では、約束をするに至る最初の出会いは、何がきっかけだったのか?

出会い、別れを繰り返すうちに最適な人(最適な魂)と巡り合い、生まれ変わっても、と約束するのか?


では、約束などしないで生まれてきた人はどうなるのか?

思い描く素敵な人のイメージを思い浮かべ、引き寄せているのだろうか?


そんなイメージなど持ったことがない、やりたい事に一生懸命であったのに、気が付いたら自分をサポートしてくれている人がいた、という話もある。


約束をしないでパートナーを探している人は、引き寄せの法則を活用しているのかもしれない。

引き寄せやイメージなど持ったことのない人は、逆に「引き寄せられた」のかもしれない。


私自身の事に重ねて考えてみると、私はどうやら引き寄せられた可能性が高いように思えて仕方がない。自分自身は将来のイメージなどまるで持ておらず、他の事に夢中になっていたのだが、なぜか結婚のほうへ話が進み、最終的に見てみると奥方の家の事情に私がぴったりはまっている。


こうした状況では、奥方からしてみれば私は運命の人と思えているのかもしれない。

神様の引き合わせという事になっているかもしれない。


しかし数十年の時が過ぎ、私のほうに違和感が蓄積されている。

私にとって運命の人ではないように思えるのだ。


こうして出会い、別れを繰り返し、運命の人と出会う旅を続けているというのも夢があっていいようにも思える。

人の思いや種類は本当に人の数だけある。

何か役割を持って生まれてきたと思えるような人、こんな人もいてもいいかもしれない。

人間の視点で見えてくる価値観は、魂の視点で見ると全然違うのかもしれない。


過去世の記憶で、悲惨な目にあったという事を思いだしている人もいる。

しかしその記憶をもとに、復讐心を燃やすこともない。

その時は当事者として激しい感情の経験をしているのだが、映画を観終わった時と同じように前世での出来事なのだ。


では、運命の出会いを引き寄せるとしたらどういった現象になるのだろうか?


これまで数多くの話や書籍ブログなど見聞きして最近なんとなくイメージできる事がある。

人の意識と無意識、無意識を呼ばれる領域はIQが30程度だといわれている。

無意識の領域は、意識の領域が思う事、見る事、感じることをじっと感じていて、そのイメージだけがどんどん蓄積されているのではないだろうか。


引き寄せの法則も潜在意識が、、、と盛んにいう。無意識の領域の事だ。

人が意識的に見ること、いい気持ちの状態でいることにより、そこで素敵なイメージを持ち続けることができると、そのイメージを引き寄せることができる。

非常に簡略に書くと、これが引き寄せの極意のように言われている。


しかし、たとえ両親が素敵な人で、そこに生まれてきた子供にどれだけ素敵な環境を提供しようとしても、その子供が生まれながらに持っている性質のようなものは変えることが難しいようにも思える。


この辺りがとても表現の難しい部分であり書き方に困ることでもある。


学生の頃、落雷を実験室で作り出すという実習があった。

カミナリ様だ。このカミナリ様、上から落ちてくるのだが、落ちる場所からも実はミニカミナリが出ているのだ。

ちっさなカミナリがチョロっと上に向かって手をだしており、そこへ目がけてカミナリが落ちてくる。


磁石のNとS、静電気、様々な分野で様々な引き合いがあり、引き寄せている。

望むと望まざる全てがこの引き合うという法則(反発もあるが)の現象を見せている。

人間の感情、無意識の領域がイメージする事柄、これがこの法則にのっとり、引き寄せたり反発したりを繰り返しているのではないだろうか?


では先日発生した女子高生が出会った相手に刺殺されるという現象、これもそうしたイメージがあったから発生してしまったのか?

出会うところまでは、引き寄せの法則が発動しており、引き寄せでしまった後は法則は関係ないのかもしれないし、別の理由があるかもしれない。


重大な結果になり命を落としてしまった理由を求めたがるのが人であり、理由が納得できる内容のものであれば、それを根拠に気持ちを静めるのかもしれない。


ちょっと話がそれてしまったが、磁石がNとSで引きあうのはなぜ?

愛し合っているから??

いや、そういう性質を持っているだけの事であろう。

人の引き合う現象はどうして?

ハイヤーセルフと人はつながっていて、そこを経由して思っていることが伝わり、現実の世界で偶然のように出会う事が出来たりするのでは?とも思ってみたりする。


男女の引き合いだけでなく、恩師等との出会いもある。

何かに打ち込んでいる心境で、それを察知し手助けしたいと思っている人の出会い。

目標があり壁にあたり打開策を探している人と、解決の糸口を持っている人との出会い。

人にこれまでの経験を引き継ぎたいと思っている人に、原石となる人との出会い。


これらもまた、それぞれ必要とする相手を引き寄せていると言えるのではないだろうか?


様々な現象を見ていくと、「こうだ!」と定義できそうな事は複数あり、一つだけではなさそうという考えに至る。


運命の出会いと思っているのはもしかして相手が引き寄せてくれたのかも。


では、前世から約束をし生まれたが、その約束を忘れており、引き寄せの法則を知ったので、その時思うイメージの人を引き寄せた場合、どういう展開になるのか?

前世で約束した相手とは違う人と結婚してしまったあと、約束の人と出会ってしまったら?


こうした事がベースになって、不倫であったり離婚、再婚という流れになるのだろうか。

すると神様が導いて出会わせてくれた?という展開は、実は無いのではなかろうか?

それとも単純に約束をしていた二人は当然として、約束などしていないソウルパートナーを探す旅を続けている人は、出会い別れを繰り返しているという考えが出来る。


理想をイメージした事により、そのイメージの吸引力で引き合わされた出会い。


一体人と魂は何がしたいのだろうか?


神の世界は「愛」で満ち溢れている、という言葉をよく耳にする。


人間の価値観と魂の価値観がまるで違う次元であるとしたら?

魂からの価値観の視点で見ると、実は金持ち、貧乏人、障害、地位などまるで関係ないのかもしれない。

その魂の視点という見方は人間という視点を持っている限り、思い出せないのかもしれない。しかし、人間の視点で生きているという感触の中で、愛を見つけるという行為を行っているとしたら、人間社会は魂が愛を見つける為のフィルターという見方も出来る。


人間社会が進化していると思える中で、同時に魂の世界も同様に進化しているとすると?

何のために、や、会社の為に、や、人間の決めた誰かに都合のいいルールだけを見つめ続けていると、魂本来の目的になかなか到達できないのではないだろうか?


今起きている現象に理由を付けたがる人類。

この世とあの世の仕組みを知りたいと思い続けているうちに、これもまた本質から外れてしまっているのでは?とも考えられる。


どういう仕組みかの探求より、何が目的か?を見つけた方がいいのかもしれない。


すると、目的は人それぞれであろうかと思うので、統一見解は無いという事にもなる。


これでは、このブログは終わってしまう(笑)


個々の目的を探す事は、それぞれで行って頂くとして、やはりここでは仕組みに着目し続けてみたい。


実際にこのブログを書いているまさにその時、以前出会ってみたいと思った人と出会う事に成功した。イメージから出会いまで約2週間。

引き寄せの法則は本当に面白い。

些細な事は、すぐにでも実現できてしまう。

もっと様々な実験を行ってみたい。



本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!


↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(00:34)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by maco   2013年10月12日 02:19
はじめまして。<br>
記事の内容が率直で興味深くてスラスラ読んでしまいました。<br>
<br>
たったの2回しか会ったことのない人との出会いと別れから、学ぶことが多くて、そしてもう会えないと思うと切ない気持ちがこみあげてきて…出会いの意味を見い出したくなり、検索してたどりついたわけです。<br>
<br>
シンクロも不思議ですよね。同じタイミングでメールしたり、元気かなー会いたいなーとその人を思い出してから数日後でバッタリ会ったり。<br>
<br>
引き寄せはもうすぐ起こりそうな気がします☆
2. Posted by 四季   2013年10月12日 16:08
macoさんコメントありがとうございます<br>
現代の人がライターで手軽に火をおこしている姿を大昔の人が見たら、それは驚くでしょうね。<br>
<br>
今私たちは、引き寄せを不思議な事と思っている。<br>
未来の人たちは?<br>
<br>
となるのでしょうかね?<br>
<br>
長い事私も人間をやっていて思う事は、やはりその瞬間を味わうというかかみしめるというか、大きな意味で楽しめる事が出来たら、その積み上げで、また楽しい事を引き寄せられる、そんな気がしています。<br>
<br>
本当に引き寄せって面白いですね。
3. Posted by ゆい   2013年10月13日 20:52
Unknown<br>
私の友人に、この人と結婚するかもと思った男性がいたそうです。しかし、彼は仕事をやめて家庭に入ってほしいと望んだため友人は彼と別れました。そののち、相手の男性は彼女と同じような人(職業、年齢、家庭環境など)と結婚したそうです。(友人は独身のまま)<br>
<br>
その話を聞いて、運命の相手と言われる人には何パターンかあるのではないかと思いました。<br>
<br>
�@特定の人(変わりはいない)<br>
�Aお互いに何らかの経験を共有するための人(候補者が何人かいる)<br>
�Bその他(笑)<br>
<br>
<br>
「引き寄せ」と「創り出す」は、あちらの世界では同じ意味なのかもしれませんね
4. Posted by 四季   2013年10月14日 13:19
ゆいさんコメントありがとうございます<br>
非常に興味深いお話ですね。<br>
その彼が望んだこと、その女性そのものなのか、その女性の周辺環境含めた条件を持つ誰でもいい女性なのか?<br>
<br>
双子の女性と結婚された男性は、外見は似ているが中身が全然違うからこの人(特定の女性)でないと、という話もあり、逆にどちらでも同じという話もありました。<br>
<br>
こうなってくると、特定の法則とか定義等はそれぞれケースバイケースなので、いいという事にもなってしまいますね。<br>
<br>
現実我々の世界の「意思」が主体なのか、あちら側の誰かの「意思」によりこちらの世界が動くのか?この辺り、まだまだ不明なことだらけで、探求が続いています。<br>
<br>
分からない事を探求するという事、これが何故か非常に楽しいので、やめられないです(笑
5. Posted by ゆい   2013年10月15日 09:18
お釈迦様の手の中<br>
>現実我々の世界の「意思」が主体なのか、あちら側の誰かの「意思」によりこちらの世界が動くのか?<br>
<br>
私に限った場合ですと、あちらが指定する範囲内であれば私の自由にしてよいと感じられる事が多々あります。<br>
<br>
私としては大いに不満でスト・ボイコットだ!てな心境ですが(笑)<br>
<br>
孫悟空のようにいくら飛び続けてもお釈迦様の手の中。そんな感じです。<br>
<br>
この世に生まれてくるのは私一人の意志と言うわけではなく、私を含めた大勢の意志と言う感じがします。<br>
<br>
こうかいていて、大勢とは?とまた新たな疑問が。この手の探究は芋づる式に疑問がつながっていきますね(苦笑)
6. Posted by 四季   2013年10月16日 18:38
ゆいさんコメントありがとうございます<br>
そうですね、オリエンテーリングのようにチェックポイントの指定はあって、そこへの経路は各自自由といったイメージは私も持っています。<br>
<br>
しかし、全体的な構成を俯瞰してみた時、ピラミッドのように頂点からの指示で全体が動いているようにも思えない部分もあり、全体は「円」のイメージも考えられるのです。<br>
<br>
単純に「法則」に従って淡々と動いている中に、意思と疑問を持った私たちが「なぜだろう?」と悩んでいるような。。。<br>
<br>
終わりの無い探求かもしれないですね(笑
7. Posted by さら   2013年11月19日 05:12
神様<br>
もう、読まれたかもしれませんが、参考に。<br>
<br>
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51906501.html
8. Posted by 四季   2013年11月19日 17:28
さらさんコメントありがとうございます<br>
見たことはありませんでした。<br>
非常に興味深い内容ですね。<br>
クォークの理論の辺り非常に納得できる内容でした。<br>
ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字