2013年09月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日の出とともに起きだして、仕事をしてお金を稼ぐ。

稼いだお金で食事をしたり、生活したり、楽しんだりする。


その昔、はじめ人間ギャートルズの頃(これは古すぎて知らない人もいるかな。。。)

お金という概念は無かっただろう。


男は外へ狩りに出て、獲物を持ち帰る。

こんな姿をテレビで見せられてきたからか、当たり前に思っているが多分事実なのだろう。

それから種を植えて穀物等を収穫し、調理して食べる。


どこでどのようなタイミングで、物々交換が行われたのか?

交換という考え方が相手に伝わるには、意思の疎通が必要であろう。

アイコンタクトだけでお互いが納得する交換が行われたとは思いにくい。

何かしらの言語が発達してきたのだろう。


もしかしたら、沢山獲物が取れたから、近くにいた仲間に分けてあげるという行為があったかもしれない。

その行為にお礼として穀物をあげたりしてグループが出来上がっていったのか。


中世ヨーロッパでは税金のような意味合いで、鶏や卵、布、等様々な物を貢物として上納していた。


この姿を他の大陸や島国にいる人々が見ていたわけでもないであろうが、似たような行動をとっている。

一時期「101匹目の猿」等と言われて話題になった。

同時期に別々の動物が同じような行動をとるという。


根本的な部分に何か共通項があり、別々の場所にいながら進化というか、時間の経過と共に似たような発展を遂げるという性質があるのだろうか?


種類は違えど「言語」があり、互いに協力し、自分の得意分野を活かし、他の人の不足部分を補う。

男性と女性の違い、男性だけでも農耕が得意であったり狩りが得意であったり、道具を作るのが得意であったりと分野ごとに分かれていく。今の社会構成もその基本的な枠組みは同じであろう。


現代社会ではインターネットの普及で、知識の共有化が劇的に進んだおかげで、今まで知りえなかった情報を大量に得る事が出来るようになり、101匹目の猿と同様に一斉に同じ方向へ動くという現象も出てきている。


巧みに仕組まれた陽動もあり、踊らされているという見方もあるにはあるが。。。

ハーメルンの笛のように。


スピリチュアルで言われている「引き寄せの法則」、こうした法則を誰でも簡単に実行出来てしまう世の中になったとしたら?


引き寄せがうまくいった♪と盛んに欲しかった物をプレゼントされたとか、当たったとかブログに書いているのを見た。

誰もが引き寄せで欲しいもの、食糧であったり住居であったり衣服であったりアクセサリーや名誉、等々引き寄せていたら?


誰が食糧を作る?

誰が家やマンションを建てる?

アクセサリーを誰が作る?

誰が何かの大会等を主催して名誉というカテゴリーを作り、維持する?


こうした書き方をすると、そのような極端な状態にはならないという反論が必ずある。

極端な状態にならないとは、働いて食物を生産する人がいる、この人には引き寄せは出来ない?

いや、やらない、ではなぜ?


生きがいが無くなる?


タダでもらい続けると、価値観が薄れ、当然のようになる。


しかし引き寄せのやり方等を見ていると、当然のような感覚になると引き寄せが成功する、とある。


周囲の人たち皆、引き寄せが成功し、衣食住&娯楽の全てを手に入れ、優雅に過ごしている姿を畑仕事をしている人が見たら?


自分もやってみよう!こう思うだろう。

思っただけで引き寄せて、イメージしただけで入手できる。

まさしく「魔法」のような出来事であろう。


しかし、引き寄せのやり方を詳しく見ると、イメージに行動が伴わなければ成功しない、という事も言われている。

人類の役割分担で自分が出来る事を何か行い、それ以外のものを引き寄せる?


なんだか話の内容が苦しくなってきたような。。。


しかし自分の経験上、これは引き寄せが成功した例であろう事もある。

「なぜか分からないが私の口座へ800万円が振り込まれる、だれが振り込んでくれたのか分からないが、ありがたい」

こうイメージし続けた3か月後、様々な事が重なり本当に800万円が私の口座へ振り込まれた。


また、別の人の体験談では「大金が欲しい」とイメージしたら、その数か月後数千万円のレベルで大金を得た。

という人もいる。しかし、この人は大金が欲しいというイメージだけでいた所、子供が大事故にあい、その慰謝料であったとう。

こうした事から、やみくもにイメージするのは恐ろしいとも語っていた。


引き寄せでは、理由はどうでもよく結果だけをイメージすると成功するというが、これではあんまりだ。


表向き「引き寄せ」という題目で言われているが、実は何か他の要素が作用しているのでは?

等と思ってみたくもなる。


こうなってくると、登場するのが「カルマ」とかスピリチュアルの「前世」での何かという流れになってくる。

この分野を使い、説明を始めるとどのようなストーリーでも説明出来てしまうので、迷宮入りとなってしまう。


現実社会で言われている「成功の法則」、これを実践すれば・・・しかし実際は「8:2の法則」と言われるように成功するのは2割程度である。


私自身も他に引き寄せをやってみてはいるが、成功したもの、まだ成功していないもの、それぞれある。

では、この差は何か?


自分では右へ行きたいと思いながら、なぜか結果左へ行ってしまい、目的とする成功であったりする事に辿り着けたり、難を逃れたりすることもある。

自分の意思とは違う何かの影響で、という現象。

こうした現実世界で説明がつきにくい事を霊的な現象としてこれまでも言われ続けてきた。


これらも何かこの世の法則として何らかの傾向が生まれる仕組みがあるのではなかろうか?


神に祈っても、病気や事故等で亡くなる方もいる。

どれだけ引き寄せようとイメージしても、金メダルを取れる人数は決まっている。


日本の体操選手で金メダルを取った人の話を講演会で聞いたとき、その方もイメージの重要性をテーマにしていた。

試合会場へ向かうバスの中で、イメージの中の演技を行った所、完璧に出来て自分が金メダルを首にかけてもらう姿がイメージできた。

試合前のバスの中で、既に金メダルを取り、涙を流している時「会場に着きましたよ」と肩を叩かれ、我に返ったと。

結果、その日完璧な演技で金メダルを取ったという。


しかし、これは他の国の選手も同じことをしている。

イメージトレーニングはスポーツの世界でも皆当然やっている。

その中のだれかが金メダルを取るのだ。

で、自分はイメージで・・・


誰が金メダルを取っても同じことを言うという結果になる。


恵まれた肉体があり、厳しいトレーニングを行う、イメージトレーニングも行う。

優勝できる差は一体どこにあるのか?


金メダルを取れるように守護霊が後押しする?


生まれた時から金メダルを取れる人は決まっていた?


歌手の近藤真彦は生まれる前からレコード大賞を受賞する事が決まっていた、という霊能者のブログだったか忘れたが、そんな事が言われていた。


生まれる前から決まっているような事では、レコード大賞も金メダルも、挑戦するだけむなしくなりそうである。


しかし、そこまで大きくないレベルでは引き寄せが成功するという傾向があるようにも思える。

仕組みや理由、原理が分からないから人間面白いという考え方も出来る。

輪廻転生では、前世の記憶を消して生まれてくる、だから再度新鮮な刺激として楽しめるという考え方もある。


現代の人間社会も、独裁者が出て恐怖政治を行い、国民を管理するも結局は崩壊し、民主主義のような多数の原理の世界が出来上がっていく。これが自然の流れなのだろうか?


私の思考の癖なのか、分からないが、スピリチュアルの世界から探求しても、現実社会の傾向からの探求でも同じ所に辿り着いてしまうように思える。


何か他の切り口を見つけたら、そこからもまた探求してみたい。


本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!


↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(03:32)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 隣の誰か   2013年09月21日 22:01
Unknown<br>
見えない何かに後押しされる引き寄せ<br>
でも必ずそうなるとは限らない<br>
<br>
・引き寄せも辻褄合わせからは逃れられない<br>
・辻褄合わせが困難なほど、効果はでにくい<br>
・引き寄せは自分だけのイメージで考えがちだが、他人の影響を受ける。他人が自分の失敗を望めば、相殺されてしまう<br>
<br>
金メダルの例を上げれば、金メダルを手にするのは一人<br>
辻褄を合わせる為に、他の人は失敗という結果が出る<br>
引き寄せは万能ではない、ただの力の一つというのが私の考え
2. Posted by 万年   2013年09月21日 22:35
Unknown<br>
私も引き寄せに関して、<br>
さんざんチャネリングをしてみましたが、<br>
どうやら、意識の拡大に関係があるような気がします。<br>
意識の最小単位を個、自我とし、<br>
そこからどれだけ意識を拡大したかで、<br>
実現度、現実に対する影響の度合いが変化するような気がします。<br>
うまく言葉では表現できませんが、<br>
この世を巨大な意識のカプセルとし、<br>
その中での自分の意識の占有率?、範囲?の大きさによって、<br>
現実をコントロールできる力が変わるような気がします。<br>
<br>
ただ、これを理解するには<br>
意識が拡大した状態と意識が点となっている自我の<br>
状態の違いを感じ取る必要があるのかもしれませんが・・・<br>
<br>
よく言われる利己的な願望は叶いにくく、<br>
利他的な願望はかないやすいは<br>
そのためではないかと思います。<br>
ただし、この法則以外にも願望をかなえるシステムは<br>
存在しているような気がしますので、<br>
同じ、結果が得られたとしても、<br>
どの法則によって、それが実現されたかの<br>
判断は難しいかもしれませんが・・・<br>
本人は利他的と思っているだけで、<br>
利己的な願望もありますので、<br>
それらが説明を複雑にしているようにも思いますし、<br>
実現した場合、実現しなかった場合の結果の<br>
サンプルを正しく分析する必要があるかもしれませんね〜
3. Posted by 万年   2013年09月21日 22:53
Unknown<br>
利己的、利他的という表現は<br>
誤解を招きやすいですが、<br>
うまく表現できないので、しぶしぶ使用してますが、<br>
意識が拡大しますと、自分という枠を超え、<br>
現実世界の一部が自分となっていき、<br>
当然、「現実=自分」ならばコントロールできる・・という理屈になります。<br>
その前に宇宙そのものが意識が描く夢・・ということを<br>
感覚的に理解する必要がありますし、<br>
世の常識でガチガチになっていると、<br>
もう、説明に対する説明に対する説明に対する・・・<br>
という具合に、永遠に本題、中枢に入れないまま、<br>
本筋以外の解説だけで終わり、結局、何も伝わらず・・・<br>
というオチになりそうです(笑)<br>
ですから、巷のハウツー本では<br>
その辺を抽象的に端折って、説明しているようにも<br>
思います。なので、その説明のとおりにしても<br>
出来ないのかな〜 と思います。<br>
それと、たぶん読む人の意識レベルによって、<br>
かなう人とそうではない人に分かれるのではないでしょうか?<br>
願望が多い人は自我が強い人ですので、<br>
引き寄せはかないにくく、結果的に<br>
失敗例ばかりが増えていき、引き寄せはインチキという公式が出来ているようにも思います。<br>
<br>
さて、真相はいかに(笑)
4. Posted by 四季   2013年09月22日 23:06
万年さんコメントありがとうございます<br>
そうですね〜 利他的、よく言われますね。<br>
これは通常の感覚の人が「そうであって欲しい」という理想なのかもしれないですね。<br>
しかし現実には利己的な人が富を独占していく現状が目につきます。<br>
<br>
人の能力のようなものを見る事が出来る霊能者に依然出会いました。<br>
引き寄せを出来ている人、出来ていない人がいるような事を言っていました。<br>
<br>
そこに何か違いがあるようです。<br>
<br>
自分の経験からすると、引き寄せがうまくいくときは利己的利他的関係なく、非常にデリケートな感覚がツボにはまったと言うか、リズムに乗せる事が出来たというか、精神的な部分が非常に重要だと思いました。<br>
<br>
こうした非常にデリケートな感覚が出来る人出来ない人を分けているから、全ての人が簡単に・・・とはいかないのが現状なのだろうとも思えています。<br>
<br>
ならば、そこを追求すればもっと可能性が広がるのか?<br>
そう思う人が成功者として既にセミナーを盛んに開いていますね。<br>
<br>
そのセミナーの内容を拝見していると、賛同しがたい内容が多々あるので、まだ未開拓な分野なのだろうと思っていたりもします。<br>
<br>
取り組むテーマとしては非常に面白いと感じているのも確かなのです。
5. Posted by 四季   2013年12月24日 01:59
隣の誰かさんコメントありがとうございます<br>
>引き寄せは万能ではない、力の一つ<br>
<br>
確かにそのような解釈が一番しっくりくるかもしれませんね。<br>
出来る人できない人、引き寄せ力の強い人弱い人。<br>
人間の使える能力の一つだが、まだよく解明されていない分野だと思われるので、これから生まれてくる人で資本的にかなわない状態からの逆転に大きな武器となりうる可能性が非常に高いですね。<br>
<br>
これを集団で行ったらどのような現象が起こるのか?<br>
個人でしか発揮できない能力なのか?<br>
人間界だけで解決できる分野なのか?<br>
<br>
スピリチュアルで言われている、人間の役割が関係するのか?<br>
はたまた背後からのサポートをしてくれる力関係の強弱も関わるのか?<br>
<br>
単純に人生の筋書が決まっており、その通りに動いているだけで、人間が勝手に解釈しているのか?<br>
<br>
自分が生きている間に解決、納得できるかどうかも疑問に思えてならない法則ですね。<br>
<br>
コメント見落としていて、お返事が遅くなりました。
6. Posted by 中年無色   2015年04月06日 00:38
こんばんは、検索から来ました。
少し読み進めこの記事を見つけたのでよろしくお願いします。

皆さんどんな方法で稼ぎ余暇を生み出しているのでしょう?

自分など、無職が続けばやる気なく一日中ぐうたらネットサーフィン。
いざ仕事をすれば気疲れ帰宅、ネットする余裕もなくバタンQ…


つくづくお金と時間と気力の【余裕】あってのスピとか精神世界だなぁ
と思い知らされる今日この頃であります。
ありがとうございました
7. Posted by 中年無職さん コメントありがとうございます   2015年04月06日 03:26
>少し読み進めこの記事を見つけたのでよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

最近本当に社会に余裕が無いですね。
だから、ちょっと何かするにしても厳しく細かい。
仕事として顧客応対をする側も、規則が厳しくて大変。

こんな余裕の無い、ギチギチな社会では自分の事や精神世界の事等考えるのも疲れてしまう。

そんな余裕の無い中で、出口の無い理不尽な問題に遭遇して精神世界へ深く入る方もおられるようです。

私は幼いころから不思議な体験をし(霊が見えたりはしませんが)、やたらと霊能者と縁があり、理不尽な目に散々遭いました。

そして宗教団体から次々と勧誘されて、随分長い時間をその教義と向き合わされました。

そこで感じたのが「話に矛盾がある」という事。そしてその矛盾を解決する為に「あの世」を活用し、「霊界」を都合よく使っているという事。

私には納得できるだけの理解力が無かったのか、単純に矛盾が有ったのかそこはあまり気にせず、どうして人はこんなに精神世界に入り込むことが出来るのだろう?

とか、教義として聞かされた内容と自分の不思議体験が一部共通している事もあったりと謎だらけになり、かれこれ30年以上考え続け、ここ2年位で自分の考えをまとめてみる為にブログを書き始めたという経緯です。

その間仕事が忙しく中断もありましたが、やはり気になるという事で精神世界からなかなか離れる事が出来ない。。。となり、未だ書き続けている、という人もいます(笑)

本当に何なんでしょうね?この世界。。。

コメントする

名前
 
  絵文字