2013年02月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

みょうじいさん、チャネリングメッセージありがとうございます。

このブログを読んでくださる方々には、チャネリングでメッセージを受け取る事が出来る人が多数いるようで、メッセージを頂きました。

メッセージが長いので、インラインという書き方で、メッセージの途中に私の解釈を入れてみたいと思います。

基本的に否定も肯定も偏らないで見るというのが私の心情なので、疑問点は単純に「何故?」と疑問を入れてみたいと思います。


〜〜〜〜ここからメッセージ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

陰陽は2元ですので、そのままでは発展がありません
なので、始まりの根源と3柱で螺旋を描き悠久の流れを作ります

偶数は分けることができます、だから停滞を生み進展を望みにくい
奇数は分けることができないので、無理やりにでも進展を生み出せる
保守を望む面では革新は嫌われ
革新を望む面では保守は疎まれる

(四季コメント)*************************
確かに陰陽は2つの言葉での表現ですが、次元と言う言葉の解釈の違いかもしれませんが、2次元というと「平面」という捉え方では無く何かの「きっかけ」(水面に何かが落ちて波紋を生み出す)から、その反動が広がり、各方面に影響を及ぼすまでのタイムラグも含めて私は捉えています。

更に現実社会も霊界も立体の空間の中で繰り広げられているドラマなので、次元という表現で言えば「四次元」という感覚になるのではないかとも考えられます。

みょうじいさんにメッセージを送ってこられた方が、どのような存在の方なのか分からないのですが、「螺旋を描く」というイメージはなるほど!と思いました。

私はホーキング博士の言った「ビッグバン」(ある一点から何かが発生し、そこを中心とした波紋が四方八方へ広がるといったイメージでいました。

この全ての起源となるスタートの理由は「解釈」の領域を抜けられない物だと捉えているので、ここへの言及は棚上げ状態です。

そして、偶数と奇数について、これはまさにその通りですね。これは一つ一つの存在の質量と言うか、体積というかがほぼ同一の場合で成り立ちますね。

人間社会の歴史から変化を感じる一面として、戦争の歴史があります。「国vs国」の戦い。
最近では様々な要因があり、情報の共有化も進み、おいそれと国として戦争を仕掛けるのが難しい状態となっている。

「何かの意思を通したい」という欲望(領土を広げたい、海益を得たい、宗教の考え方を曲げたくない、他)から衝突が起きています。

この意思を通すために戦争という手段が用いられてきたが、最近では「情報戦」「ゲリラ戦」「騙し」「陥れる」「色仕掛けで権威を落とす」等様々な手法で「意思を通そう」と変化してきました。

大きな塊の「国家」の圧力に負けない為に「テロ」という手段に出てこられると、「1国家」vs「多数の個人」という「対立の単位」が変化しています。

解釈の仕方が本当に難しくなっているという今の印象です。

******************************************(四季コメントここまで)


水を形作るのは器です
器に収まる水の量では、水は停滞し澱み死に絶える
器を越える水の量で、水は対流を生み出し、悠久の流れを作り出す
器からあふれた水を再び注げば、それは永遠の流れと新しい生命が循環する

心の臓の本質は、筋肉の帯である事をしれば、地球の核を覆うマントルも似たようなものであると言える
地球は自転、公転だけでなく、マントルの運動こそが地球の気脈と言える
表層を走る地球の気脈は、器より零れた水に等しい

人の存在意義の本質は地球の一部分であり、運営管理の要の一つである
人の気が澱めば、地球の気も澱む
その役目を担っていたのは、太古は大気であり、水である
そこから進展されて大地が生まれ、生命でが担う
更に進展されていき、植物になり、更に進んだ生命達であった
そして、今は人である
しかし、地球の進展は止まらない
いずれは人に代わる存在が生まれるでしょう
まだまだ、地球は若いのだから

人は魂の器といわれるが、ならば何故に自我があり、意識があるのでしょう?
魂だけでは進めず、自我と意識だけでは互いを引っ張り合い停滞する
魂、自我、意識の三柱がそろって人は動けるのです
魂の集う場所はどこか?
その場所を言い表せる表現と概念を生み出せていないとしか言えない

依存する魂と自立する魂の違いを区分けできるようになるといい

善悪の二元論はつたないが、積み上げる基礎としてみれば重要
だけど、それだけは収まらないのが理

〜〜〜〜メッセージここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

途中コメントを入れさせていただきました。
後半を読んで起こった事。

人の成り立ち、地球との関わり等大局的な概念は伝わりました。

「自我」と「意識」と「魂」が3つ揃って人が動けるという概念なのですね。

その「目的」がどこにあるのでしょう?ここが何時も私の原点なのです。

私が疑問として探求している部分、「魂」は何の目的で人と融合して活動しているのか?
スピリチュアルの世界で言われている「自我から解放される」というニュアンスにも見えるように邪魔者扱いされている「自我」の存在目的は、人が活動する為?

「自我」と「意識」を分けて表現しているのですが、この境目について今の私では表現しきれないと思う。

このチャネリングメッセージは、非常に深い意味合いを文章全体の裏側に秘めているように感じます。

その感じた事を文字として表現する事は、非常に難しい。
難しいながらも、「表現する」という事に挑んでみようと思う。

まず、このメッセージを最初に読んだ時の印象。

この「みょうじい」さんという方、プロの霊能者ではないか?

最初の直感で思いました。(プロの霊能者の方を軽視しているという事はありませんので誤解をなさらないで頂きたい)

次に感じたことは、私の疑問として提示している事に対して、何というか「規模が違うんだぞ」という印象と表現したらいいのだろうか、「霊界」は人間の知識で想像しているレベルとは桁違いなほどに高度で大きな存在であるという印象。

そこには「威圧的な感覚」は全く無く、人間の持っている時間の感覚とはかけ離れた時間の目線で見ているといった印象がありました。

そして最後に、これは正直に書いてみますが「もやもやとした印象が心に残りました」。

私のレベルでは全て受け入れていく事が出来ない内容なのか、何か見過ごしていて本質を理解できていないのか、自分自身の心の解釈が出来ない状態でいるのです。

これに引き続き、このメッセージの続編を頂けることが出来ればもう少し解釈が進むのかもしれません。

ご希望に応えられるほどの解釈が出来ず申し訳ないなと思いながら、

みょうじいさん、メッセージありがとうございました。




本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(15:19)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 万年   2013年02月20日 23:54
Unknown<br>
>私が疑問として探求している部分、「魂」は何の目的で人と融合して活動しているのか?<br>
<br>
目的というよりは法則かもしれませんね。<br>
磁石のNとSがくっつく目的は?のような<br>
問いかもしれません。<br>
<br>
以前、人間の意思に関して<br>
しつこく探ったことがあったんです。<br>
結論としては<br>
記憶が人格を形成しており、<br>
それが人間の行動をプログラムし、<br>
計算どおりの動きをさせているに過ぎない・・と。<br>
認知症患者や幼児を観察していても<br>
そんな気がしました。<br>
<br>
多重人格者の情報と<br>
チャネリングを元に探りました。<br>
<br>
魂も膨大な記憶からはじき出された意思の元、<br>
プログラム通りに、法則のように<br>
行動を起こしているに過ぎないような気がするんです。<br>
ひたすら、コンピュータが演算しているようなイメージですね・・・
2. Posted by 四季   2013年02月21日 00:36
万年さん コメントありがとうございます<br>
自らが考えているようで、実は法則通りに展開しているだけでしょうかね?<br>
<br>
それなら、自我を感じるこの感覚が更に不思議に思えてきてしまいます(笑)<br>
<br>
野生の動物は法則通りに「我欲」ではなく「本能」で動いていますね。<br>
これならプログラム通りという見方に納得できますが、どうなんでしょうかね?<br>
高度なプログラムだと、感情も含めているのでしょうかね?
3. Posted by ジェラルミン   2013年02月21日 10:27
Unknown<br>
我欲を持たない自然界のほうが<br>
実は遥かに高度なプログラムだと考えると<br>
<br>
感情回路を持った人間のほうが<br>
「我欲に振り回され」バグやエラーを頻発し<br>
メインシステムに支障をきたしている<br>
という見方もできませんか。<br>
<br>
ちなみに自然界には<br>
「種の存続に繋がる深い愛情」というベーシックなプログラムは存在します。
4. Posted by 万年   2013年02月21日 20:19
Unknown<br>
>自らが考えているようで、実は法則通りに展開しているだけでしょうかね?<br>
<br>
そんな気がします。<br>
多重人格者の記憶の分離や統合あたりに<br>
ヒントがありそうなんですよね・・・<br>
<br>
Aさんが持つ記憶を分離させると、<br>
Bという人格、Cという人格が生成される・・<br>
Aさんの人格 = Bの記憶 + Cの記憶 となります。<br>
それぞれBさん、CさんとしてAさんの中に存在していることを考えると、人格とは単純に記憶から生成された行動パターンなのかな・・と思います。<br>
<br>
自然界も物理法則によって動き、<br>
人格もプログラムどおりに動く・・・<br>
高度な自己学習型の人工知能も<br>
人格と見分けのつかないレベルまで<br>
発達できるような気がするんです。<br>
<br>
人間は複雑なようで、<br>
実は複雑ではないのかもしれないです。<br>
<br>
相手の感情さえ読めれば、<br>
人間のように違和感の無い、<br>
コミニケーションが出来るような気がします。<br>
<br>
潜在意識は全ての情報を蓄積しているとも<br>
言われていますよね・・・<br>
その全ての体験(過去世も含む)を加算した数値?が<br>
人格として出力されているのではないでしょうか?
5. Posted by 四季   2013年02月24日 01:22
万年さん コメントありがとうございます<br>
遅くなりました。<br>
最近私が感じているのは、DNAの不思議というテーマから、この仕組みが面白く、様々な環境による影響が多様な属性を積み上げて、その結果新たな刺激に対する反応が展開するという、少々ややこしいですが、属性の積み上げが法則通りに動いているという感じです。<br>
<br>
法則による現象の出現数が60億通りあれば、一人ずつの反応は違えども人口が増えれば似たような反応を示す人が現れるのかと。<br>
<br>
また二子などの場合は、DNAというOS(オペレーティングシステム)がバージョンまでほぼ同じで、育成環境もほぼ同じことから、似たような行動パターンが出来上がってくるのでは?と思っています。<br>
<br>
明確な意思を持たないが、ある程度の個性のあるネコやイヌ等はパターンが少なそうですね。<br>
<br>
ん〜ややこしい。。。

コメントする

名前
 
  絵文字