2013年01月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このブログで知り合いになった万年さんが、前回に引き続き2回目の質問チャネリングを行ってくれました。

内容はこちらをご覧ください。
「万年素人なチャネリング日記」

万年さんありがとうございます。


全体の印象から感じた事、やはり人類は「あちら側から管理」されているといった内容でした。

そして「大人の事情」ともあった。

視野が広がって、比喩した説明が不要な位意思が伝わるようでは人間として生きていないとも。

前回の内容と今回の内容も合わせてみると、「成長」「学び」が必要な段階に人類があるといった所か。

人間社会で考えてみると、この人類が生きている空間は「あちら側」から見れば「学校」のようなイメージに聞こえる。

人間社会の学校では、「目標」があり、「校則、規則」があり、「指導者」がいる。

様々な指針が存在し、その精神を踏襲して成長する。

大阪の問題となっている高校のように人間社会でも「間違えとされる指導者」は存在する。

また、教師単独でなく学校単位や、部活単位等様々なグループごとに「常識」が違っていたりする。

このグループ単位で報道されるような大問題が発生しなければ、その「常識」は「正しい」とされ受け継がれていく。

「あちら側」から見た学校のような存在の人間社会には、指導者はいない。

実はこの人は霊界からの使者で指導者なんだよ、と言われている人は存在している。

しかし、そこに確信が持てないからこうして探っているのだが。

これまでのスピリチュアルの話が正しいと仮定して、「霊的成長」「我を捨てる」とされている。

しかし、人間社会はそれとは全く反対の方向へ向いている。

今の人間ではそうしないと生きていけないからである。

もう既に生涯お金に困らない人はまるで別の生き方をしていたりもするが、えてしてそうした人たちには深刻な悩みは無かったりする。

その昔宗教団体の方が、「そうして溢れるほどお金を持っていると霊的に成長出来ない、だから我々は今お金を持ってはいけないんだ」と言っていた。

そう言って40歳を過ぎて独身でも毎日朝晩と凄い速さでお経を読んで、毎日宗教団体の活動を行っていた。

それはその人の生き方なので、何も問題は無いのだが、そこへ私に入れとしつこく勧誘してくるので困っていたのだ。

結局、「学び」にしても「成長」にしても全て「心の中での事」なので、目に見えない。

進む「べき」方向、あえて「べき」を強調したが、〜「すべき」という概念は霊界には存在しないとされているが、どうであったかな?

「学び」や「成長」についてスピリチュアルで様々言われているが、ここに確証が持てないし目的が分からない。

「学校」という位置づけにしては難しい環境の中に我々は生きている。


「大人の事情」

気になる。。。

人間として生まれてくるには「魂」が転生してくる。

そして「霊界」の記憶を「消して」くる。

その時「魂の中には目的が埋め込まれている」。

実は人間社会は、そういった事情の為何度でも転生してやり直しが出来る、という事実(仮定)を人間に完全に知られてしまうと、人間社会では「自殺者」が一気に増えてしまう可能性が考えられる。

前回の万年さんへお願いした時、「実は私は答えを全て知っている」という返事を頂いている。

そう、知っているのだ。

それを敢えて忘れて転生してきた。

私も学生。

答えを全て知っていては「新たな経験」として「新鮮な気持ち」で経験することが出来ないからなのか?

この辺りのもっと細かく複雑な事情がありそうなのだが、この辺りを指して「大人の事情」といった表現になっているのか。

しかし、全て答えを知っている「魂」がなぜ、何を学ぶ必要があるのだろうか?

「魂」も知識として知っているだけではなく、新たな気持ちで経験する事が必要?


学生時代に私はギターを演奏していた。

ライブ等で、アドリブギターソロの時、自分の感情が盛り上がっているその時、「思いもよらないソロ」を演奏する時があった。

後で録音を聞いてみても、自分でどう弾いたのか分からない。

自分で自分が演奏したソロをコピーしたりするという事もあった。

演奏している瞬間はリズムに乗って、その瞬間に勝手に指が動いているのだ。

ギターを演奏した人たちならこの感覚を分かっていただけると思う。

この時の感覚はもしかして、チャネリングと同様な現象が起こっていたのか?と思う事がある。


チャネリングというテーマからスピリチュアルで言われている事で私に知識として入ってきた事柄を探ってみた。

「あちら側」は物質的にどのような物かは置いておいて、何かしらの存在があるように思えてならない。

こういった感覚ははるか数千年前の人類が既に持ち合わせていた感情である。

未だに解明できない。

万年さんが聞いてくれたチャネリングでのメッセージからは、新しいキーワードがいくつか出てきている。

1.「我がという感覚で世界を支配する時代は終わった」

2.「我を捨てる事が出来れば宇宙のパワーを使える」

3.「チャネリング等は通信手段、誰でも出来るようになる」


1は時代が数十年経過してみて、やはり変化してきたね、という状態になるまで時間の経過が必要

2.3.に関しては、自分自身での実戦で確認することが出来る。

実践してみることにしよう。

宇宙のパワーを使える(現実を自由にあやつれる)というのは「引き寄せの法則」の事を言っているように感じる。

チャネリングは練習してみる。

頭で考え続けても答えは見えてこないと思われるので、出来る事は実践してみる。

「引き寄せ」に関しては、結構出来ているように感じることがあるので、精度を上げてみる事、もっと法則に関しての調査が必要である事に注意して取り組んでみる。

チャネリングは、「瞑想」を行う事によりそこから実践してみる。

これら実戦での変化や気づいたことがあれば、このブログでご紹介したい。

万年さん、ご協力ありがとう。

今後も万年さんの視点で問いかけを続けて頂ければ、それを参考にさせて頂きたいと思います。

また、新たな質問がまとまったらチャネリングお願いします!




本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(01:29)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 園子   2013年01月30日 07:22
Unknown<br>
音楽をなさってるんですね。<br>
私も趣味でバンドを組んだり、一時期は音楽業界にいたことがあります。<br>
なので、後から聞いて自分で弾いているかどうか解らない感覚、解ります。<br>
<br>
ここからは、おせっかいおばさんの戯言として。<br>
<br>
ただ、チャネリングに挑戦・・・個人的にはお勧めできません。<br>
<br>
例えばスピ界に多い主婦層ですが<br>
関わったことで、毎日ホカ弁や冷凍食品しか食卓に並ばなくなったり、というような日常生活の崩壊などが、実はとても多いんです。<br>
<br>
表には出ませんが、関わることで生活破たんする人の数の方が、ランキングで華やかにしている人より遥かに多いことを、とあるきっかけで知ることになって、なので「危険視サイド」の立場です。<br>
<br>
でも、音楽やる方なら大丈夫かもしれません。<br>
音楽は大きなエネルギーですから。
2. Posted by 四季   2013年01月30日 10:24
園子さん コメントありがとうございます<br>
音楽のブランクはもう数十年なので今ではギターも飾り物と化していますが。。。<br>
<br>
実はチャネリングに挑戦は、これまでも何度かやったことがありまして、未だにうまくいかないのが実情です。<br>
<br>
感覚として「生活の崩壊」、この意味よ〜く解ります。<br>
「瞑想」と「スピリチュアルの世界」に入りすぎると現実の生活とまるで反対方向へ行きそうになる自分を認識しました。<br>
<br>
その都度現実へ戻りつつも、引き寄せ等の不思議な現象からスピリチュアルの世界を完全無視もできず、そして今探求といった具合です。<br>
<br>
園子さんのナチュラルと言うか中立的というかの感覚非常に素晴らしいと私は思います。<br>
<br>
「完全にイッてしまわない」ように気を付けたいと思います。<br>
<br>
アドバイスありがとうございます。<br>
3. Posted by S   2013年01月30日 11:09
Unknown<br>
日々の更新ご苦労様です。<br>
なかなか面白い展開で非常に参考になります。<br>
<br>
コメント欄で園子様が言われておられますように精神世界とは危険な面もありますよね。<br>
何事もバランスが大事と思います。<br>
現実世界に生きている以上、現実世界に比重を置くのがバランスが取れた状態と思いますね。現実世界9割に精神世界の探求1割位が最もバランス取れているのではないでしょうか。それを半々もしくはそれ以上割り当てれば現実世界にしわ寄せがくるのは当たり前かもしれませんね。<br>
精神世界を探求すればする程に現実世界の重要性を再認識出来なければ片手落ちでしょうね。やるべき事をやった上での精神世界の探求。そして現実世界には精神世界を探るヒントが沢山あると思います。それを補うための一割か二割の精神世界の追求。<br>
私もおかしくならないよう日々点検していきたいと思います。<br>
4. Posted by 万年   2013年01月30日 19:25
Unknown<br>
なるほど、主婦層ですか・・・<br>
一番大事な家庭生活を幸せに出来ないようでは、<br>
それ以上のものを達成できるはずが無いですよね・・・<br>
たぶん、遠くを見すぎているために<br>
近くが見えないのだと思います。<br>
<br>
新興宗教、投資、ネットワークビジネス・・・<br>
チャネリングといわずとも、<br>
家庭崩壊を起こす要因はたくさんあるかもしれません。<br>
たぶん、その主婦の方々は共通の因子を持っていると<br>
思うのです。<br>
仮にチャネリングを知らなかったとしても、<br>
他のもので家庭を崩壊させてしまうような気がします。<br>
依存しやすいのでしょうね・・・<br>
<br>
主婦に限らず、男性でも、何かにすがりたい人は<br>
同じような悪循環になりやすのかもしれません。<br>
ですから、依存タイプの人はチャネリングに限らず、<br>
その因子を克服する必要があるのかもしれないです。<br>
<br>
私はチャネリングはあくまで趣味でして、<br>
登山やバイク等々の趣味と同じ感覚です。<br>
登山もバイクも命の危険が伴うものですが、<br>
しっかり自分で判断する心があれば問題ないような気がします。<br>
たぶん、チャネリングの向き不向きは<br>
そのあたりが分かれ目になるのかもしれません。<br>
<br>
そのような意味で、四季さんは充分、合格点ではないでしょうか?偉そうにスイマセン・・・<br>
<br>
そして、園子さん、冷静なアドバイスありがとうございます。<br>
私自身の感覚として、危険と思ったことが無いので、それが普通だと思ってしまいました。<br>
たぶん、私の普通は普通ではないんでしょうね・・・(汗)<br>
現実として家庭崩壊を起こした例がたくさんあるということは・・・
5. Posted by ボンド   2013年01月30日 20:38
この場をお借りして<br>
スイマセン、この場をおかりして、万年さんに質問なんですが、前のチャネリング日記は、もう消してしまったのですか?ときどき読みたくなるのですが
6. Posted by 園子   2013年01月30日 20:46
Unknown<br>
四季さん。<br>
Sさん。<br>
万年さん。<br>
<br>
おせっかいおばちゃんで、探求考察するのが好きなおばちゃんの考えに<br>
暖かく優しい反応、ありがとうございます。<br>
<br>
※Sさん、園子に様をつけるのは・・・・AKBの麻里子様みたいで、ちょっと(笑)<br>
<br>
四季さんは音楽。万年さんはバイクや登山。<br>
なーるほどと想いました。<br>
<br>
私の場合かつて、勝手に話しかける何かが五月蠅い時<br>
(普段は翻訳拒否 無視すると決めた時は聴こえないことにする)<br>
音楽を聴きながら車をかっ飛ばすという趣味の時間の中で、勝手にしゃべれば、でオープンにしていました。<br>
<br>
何故か。<br>
<br>
車を運転する。音楽を聴く。<br>
この二つのことに脳が使われるので、話しかけてくる胡散臭いものに対して、脳がすべて利用されることが出来ないから。<br>
なんじゃないかな、と。<br>
<br>
今はあっさりきっぱりかけますが、最初の頃は色々大変ではありました。<br>
別に聞こえている感覚は無くても、なんだか頭の中がざわざわがやがや猛烈な砂嵐のような状態になると<br>
車に飛び乗って音楽をかなりのボリュームで聞きながらゴーゴー走っていたりしました。<br>
<br>
あと、音楽のほか、文章は昔から書くのが好きで<br>
文字や絵を書いている時は、具体的に聴こえていたとしても<br>
聞き流しているラジオのような感じで処理できます。<br>
<br>
なので、主婦という職業の場合<br>
脳への干渉?が100%に近くなりやすい条件がそろっている・・・?のではないかという私的な考察です。<br>
<br>
可哀想なのは子供達。<br>
ちょっと訳があって、子供さんから「お母さんには内緒で・・」と<br>
身の切られるような相談を受けたこともあります。<br>
<br>
それと会社勤めなど対外的に仕事人としての立場がある方だと<br>
「あの人ちょっと変だ・・・」とか<br>
「最近人が変わった・・・」等の仕事がらみで他人からの疑いが入る可能性も高いので<br>
なんらかのストッパーもしくは、操作が入るのかもしれないとも考えています。<br>
万が一利用されていても、です。<br>
<br>
男性の場合は、鬱になったり、記憶障害等になることが多いような気がします。<br>
気付かないだけで、脳は疲れはてている。<br>
<br>
そう言う意味では「スピを商売にしている。なりわにしている」人達は<br>
かなり怪しい・・・・・と考えることもできます(笑)<br>
<br>
なので、ばっさりいきたい気持ちもないではありませんが<br>
でも、それぞれ、その立場になってみなければ理解できないことが沢山なると思いますし<br>
一端、間違いないと信じた世界を<br>
他人からの否定で再度考えなすというのも、これもなかなか困難だとも思います。<br>
それぞれの立場から、それぞれの考えを真摯に発信していくことが賢明、そして<br>
もうそれしか残されていないのかな、とも思います。<br>
<br>
四季さんのアプローチ、それに応えた万年さん。<br>
コメンテーターの皆さんの存在に、心強さを感じています。<br>
<br>
毎回長くて、ごめんなさいね。
7. Posted by 万年   2013年01月30日 22:00
Unknown<br>
>四季さんは音楽。万年さんはバイクや登山。<br>
>なーるほどと想いました。<br>
<br>
私のほうは予定ということでお願いします(笑)<br>
<br>
>私の場合かつて、勝手に話しかける何かが五月蠅い時<br>
<br>
>主婦という職業の場合脳への干渉?が<br>
>100%に近くなりやすい条件がそろっている・・・?>のではないかという私的な考察です。<br>
<br>
なるほど・・・<br>
女性は大変そうですね・・・<br>
勝手に話しかける何かとは、どのような存在だと思います?<br>
<br>
>一端、間違いないと信じた世界を<br>
<br>
園子さんはどのような世界だと思いますか?<br>
園子さんなりの意見を聞かせていただけると<br>
うれしいです。<br>
私は別に癒し等を求めているわけではありませんし、<br>
真実を知りたいほうですので・・・<br>
何かの本やどこかの霊能者、チャネラー等から聞いた受け売り情報ではない、<br>
園子さんの感じている情報に興味がありますので・・・<br>
正体は何だと思います?<br>
答えにくいようでしたら、空想という前提として、<br>
現実的にあるなし、既存の概念を抜きに語ってくださると、参考になります。もちろん、無理はしないでください。
8. Posted by 万年   2013年01月30日 22:04
ボンドさんへ<br>
四季さん、スイマセン・・・<br>
コメント欄をお借りします。<br>
<br>
ボンドさんへ<br>
元のブログは残っていません。<br>
スイマセン・・・<br>
<br>
私のブログでコメント欄を設置しましたので、<br>
私宛に何かあれば、そちらへお願いします。
9. Posted by 園子   2013年01月30日 22:51
Unknown<br>
万年さんへ。<br>
<br>
ちょうど万年さんのブログの「偽者の霊能者を見抜く方法」を読んでいました。<br>
<br>
以前のブログとは、万年さんの尋ね方に<br>
「ほんとのこと言えよ!」的な強さが(笑)<br>
<br>
ご質問ですが<br>
「生と死の真実とは何か」<br>
「宇宙とは何か」<br>
に対する個人的な考察(あくまで個人的な)ことに至ってしまったりするので<br>
ここで、となるとちょっと困難です。<br>
<br>
まったくお答えできないのでは<br>
せっかくこちらでお話させて頂く機会を得た意味がないので<br>
なんとか文章にしてみますね。<br>
<br>
チャネリングの相手が死者である場合の可能性、について。<br>
<br>
生前、能力者として活動していた人間が<br>
(見えない力を使うと自称したものサイキック、占い師すべて含む&宗教も含む)<br>
<br>
”俗に言う”「低級霊」「悪霊」になる可能性を考えています。<br>
また、”俗に言う”「憑依」とも異なると考えています。<br>
<br>
その”俗に言う全ての概念”は<br>
なんらかの操作であり、ケムに巻くためだとも。<br>
<br>
中途半端でごめんなさい。<br>
でも、見えない力を使って生きている方々には、かなりハードな内容だと思います(笑)<br>
<br>
で、もしお願いできたらでいいです。<br>
この内容を、チャネリング質問試して頂けませんか?<br>
無理にじゃないので気楽にお考えください。<br>
<br>
四季さん。<br>
この場をお借りしております。<br>
ありがとうございます。<br>
<br>
ちなみに四季さんは<br>
どんなジャンルの音楽をお聞きになっていらっしゃるんでしょうか。<br>
10. Posted by 四季   2013年01月30日 23:42
Sさん コメントありがとうございます<br>
そうですね、限度の分からない最初のころにはまってもちゃんと戻ってこれれば大丈夫ですね。<br>
<br>
そして自分なりのスタンスが確立できていれば自分を見失わずに自分の意思で立っている事が出来ると思います。<br>
<br>
そんな立ち位置も見えてくるようなブログになればうれしい限りです。
11. Posted by 四季   2013年01月30日 23:48
皆さん コメントありがとうございます<br>
お互いを尊重しつつ、切込み鋭い意見交換が出来ているようで非常にうれしい限りです。<br>
<br>
私の事は気にせず、どんどんこのコメント欄利用していただいて構いませんよ。<br>
<br>
「互いを尊重」という部分を外さない方々は本当に素晴らしいですね>園子さん<br>
<br>
ちなみに私は、学生時代は高中正義、カシオペア全盛時代なので、もろに影響受けました。今はjazz、ブルースが多いですけど、演歌も好きだったりと守備範囲が広がりました(笑
12. Posted by 万年   2013年01月31日 06:40
Unknown<br>
四季さん、この場の提供、ありがとうございます。<br>
<br>
園子さん了解です。<br>
以下についてたずねてみます。<br>
<br>
>チャネリングの相手が死者である場合の可能性、について。<br>
<br>
>生前、能力者として活動していた人間が<br>
>”俗に言う”「低級霊」「悪霊」になる可能性を考えています。<br>
<br>
<br>
もしかしたら、神や天使等を含め、<br>
全てがシ者の可能性もありますよね・・・<br>
そして、そのシ者はどのあたりまでの情報があるのかも気になります(笑)<br>
それはそれでこの世の探求以上に<br>
たくさんの疑問がありますよね・・・<br>
<br>
私はチャネリングをやっている割には<br>
全くチャネリングを信用していません(笑)<br>
興味があるのは真実でしょうか(爆)
13. Posted by 園子   2013年01月31日 10:05
Unknown<br>
四季さん。<br>
わお!っという感じです。<br>
日本のフュージョンブームのさなかに業界の片隅にひっそりいました。<br>
現在23歳の息子が高校生時代始めて行ったliveはTスクエア。<br>
彼の同世代の友達は誰も知らないバンド(笑)。<br>
私も心に響けばノンジャンルで聞きます。<br>
<br>
万年さん。<br>
<br>
快諾ありがとうございます。<br>
こういう交流って、なかなかないですよね。<br>
<br>
死者に関して(特に見えない力を売りにした人達)に関しては<br>
またまた個人的にですが「喋りたがりのDNAの幽霊」と呼んでいます。<br>
<br>
それと、文章を書く、絵を書く、音楽を作ったり奏でること、バイクに乗って風になること(笑)。<br>
わたしはこれらが、安全で、善意に導かれたチャネリングの一種だと思っています。<br>
<br>
文章を書くことは特に、自分自身とのチャネリングのようなもので<br>
書くことで、よく考えたり、思いいたることを丁寧に重ねて行く。<br>
すらすら書けたりすることの中に<br>
「知らないと思っている知っている事」<br>
いわゆる「答えはあなたの中に在る」系統の<br>
「自分の思考や考察や疑問が具体化する」不思議な仕組みがあるような気がします。<br>
<br>
ただ、喋りたがりのDNAの幽霊たちは<br>
個人個人の中に在る何かの答えを<br>
「実は知りたがっている側」のように感じています。<br>
私なりの根拠を持って、です。<br>
だから、埒の明かないウンチクで誤魔化そうとする傾向が濃い。<br>
<br>
おそらく、万年さんの目と脳を通して様々な情報を得ているのではないでしょうか。<br>
全ての人の目と脳を使っている、のだと思います。<br>
<br>
そして喋りたがりのDNAの幽霊」以外にも、なにか、かなりたくさんの何か<br>
今の人間の知恵では思い至れない予測不可能なものが、じっとストーカしている。<br>
インスタントスピの蔓延、アセンション騒ぎの仕掛けも、そこに関係している可能性もあるような。<br>
<br>
同時に、きっと何か、同じように予測不可能な善意の存在もあると、信じています。<br>
この信じたい、信じるに値する何かの存在が、私の救いです。<br>
<br>
私もはっきり言ってしまえば、チャネリングそのものには全く興味が無くて<br>
そのチャネリングさせているもの、そのチャネリングの正体に興味と関心があります。<br>
万年さんも現在はその立ち位置でいらっしゃると思います。
14. Posted by 万年   2013年01月31日 15:55
Unknown<br>
>個人個人の中に在る何かの答えを<br>
>「実は知りたがっている側」のように感じています。<br>
<br>
するどいですね・・・<br>
そこまで見抜いていますか・・・<br>
<br>
知りたがっているのは、<br>
たぶん「情報」です。<br>
<br>
それぞれの人間が蓄えている「情報」が財産なのかもしれません。<br>
チャネリングすると、タダで「こちら」の情報を<br>
盗まれているのでしょう・・・<br>
あちらではなく、こちらの情報が盗まれているのだと思います(笑)<br>
<br>
つまり、私との会話中は<br>
あちら側が私の情報を盗んでいる可能性も十分にあります。意識を接続するとはそのようなことですよね・・・<br>
<br>
ですから、知っている情報は与えなさい・・と<br>
なるわけです(笑)<br>
<br>
意識体は記憶データが個を形成していますから、<br>
たぶん記憶そのものが財産なはずです・・・
15. Posted by 園子   2013年01月31日 21:10
Unknown<br>
四季さん。<br>
お邪魔させて頂きます。<br>
<br>
万年さん。<br>
最新記事読ませて頂きました。<br>
ありがとうござました。<br>
<br>
こちらに書きこんで下さったコメントと共に<br>
とても興味深い内容でした。<br>
主婦が陥り易い理由も、じゃ系さんの言うその通りだと思います。<br>
が、右脳(女性性)の発達にも強みがあり(母性型守護力)<br>
情報搾取が目的の存在に対し、女性性の母性型強力守護本能も捨てたものではないと思います。<br>
かなり苦手なはず(笑)<br>
<br>
左脳は逆に情報をデータとして分析したり保存したりするので<br>
抜く方としては楽かもしれないとも思います。<br>
<br>
右脳と左脳が連携すると、思いもかけない「自分の持って生まれた情報」を死死守できるのではないかと考えています。<br>
ただ、木端微塵にされても再生可能だと。<br>
<br>
これは、事故でどちらかの脳を損傷しても、残った方が失った脳の部分を補おうと発達する事例も実際に多く存在し、立証されています。<br>
<br>
なかなか実現しなかったアプローチに快く挑んで下さって<br>
本当にありがたく、嬉しかったです。<br>
ありがとうございました。
16. Posted by 万年   2013年02月01日 21:14
Unknown<br>
園子さんへ<br>
<br>
>おそらく、万年さんの目と脳を通して様々な情報を得ているのではないでしょうか。<br>
<br>
チャネリングは不思議ですよね・・・<br>
別に相手を指定しているわけでもなく、<br>
内容を考えているわけでもないのに<br>
園子さんの言われているような内容が返ってきました。<br>
これが正解かどうかもわかりませんが、<br>
それらしきニオイの回答をもらいましたよ。<br>
<br>
いったい、やり取りの相手は誰が選んでいるんだろう?と思ったら、ハイアーセルフとの回答をもらいました・・・
17. Posted by 園子   2013年02月02日 01:44
Unknown<br>
万年さんへ。<br>
<br>
チャネリングの内容&万年さんの翻訳、ニュアンスの出し方<br>
興味深かったです。<br>
<br>
それと「ハイヤーセルフ」ですが<br>
「ハイヤーセルフ」という単語自体が既成概念、既存の単語、という観点でみると<br>
様々な既存情報を元に、ハイヤーセルフを演じてくる可能性も考えられます。<br>
なので、万年さんがオリジナルの名前をつけてみるのはどうでしょうか。<br>
私はその手でいきました(笑)
18. Posted by 万年   2013年02月02日 08:01
Unknown<br>
園子さん、いいですねぇ〜<br>
その冷静な視点好きです。<br>
<br>
私も一歩引いた冷静さと<br>
それを信じる自分の二通りで<br>
チャネリングしてます・・・<br>
<br>
冷静ですと、物語が進みませんし<br>
信じすぎてしまっても、妙な方向に<br>
話が進んでしまうようです。<br>
何が真実かわからないから、<br>
ブレーキとアクセルの両方は常に持つべきですよね。<br>
ブレーキを持たない人が多いから、<br>
妙な方向に行ってしまうんでしょうね・・・<br>
<br>
いずれにしても、園子さんの言うように<br>
慎重さは大切にしたいです。<br>
ま、私の場合は<br>
チャネリング内容は逝っちゃってますが、<br>
現実とはきっぱり分離しているので、<br>
生活には支障がありませんね・・・<br>
<br>
・・・こういう人が一番危ない?(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字