2013年01月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このブログにて知り合いになった「万年さん」というチャネリング能力のある方が、スピリチュアルの世界の疑問探求に協力していただける事になりました。

この万年さんのブログ記事をテーマに探ってみたいと思います。

「万年素人なチャネリング日記」

あまり一気に質問攻撃してもよくないと思うので、少しづつ丁寧に探るために少ない質問で始めてみたいと思います。


まず、このメッセージを読ませていただいて全体的に思った事。

それは、「自我」という意識に関して「全体意識「ハイヤーセルフ)」は、全体意識の管理「外」として話を進めている点が気になりました。

やはり私が仮説したように「2つの意識を同時に併せ持つ」といった感覚なのか、それに近いイメージと思われました。

そして、「刺激を与えるつもりが囚われてしまった」という文面から、前回の私の例えで書いた「猿山」の管理のイメージ。

そういった環境下で、万年さんは「霊的試験不合格」とタイトルを付けられているように、「あちらがわ」から試されている様子。

「アカシックレコードと一体化するにはふさわしくない」という流れからすると、やはり出てくるのは「何かの修行」といったイメージが出てきます。

やはり何処か「目指している所」があるといった感じです。

「自我」という意識に対して、固い殻のような物という表現はもしかしたら、私の考えている「意識」とはずれがあるかもしれません。

以前、アメリカのスピリチュアルで有名な方の発言で「人類はニュータイプが生まれてくる予定であり、そのニュータイプは食事がいらない人間である」といった内容。

私がこのブログで仮説の中で書いた、本能的に肉体を維持するため「食料」が必要であり、それを得るために争いが続くという内容なのだが、このニュータイプの食事がいらない人間が生まれてきた場合、根本的に考えが変わると思われる。

インドに食事を一切取らない「Prahlad Jani」さんという70歳の方がいて、ニュースで話題になった。



今後生まれてくると言われているニュータイプの人間の先駆けだろうか?

こうした人が増えてくると、社会構造が大幅に変化してくるというのは想像に難しくはない。

そして、チャネリング能力も今現在ではまだ一部の人のみである。

万年さんへのメッセージを拝見していて、チャネリング能力や全体意識へのアクセス、情報の引き出しが少しばかり出来るからといって、という所がある。

全体意識としての方向性は「宇宙を元の軌道に戻すこと」と言われていた。

これらの内容を踏まえて今回質問してみたいと思う。



1.元のあるべき姿へ戻そうとする時、霊能力やチャネリング能力といった事はなぜ一部の人だけなのだろうか?
 何か理由があっての「選択」なのか?

2.「学び」が必要という事であったが、やはり全ての人間の「魂」に何かを学ぶ「テーマ」があるのか?

3.「高次元にシンクロ出来なければ、古いタイプのチャネリングのまま」という事から、チャネリングすら出来ない人間は骨董品レベルとうイメージでしょうか?


と、まずは基本的な事について、もし回答を得られれば嬉しい限りです。

そして、万年さんのハイヤーセルフの出来る事、出来ない事、やらない事、等が分かるといいですね。

例えば、このブログを書いている私と万年さんはお互いにコンタクトできる手段が、このブログしか無い事。

ハイヤーセルフが私の連絡先を万年さんに伝える事が出来るのであれば、新たな展開が生れるように思います。

勿論「自我」の欲求では答えてくれないとうスタンスを理解しているので、この連絡先を伝えるという手段が、何かしらの「試験」におけるカンニングのような行為にハイヤーセルフは加担しないと理解しています。

こういった繋がりが出来て万年さんとコンタクトが取れる事も何かしらの「縁」があると思っています。

何らかの理由があっての事だと思うので、この「縁」を大切にしていきたいと思います。

万年さん是非よろしくお願いいたします。




本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(17:44)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 万年   2013年01月27日 19:49
Unknown<br>
了解しました。<br>
後ほど、私のほうのブログでアップしたいと思います。<br>
<br>
<br>
チャネリングは文章を思念に置き換える必要が<br>
あるのですが、<br>
四季さんの疑問をどれだけ汲み取れるかで、<br>
回答も変化します。<br>
最初は的外れな回答になるかもしれませんが、<br>
徐々に核心に近づけるようにがんばってみます。
2. Posted by 万年   2013年01月28日 00:38
Unknown<br>
寝ようとしたら、言われたんで、<br>
一応、伝言しときますね。<br>
<br>
<br>
「四季さん、あなたは答えを知っています。<br>
あなた自身で答えを引き出してはどうですか?」<br>
<br>
だそうです。<br>
チャネリングなんて、難しくないですよ。<br>
私の場合、寝起きに質問を思い浮かべると、<br>
それに対する答えが返ってくる感じです。<br>
頭にひらめく感覚でしょうか。<br>
それを言葉に翻訳しているだけです。<br>
慣れてくると、翻訳を無意識に行い、<br>
言葉として聞こえるようになります。<br>
<br>
問答はいきなり核心を質問すると答えくれないことが<br>
あるので、私の場合、周りからせめて行きます(笑)<br>
では後ほど・・・
3. Posted by 四季   2013年01月28日 01:21
万年さん コメントありがとうございます<br>
あらら、そうきたか(笑<br>
<br>
不意打ちな伝言につい噴き出してしまいました。<br>
言われるように多分知っているという事は気づいていました。<br>
しかし認識できおらず、確信が持てない状況なので複数の人が関われば、見え方が違ってくるのか?という思いもありました。<br>
<br>
これからもよろしくお願いします。
4. Posted by 万年   2013年01月28日 01:24
Unknown<br>
四季さん、今、携帯の呼び出し音が脳内に響いたので、<br>
こちらのページをみたら、四季さんのコメントが入力された時間でした(笑)<br>
このように音や光で合図されることもあります。
5. Posted by 園子   2013年01月28日 18:22
はじめまして<br>
万年さんのブログにはコメント欄がありません。<br>
四季さんの思い切った呼びかけに、驚きました。<br>
<br>
「・・・・じゃ」系のチャネリングが多い事に、長年不思議を感じています。<br>
<br>
個人的な本音としては<br>
四季さんが万年さんと接触することに不安もあります。<br>
<br>
けれど、四季さんがお考えを持って呼びかけられた事に対して、その勇気に敬意を表します。<br>
<br>
お二人のやり取りを、興味を持って拝見させて頂きたいと思っています。
6. Posted by 四季   2013年01月28日 20:42
万年さん コメントありがとうございます<br>
様々なコンタクト方法があるという事ですね。<br>
なるほど、参考にさせて頂きます。
7. Posted by 四季   2013年01月28日 20:46
園子さん コメントありがとうございます<br>
「・・・じゃ」系、なるほど!そうですね。<br>
私もチャネリングには似たような傾向が多いと思っていました。<br>
万年さんとの接触に関しては、見ている方向性が近いと感じた為、こういう試行もありなのでは?との思いからやってみました。<br>
<br>
これがどういう展開に発展するのかに非常に興味を持っています。<br>
また気づいたことなどありましたらコメントお待ちしております。
8. Posted by 万年   2013年01月28日 21:42
Unknown<br>
四季さんのコメント欄をお借りしてスイマセン・・・<br>
<br>
園子さんへ<br>
<br>
コメント欄に関してですが、<br>
私も読者さんとの意見交換をしたいと思っているのですが、<br>
精神世界というカテゴリはどうにも荒れる傾向があるようです。<br>
宗教間の戦争も同じ原因だと思いますが、なぜそうなるのかはわかりません。<br>
さまざまなブログを拝見し、コメント欄を見ましたが、<br>
建設的な意見によって、前進するという前向きな展開が期待できないような気がしました。<br>
無用な気疲れにより、本来の自己追求に支障が出ると判断したため閉じています。<br>
<br>
>「・・・・じゃ」系のチャネリングが多い事に、長年不思議を感じています。<br>
<br>
なぜ、不思議なのか 園子さんの理由を<br>
教えていただけませんでしょうか?<br>
<br>
<br>
>四季さんが万年さんと接触することに不安もあります。<br>
<br>
私もチャネリングというものが未だに半信半疑ですので、<br>
その不安の意味するところが理解できませんが、<br>
それはあちらに何らかの存在がいて、<br>
こちらに悪影響を与えているということでしょうか?<br>
それとも、私自身の性格的(精神的)な問題でしょうか?<br>
もし、差し支えなければ教えていただければ、<br>
参考になります。<br>
仮にあちらに何らかの存在がいるとして、<br>
その証拠のようなものがあるのならば、<br>
その存在の良い悪いは別として、霊界は存在していることになりますよね・・・<br>
そのあたりを詳しく教えていただければ、<br>
より、私の探求も深まります。<br>
お知恵を拝借していただければありがたいです。
9. Posted by 四季   2013年01月28日 22:26
万年さん コメントありがとうございます<br>
いえいえ、ここでは全然問題ありませんよ。<br>
<br>
どんどん議論の場としてご活用ください。<br>
<br>
相手の方を尊重した会話でしたら大賛成です。
10. Posted by 園子   2013年01月29日 04:12
Unknown<br>
こんにちは。<br>
<br>
四季さん。<br>
ちょっとこの場をお借りして、万年さんにレスポンスさせて頂きますね。<br>
<br>
ちゃんと書けるかな・・・。<br>
<br>
万年さん。<br>
四季さんの、しかもコメント欄でのやり取りですので、書けることにも限界があります。<br>
説明不足になるかと思いますが、よろしくお願いします。<br>
私は探究、観察、考察を続けている者で、四季さんに似た立場だと思います。<br>
決して野次馬的な興味ではなく、私なりの理由があってのことです。<br>
<br>
コメント欄がない理由、了解しました。<br>
<br>
少しお尋ねしたい気持ちになった事がありました。<br>
チャネリングの相手に質問する形の記事の時と<br>
何か言葉等が浮かんで記事を書かれている場合との、繋がり感の相違点といいますか<br>
説明が難しいのですが・・・。<br>
<br>
砕けた言い方をしてしまうと、常に蛇口が開かれたままのような感覚などはお持ちなのかな・・・という点を一度お伺いしたいな、と思ったことがありました。<br>
完全なシャットアウト可能なのかどうかも合わせて。<br>
完全なシャットアウトが出来ないと、かなり苦痛じゃないかとも。<br>
<br>
>四季さんが万年さんと接触することに不安もあります。<br>
<br>
これについて。<br>
かなり以前ですが、万年さんが「ネットワークを作る」という言葉を書いていらしたことからの、ちょっとした不安です。<br>
<br>
それを書かせた相手自体が、今のところまだ証明不可能な存在、安全であるのかどうかも不明であることに対しての不安です。<br>
<br>
また、チャネリングブログを読んでいたら、自分もできるようになっちゃった系や、ちゃんリングに憧れてアレコレ手を出しふちょうになっちゃった系の方もかなりいらっしゃる点も、不安点。<br>
<br>
この世界はその辺りをあまりにもうやむやにしたまま広がり過ぎている事に、疑問と危険を感じているからです。<br>
<br>
>その存在の良い悪いは別として、霊界は存在していることになりますよね・・・<br>
<br>
この点について。<br>
「霊界」に関しては個人的にはある程度の考えはまとまっていますが、あくまで個人的にですので控えます。<br>
<br>
ただ、霊界、神界うんぬんではない観点から。<br>
<br>
例えば犬の嗅覚が人の数億倍であったり、猫の目の夜間視力が優れていたりするように自然界の生き物、植物等、人間の一般的な共通的な五感能力だけが感知機能のすべてではないという事実が存在しますよね。<br>
<br>
そういう意味では、人の誰もが共有してはいないけれど、それぞれが持ち合わせた受信力や感知力が存在する可能性はある、と思っています。<br>
なので、人の中には五感に以外で受け取るものはある可能性は高いと思っていますし、五感以外に働きかける世界が存在することは確かだと考えています。<br>
<br>
それに関連して「・・・じゃ」という語り口調の受信がとても多いという点は、一部のチャネラーさん達が何か共通する発信元と関わっているのではないかと考えるのもありではないでしょうか。<br>
<br>
そしてその割には、連携は取れてないのはなんでだろ。<br>
どうしたいのかな・・・。<br>
という素直な疑問です。<br>
<br>
勝手な持論ですので、お気に障ったらごめんなさいね。
11. Posted by 万年   2013年01月29日 07:53
Unknown<br>
質問ありがとうございます!<br>
建設的な流れは歓迎ですね・・・<br>
どうしても、善悪や批判肯定で言い争うというスピ定番の展開になりやすいので・・・<br>
そして、四季さん、この場を提供させていただいて、ありがとうございます!<br>
<br>
>砕けた言い方をしてしまうと、<br>
>常に蛇口が開かれたままのような感覚などはお持ちなのかな・・・<br>
<br>
私が意識的にコントロールしています。<br>
チャネリングをやろう!と思った時にしかできません・・・<br>
意識的というのはこちらから意識を向けたときのみです。<br>
ですが、常時とはいいませんが<br>
誰でも無意識のうちにあちらからの介入は受けていると思います。<br>
言葉に翻訳しないだけだと思います。<br>
で、幻聴??のようなものは 本当にマレです。<br>
虫の知らせ等など、必要な時のみだと思います。<br>
<br>
<br>
>かなり以前ですが、万年さんが「ネットワークを作る」という言葉を書いていらしたことからの、ちょっとした不安です。<br>
<br>
あったかもしれません(笑)<br>
自分の思い上がりだと思います(笑)<br>
初心者にありがちな展開だと思います。<br>
弁解をするならば、それを通して、<br>
霊界?の仕組みを知りたいという欲求がありました。<br>
自分だけでは限界がありますので・・・<br>
<br>
<br>
>それを書かせた相手自体が、今のところまだ証明不可能な存在、<br>
>安全であるのかどうかも不明であることに対しての不安です。<br>
<br>
この文章から察するにあちらの存在が、<br>
確かに存在するということを前提にされていますよね。<br>
つまり、園子さんから見て、<br>
私は本当にチャネリングを行っている・・と考えていいのでしょうか?<br>
ここが一番の焦点なんです。<br>
実際に霊界は存在するのか、否か・・・<br>
・・・そこから、仕組みを探求する意味が生まれます。<br>
私の場合、それが妄想や病気の類・・・という可能性が強まった場合、<br>
スピリチュアルに不振に陥ります(笑)<br>
つまり、私の探求は無意味・・との結論になってしまいます(笑)<br>
<br>
<br>
>また、チャネリングブログを読んでいたら、自分もできるようになっちゃった系や、<br>
<br>
本当にできるようになった人はいますか?<br>
もし、その方がいるならば私が情報交換したいです。<br>
四季さんのように質問したいです・・<br>
私は自分自身が未熟で、情報を引き出す能力がまだまだと思っています。<br>
もし、私自身の質問に耐えうる方がいるならば、<br>
教えてほしいのです。<br>
もちろん、私も初心者とはいえ、チャネラーですから、<br>
その癖や限界なども知り尽くしています。<br>
その上で、霊界の仕組みとやらを研究できれば、何かしらの役に立つと思います。<br>
記事に散々書いたように、私は霊能者やチャネラーは眉唾と思っており、<br>
自分自身がチャネラーまがいのことをしていてもそれは確信には至りません。<br>
ですが、不思議現象はあるので、それを解明できればと思いチャネリングを続けています。<br>
もちろん、初心者にありがちな失敗もたくさんしてきていますし、<br>
この世界に触れる危険性も見てきました。<br>
その上で、ブログ記事を書いています。<br>
本来なら、読者への配慮をすべきなのでしょうが、<br>
日記と断わり、なるべく素のやりとりを掲載しています。<br>
<br>
<br>
>この世界はその辺りをあまりにもうやむやにしたまま広がり過ぎている事に、疑問と危険を感じているからです。<br>
<br>
なぜ、危険なのか?が結論できるまでに至れればいいですね・・・<br>
なんとなく・・や、霊能者の恐怖をあおるような情報では進展がありませんから・・・<br>
それが、インチキ霊感商法にもつながっているような気がするので・・・<br>
そのためにもハッキリとした仕組みを知る必要があると思うのです。<br>
<br>
<br>
>なので、人の中には五感に以外で受け取るものはある可能性は高いと思っていますし、<br>
>五感以外に働きかける世界が存在することは確かだと考えています。<br>
<br>
地球意識プロジェクトで集合意識が研究されているように<br>
たぶん、あると思います。<br>
そのあたりを一緒に探求出来ればうれしいです。<br>
<br>
<br>
>一部のチャネラーさん達が何か共通する発信元と関わっているのではないかと考えるのもありではないでしょうか。<br>
>そしてその割には、連携は取れてないのはなんでだろ。<br>
>どうしたいのかな・・・。<br>
>という素直な疑問です。<br>
<br>
私も大いに疑問があります。<br>
たぶん、着眼点は園子さんに近いものがあります。<br>
連携が取れていないということは<br>
それぞれチャネラーと呼ばれる人たちの妄想・・と考えるのが一番しっくりくるのではないでしょうか?<br>
あとは多重人格の別人格・・と考えれば筋が通ります(笑)<br>
そう考えると、私の探求は終了してしまうので、その可能性は排除して、チャネリングを続けています(笑)<br>
あるいはチャネリングと不思議現象はまったく別のもので、チャネリングはニセモノでも、<br>
不思議現象は存在する・・・という可能性もあります。<br>
もちろん、スピで言われているように<br>
チャネリングで受信できるのはいわゆる低級霊なので知識が無く意見はバラバラ・・・という見方もできます。<br>
そのあたりも、それぞれの立場や都合で真実とするものが変わってくると思うので、<br>
中立的な視点が必要かもしれません。<br>
<br>
すいません、長文となってしまいました・・・<br>
この世界は固定概念抜きの多角的なモノの見方が大切と思い、<br>
園子さんのような意見はたいへん貴重です。<br>
私も人間ですから、偏った見方をしていますので、<br>
お互いが建設的に補正できれば<br>
何か見えてくるものがあるのではないのか?と思います。<br>
返信、ありがとうございます!<br>
12. Posted by 園子   2013年01月29日 12:14
Unknown<br>
四季さん。<br>
<br>
もう一度、この場所をお貸しください。<br>
<br>
万年さん。<br>
とてもわかりやすいお返事ありがとうございました。<br>
シャットアウトが可能だのことで、安心しました。<br>
<br>
スピシリチュアル全般のことになると<br>
これは今の風潮の中で、簡単に語り尽くすのは困難ですが。<br>
<br>
一つだけ。<br>
<br>
霊能者、サイキック、チャネリング、覚醒、悟りなど<br>
様々状態があると言われています。<br>
チャネリングに的を絞って個人的な考えを。<br>
<br>
多重人格、脳の病気、集合意識、低級霊、未知の存在からのなんらかのサインなど<br>
これまた様々な要因が考えられます(想像が可能という意味も含めて。<br>
<br>
たとえば「低級霊」。<br>
これはいまのところこれまでに宗教やスピリチュアルな世界の中で作られた<br>
「既成概念」からまったく脱却していないのではないかと思っています。<br>
これまで長年「低級霊」と呼ばれてきたものの本当の姿、実態を<br>
私なりに考えていますが、以下省略。(笑)<br>
安易には書けない内容なので。<br>
<br>
それから<br>
チャネリングにしても<br>
どこどこの何何からメッセージを受け取っていると<br>
相手先を確定したつもりで書いたり伝えたりなさっている方も含め大勢いらっしゃいますが<br>
ほんの僅かですが(かなり少ないと想像しています)<br>
霊能者だ、能力者だと断言なさる方も含め<br>
実は、選ばれたり、望んだりしたのではなく<br>
なんらかの「善意、好意ではなく利用されている」場合が<br>
ほとんどではないかと考え中です。<br>
<br>
もしかしたら極一部<br>
あえて「受け取ると言う形」を取っている方がいるのかもしれないという可能性。<br>
勿論、無意識下での行為。その深層の答えは非常に個人的だろうと思います。<br>
<br>
なんだか中途半端な内容になってしまいましたが<br>
最後に、私が突然話しかけられた時<br>
標準語や日本中の方言のほかに聞き慣れない語り口調があって<br>
それが「・・・・じゃ。」「・・・・ざぞ。」でした。<br>
<br>
スピに全く関心がなくなんの知識も既成概念もありませんでした。<br>
でも、実際に存在することを数年後に知り<br>
あちゃー、と思った経験があります。<br>
<br>
それぞれの探究、疑問の問いかけを続けることで<br>
それぞれが納得のいく答えなり考え方に辿りつけたらいいですね。<br>
<br>
再度の長文、失礼しました。<br>
<br>
四季さん。万年さん。<br>
ありがとうございました。
13. Posted by 万年   2013年01月29日 12:33
Unknown<br>
園子さん、返信ありがとうございます。<br>
<br>
>なんらかの「善意、好意ではなく利用されている」場合が<br>
>ほとんどではないかと考え中です。<br>
<br>
やはり、そう思いますか・・・<br>
その路線は十分にありえます。<br>
ただ、既成概念が強く、ほとんどの方が<br>
そこには辿り着けないような気がするんです。<br>
その辺りにもメスが入れられたら・・・と思います。<br>
<br>
<br>
>最後に、私が突然話しかけられた時<br>
>標準語や日本中の方言のほかに聞き慣れない語り口調があってそれが「・・・・じゃ。」「・・・・ざぞ。」でした。<br>
<br>
貴重な体験ありがとうございます。<br>
やはり存在していそうですよね・・・<br>
そして、じゃ軍団(笑)<br>
これらの謎にも迫れればと思います。<br>
<br>
ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字