2013年01月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このブログを書き始めてコメントを寄せて頂いている万年さんのブログを拝見していて新たな疑問が湧いてきました。

ここでの質問に是非答えて頂ければ、ブログ同士の公開質問という形で新たな展開が出来るのでは?と思いました。

いかがでしょうか?

「万年素人なチャネリング日記」

もしよろしければコメントにお返事を頂けないでしょうか?

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(12:13)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 万年   2013年01月27日 14:46
Unknown<br>
いつも、食い入るように記事を拝見しています(笑)<br>
チャネリングというものは<br>
自分の意識を介するせいか、<br>
徐々に洗脳されていくような感覚でもあります。<br>
自分が受信した内容に対して、<br>
疑問が見えなくなっていくんですよね・・・<br>
妄信してしまうといいますか・・・・<br>
<br>
そこで、第三者の目が必要になってくるんです。<br>
でも、大概は否定的な目線になるため、<br>
建設的な流れにならないか、<br>
妄信されるのどちらかでしょうね。<br>
<br>
チャネリングは特有のクセといいますか、<br>
翻訳と認識と感度の壁がありまして、<br>
ここで、大きな誤差が生じていると思われます。<br>
外国語において日本語に該当する言葉が無い場合、<br>
どう翻訳するか?のような問題もあります。<br>
<br>
チャネリングをたとえるならば、<br>
文明人から程遠い、原住民の会話を<br>
日本語に翻訳するようなものです。<br>
原住民の会話を日本語で完璧に意味を再現できるとも<br>
限りませんし、それをするには<br>
原住民の文化を知る必要もあるかもしれません。<br>
こちらにも似たような風習があるならば<br>
それを用いて表現しやすいでしょう・・ それが認識の壁となります。<br>
<br>
長々とコメント書いてしまいましたが、<br>
ぜひ、参加させていただきたいです!
2. Posted by 万年   2013年01月27日 15:19
追加です。<br>
スイマセン、追加コメントです。<br>
<br>
私は以前、チャネリングで他人様の質問に<br>
答えようと思ったことがあるんですが、<br>
私の場合、自我の欲求といいますか、<br>
こちらの都合で情報が引き出せないようで、<br>
どんな質問でも本筋から曲げられ、<br>
あちらの都合のメッセージになってしまうんです。<br>
もっといえば、チャネリングで<br>
私が質問を考えて、メッセージをもらうような形になっていますが、<br>
実は質問すら、あちらから与えられている感覚があるのです。<br>
無理やり解釈するならば、この質問は全体性から与えられた質問で、全体性の意図した時のみ霊能力が使えるという法則に則り、答えが得られているのかもしれないです。<br>
全体性も自分らしいので、自分の質問といえば<br>
そうなのかもしれませんが・・・<br>
<br>
つまり、他人様の質問に対する、直接の答えを<br>
引き出すことが難しかったです・・・<br>
というか不可能でした。<br>
ただし、それが全体性における私の位置で、<br>
答えるにふさわしいものでしたら、回答が得られるのかもしれないです。<br>
<br>
ややこしいですが、そういう法則もあるように<br>
感じられました。
3. Posted by 四季   2013年01月27日 16:37
万年さん コメントありがとうございます<br>
同意いただけたようで非常に感謝します。<br>
<br>
そして万年さんがチャネリングの特性について感じている部分も承知いたしました。<br>
<br>
「全体性も自分」という観点で、失礼のないように私も疑問点を上げてみて、万年さんが「なるほど!それは疑問だ」と思う事があれば、もしかしたら回答を得られる可能性があるという事ですね。<br>
<br>
もしそれで少しでも疑問の解決につながる回答に協力してくださる「あちらがわ」の方がおられれば、幸いというスタンスででも非常に意義があるように思います。<br>
<br>
是非よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字