2013年01月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年、ブログには様々なアセンションの効果が書かれていた。

そのうちの一つに、2013年になると世界の指導者たちの意識に変化が訪れ、強引な事を行う世界が沈静化してくるという事が書かれていた。

そして、本日のニュース。

中国軍最高司令部から「戦争に備えよ」と全軍に号令がかかった。

勿論日本の尖閣諸島も含まれる事でしょう。

ロシアのウラジオストックも元々中国の領地であったと言い始めているようだ。

こうした時事問題とスピリチュアルの世界は、何か見えないような線(ありま線)が引かれていたように思うのだが。。。。失礼m(_ _)m

アセンションで指導者の意識が「戦争に向かって変化した?」まあ、関係ないであろう。

しかし、指導者の強引な政策等が沈静化するという話はどうしたのだろう?

まあ、本日のニュースの見出しだけなのでこれにて判断するのは時期尚早であろうとは思うのだが。

これだけ文明が進んだと思い込んでいる日本人には「戦争?」と平和ボケしている所が多分にあると思う。

それでも日本も終戦後まだ100年も経っていないし、生き証人もまだ存命である。

スピリチュアルで言われている人間への転生は「魂を磨くため」と言われているが、戦争に徴兵されて行った人たちはどう考えればよいのだろう。

敵兵と対峙した時、相手を殺さなければ自分が殺されるという現場に立った人間しか感じえない凄まじい思いがあったと思う。

私個人的には「戦い」という形は、「競技」に置き換えてほしい。

切磋琢磨という言葉があるように、ライバルがいてこそ自分も能力を伸ばすことが出来る。

ぬるま湯に浸かって保護されていては、当然考えも甘くなる。

だが、命を懸けてまで戦うというより「殺しあう」必要がどこにあるのか?

これは明らかに「指導者が未熟」なせいであろう。

国の運営に限界が来て、国民から政府が責められるのを防ぐため「敵対国家」を用意しておく。

中国軍関係者からは石原慎太郎元東京都知事と野田元総理は尖閣諸島の購入の件で中国に大義名分を与えてくれたので感謝しているという。

大義名分さえ出来ればそれでいいのだ。


こういった考えには、必ず反論が出る。

それでいいのだ。

そうして議論をして意識を高めていく、これも精神の競技なのだ。

しかし、このブログの趣旨からは外れてしまう。

なぜ意識を高める必要があるのか?と。。。

そう、そうしてスピリチュアルの世界に深く入っていくことになる。

何故生きるのか?と。

やはり現実の世界の事を考えても、結局はここに戻ってしまうのだからやはりスピリチュアルを中心に考えることにする。


アセンション、元々キリスト教の中にあった次元上昇という意味合いの言葉がどうしてこれだけ世界に広がったのかは分からない。

アセンションについて明言を避ける霊能者もいた。

その霊能者は「アセンションとは膨大な年月を経て人々の意識が変化する事だ」と。。。

なんのこっちゃ?

思わず軽い口調で言ってみたくなるような内容であった。

韓国ではキリスト教の大元は韓国であったという調査結果が見つかったと一部の人が言っているようだが。。。

まあこれは論外。

これだけ長い年月の間、世界中で信仰されているキリスト教に関して、私のような素人が何か言えるほどの知識は無い。

しかし、その一部を取り出してアセンションと世に広めている目的とは?

と考えると、何か思わざるを得ない所もある。

幸い日本では私の見た限りなので、他にもあるかもしれないが、キリスト教とアセンションを関連付けて発信しているブログはほとんど無かった。

何となく文章の中に言葉が登場する事はあったにしても、関連付けての表現は見当たらなかった。

またも日本での普及活動は失敗かと。。。

これも憶測の範囲なのでそう思っているとしておこう。


アセンションは無事2012年末に終わったと発言しているブログもあった。

しかし、終わる前に言われていた「引っ越し?」「次元移動?」「別次元の惑星へ一時的に移動?」

だれか体験した人がいたら、是非その様子を教えてほしい。

このブログは敵意を持って突っ込みを入れるような事はこれまでの記事を読んで頂ければ無いと理解していただけると思う。

不思議体験は大歓迎なので、その様子を是非教えて頂きたい。

そして、正体不明の世界を解明していきたいと思う。


願わくば7月の参議院選挙で自民党が圧勝したりして「憲法第九条」が書き換えられ、日本軍が誕生し中国と戦争となどならない事を祈る。

中国人にも本当にいい人が沢山いるし、素晴らしい識者もいる。

そういった人たちが活躍できる国であって欲しいと願う。

日本も同様に未熟な政治家を魔王にさせないように政治に興味をもって頂きたい。

最後にまた現実の話題に戻ってしまった。。。




本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(02:02)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字