2013年01月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

幽霊が出ると「きゃぁぁ〜〜〜〜!」となる。

寝ている時に金縛りに会い、何かしらの霊の気配を感じると怖い。

古い旅館に行くと、なぜか怖い。

誰もいない廃墟となった夜の病院や学校は怖い。

「怖い」とは何か?

なぜ人は霊を怖がるのか?

肉体に霊が重なっているとされている我々も霊である。

なのになぜ他の「霊」が怖い?

日中でも肉体に重なった霊がそこらじゅうにいて、生活し、会話し、歩いている。

これらは怖くなく、霊だけになるとなぜ怖い?

それは子供の頃から教え込まれたからではないのだろうか?

子供が言う事をきかないと、夜に幽霊が来て連れていかれるぞ、とか。。。

幽霊は怖いというイメージの絵本から書籍、恐怖を煽るような映像の乗った本。

江戸時代は「柳の木の下に幽霊」と言われ、恐れられていた。

何故怖いのか?


あるお寺の僧侶の発言でこういった事があった。

お寺を訪れた人が本堂を覗くと、音も無く霊と思われる人がすぅ〜っと現れて、本堂でお祈りをしていた。

その姿を僧侶と共に見ていた人は僧侶に質問した。「あれは幽霊ですか?」と。

すると僧侶は「そうですよ、よく来ますよ」と普通に答えた。

そして付け加えるように「ああいった普通の霊は怖くありません。怨念を持っている霊が怖いのです」と。


よく、この世に恨みを残して亡くなった方の霊は怨霊となってさまようと言う。

この世に未練を残さず旅立った方は、成仏し昇天するのだと。

だから、人間がときおり目にしてしまう「霊」は怨念を持っている事が多く、怖いのだと。

しかし、未練を残してこの世をさまよう霊には怨念は無いのだが、怨念を持った霊の存在で「霊」が怖いと刷り込まれている。

だから、人間は「霊」が怖いのだと。

肉体を持った状態の霊は自分を霊とは自覚しておらず、この肉体の維持保存の為に障害となる事に警戒する。

肉体を壊そうとする他の存在、熊であったりサメであったり、殺意を持った人間であったりとこの肉体の生存を脅かす存在に恐怖は感じる。

これらの存在に恐怖を感じるのと同様に「霊」に対して恐怖を感じる。

しかし、怖さも「生命の恐怖」と「背筋が凍る」という恐怖は種類が違うと思われる。

確かに私自身が目撃したと自分では思っている「霊」に恐怖心は起こらなかった。

本当に普通にしているので、生きている人間と変わらない感覚だったのだ。

これが本当に霊を見たと言えるのか断言できないから、このブログを書いているのだが、それでも今の所「見た」と思っている。


心霊スポットと呼ばれる場所へテレビ番組で霊感の強い芸能人が深夜行かされている番組を何度も見たことがあるが、あれは絶対良くないと私は思う。

霊感が強いと言われている人は、霊の波長と同調しやすい人と言われている。

そんな人が心霊スポットと呼ばれている、「怨念を持った霊」がいる所へ行くことは、「侮辱行為」とみなされるだろう。

怨念を持った霊が怒るのは当然だと思う。

生きている人でも怒るのは当然だ。こんな企画をするプロデューサーは軽蔑に値すると思う。

怒りの中で人間としての生命を落としてしまい、その心が残っている状態をハイテクカメラで現象を撮影し、放送するという行為。

どう考えても正当化できないであろう。


霊能者と呼ばれる人が言う事は、例え霊と遭遇しても声が聞こえたり姿が見えても「相手にしてはだめだ」と。

霊から見て、人間に自分(霊)の存在が認識してもらえると霊が思ったら、ひたすらその人について行ってしまい、何とか未練を伝えたい、又は怒りを分かってもらいたいと思うのだそうだ。

だから、例え見えたり聞こえたりしても相手にしてはいけないという。

我々にはどうにも出来ないのである。


まとめると、面白半分で霊が出ると言われる場所へ行ってみたり、こっくりさん等で呼び出してみたり、からかう行為をしてはいけないという事だ。


今回は単純に「なぜ霊は怖いと思うのだろう?」という疑問を持ったことからこのブログを書き始めたのだが、後半は霊を侮辱するな、みたいな内容に展開していってしまった。

特に深い理由はないのだが、どうしてこの展開になったのか自分でも不明である。

ここは深く追求する事はしないようにする。

自分も「霊」なのだという事を忘れてしまっていると思われる人が多い事から今日はこんな事を書いてみた。

やはり今現在正しいと思われる知識は最低限持った状態でいないと変な宗教団体やスピリチュアルに騙される事につながると思う。

つじつまの合う、腑に落ちる内容として霊の知識は高めておいてもらいたい。



本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ

 



(00:40)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サミー   2013年01月05日 06:14
Unknown<br>
霊について記事を書いてランキング応援のお願いをする行為も、霊にとっては侮辱行為にあたるのでは?<br>
(素朴な疑問ですが)
2. Posted by 四季   2013年01月05日 18:12
サミーさん コメントありがとうございます<br>
霊についての記事でランキング応援のお願いが霊への侮辱になるのでは?とのご意見ありがとうございます。<br>
<br>
私が問題視しているのは、この世に未練を残して亡くなった方がいると思われる場所へ行き、その特定の霊が出ただの、声が、だのと番組にして放送する行為の事です。<br>
<br>
霊全般に対して言っているのではないと言う事をご理解いただければ幸いです。<br>
<br>
芸能人がドッキリのような企画で騙されて笑いものにされる番組では、その事が芸能人の仕事として本人も問題にしないと思います。<br>
<br>
そのような番組を見て、人間が侮辱行為だとは思わないと私は考えますが、人によってはけしからん!という人もいるかもしれません。<br>
<br>
この世に未練を残して亡くなられた方をさらし者のように番組のネタとして取り上げる行為が、その特定の霊に対して失礼なのでは?と思った次第です。<br>
<br>
真意をご理解いただけると嬉しいです。<br>

コメントする

名前
 
  絵文字