2012年12月09日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

重要なことは重なる。

「よりによってこんな時に。。。」

これは誰も経験があると思われる。

悪い事は重なる。

経験値としてなんとなく知っていると思うが、重なるのは本当に悪い事だけだろうか?

実は嬉しい事も嬉しい事と重なることがある。

更に、嬉しい事と悪い事も重なる。


これはその引き寄せているひとの機運が高まっている状態の時に起こりやすいと思える。

機運が高まるとき、「いよいよこの日だ!」等と日にちが決まると、意識はそこへ集中する。

すると、都合の悪い事もその日に「偶然起きたように見える」。

よりによって、こういう時にそういう事が「起こるんです」


自分の経験上で言えば、引き寄せの法則等知らない頃にはよくあった事であった。

法則と言われる位だから、仕組みを勉強してみたところ、悪い事といい事が重なることが無くなったように思える。

更に、悪いと思える出来事も減ってきたように思える。


この「機運」というのはどういうものなのか?

よく、「突き抜けた者にチャンスは集中する」という言葉もあるように、意識をある1点に集めることではないだろうか?

すると、そこへ向けて何かしらの力が集まってくる。

この時、引き寄せの法則を知らないと、都合の悪い事も引き寄せてしまいかねない。


意識しているうちは、望むことは叶いにくい。

忘れたころにやってくる。

これは潜在意識に教え込んだのち、意識はほかの事を考えていても潜在意識は教え込まれた引き寄せの法則を実行しようとしている。

まとめると、まず「願い」「集中」「叶ったイメージ(感情が湧く)」「願いを忘れる」「いい気分で気持ちをリラックスさせる」「忘れたころ願いが叶う」

こんな流れだと思う。


しかし私はこんな単純な構成だけでは無いと常々思っている。

自分の中のもう一人の人格、これを守護霊または神等どのように感じ、思うかはそれぞれの人次第。

そのもう一人の人格は、現実社会に影響力を持っていると私は経験からそう思う。


そして輪廻転生の意味の中で、何か「義務というか目的」があった場合、それを実行する為にもう一人の人格が力を発揮し、サポートする。

これまでに霊能者と言われる方々に教えて頂いた事柄。

私自身は見ていないので鵜呑みには出来ないが、完全否定も出来ないので、まずは書いておく。

ある特定の年齢に達した時、「大事故に会う」

「早くに両親を亡くし孤独を味わう」

「前世でとてつもない孤独を味わった為、今世では双子に生まれる」

「肉体的にハンディを持って生まれてくる」

「何のテーマも無いので人生を思い切り楽しむ」

などなど、まだいくらでもあるのだが、これらその人それぞれにテーマがあり、それを克服、消化、味わう等を目的として生まれてくるという。

その目的と相反した「引き寄せの願い」をすると、それは叶わないのではないか?

その逆もある。


こんな事を教えてくれた霊能者の方もいた。

人間がふと考えること、それは守護霊が「ふっ」と息をかけるように人間に意識を吹きかけると人間の脳に浮かび上がってくる。

つまりもう一人の人格なのか、守護霊なのか、神なのか不明だが、人間が思う事をコントロール出来るというのだ。

これが、何かアイディアを探している時であれば「神降臨」となり、サポートしてくれているというふうに感じるだろう。

では、言い争い等のケンカをしている時、後で「なんであの時あんなこと言ってしまったのだろう?」と後悔するようなことを言ってしまった場合、後ろから言わされている事が多いと言う。

コントロールされ、サポートされ、出来事、事件を設定され、その中で自分が自身で考えて行動しているようかの錯覚に陥ってはいけない、等とどちらが主体なのか混乱する事を言う霊能者もいる。

コントロールは、中途半端なのか、一語一句全て決まっていて、自由意思はないのか?

この自由意志が無いとすると「引き寄せの法則」は単なる飾りで台本に沿って必要な演技とセリフを言っているだけに過ぎないとも思える。

では、よりによってこんな時に。。。という重なる工程も台本通りなのだろうか?

引き寄せの法則を勉強した為に、悪い事と思えるような事を引き寄せようと思った事も無い。

しかし、願い事と意思に反する出来事。

共存は難しいというより無理ではないだろうか?


中途半端に叶ったり叶わなかったりするのが引き寄せの法則。

未来は決まっているのか作り出すのか?

「デジャブ」という事がある。

初めて訪れた場所に立った時「あれ?ここは以前来たことがるような気がする」と思う事。

脳科学を研究している人はこの事例について、脳の誤動作で初めて見た光景を記憶回路に残すとき、時間の感覚が混乱し、あたかも知っていたような気になることから起きるという。

日本人で初めてフランスの宮殿を訪れた人が、何故か部屋の配置、寝室や応接間等の部屋の役割を知っていて迷うことなくスタスタ移動できたという話もある。

前世でこの宮殿に住んでいたというのだ。

輪廻転生があるという認識で考えると「過去」については納得できる。

では「未来」についてはどうなのだろう?

様々な予言をする人たちがいる。

「未来が見える」という。

テレビでも話題になった預言者は数多くいたが、結局検証してみるとあやふやな部分が多く、一時の話題で終わっているように見える。

未来は決まっているのか?

自らが作り出すのか?

このテーマは奥深い。

このテーマは引き寄せの法則というものに非常に深く関連がある。

自らが作り出すのが「未来」だと信じたい。

毎日瞑想を行い、すごい霊能力を発揮して有名な人がいるが、その人は「未来は全て完璧に決まっている」と自信を持って言い切っている。

それはつまらないと思うのは私だけだろうか?



本日も最後までお付き合いいただき、ありがとう!

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓


スピリチュアル ブログランキングへ




(10:20)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リュウライザー   2014年12月10日 15:59
「生まれる前に人生を選んで来る」という、スピリチュアルの教義はどうしょうもない矛盾だと思います。
過去に人生の重要な事が決められていて、「今、現在の自己の在り方が、未来を決定する」も何もないではありませんか?

あの世や輪廻転生を如実に自覚する種類の人達、もしくはそう信じる事でより良く生きる人は、そう信じて生きればいいと思います。それだけだと思います。

2. Posted by 四季(管理人)   2014年12月10日 23:33
>リュウライザーさん

コメントありがとうございます

そうですね、矛盾が多すぎて真実に辿り着けているのか間違いているのかすらも分からない状況です。

ですので私は、全てを一度信じ、そして疑っていきます。
その繰り返しでもう30年以上過ぎてしまいましたが、ほんの少し知識が増えた程度だと自覚しています。

何かを信じる事で納得でき、その人がその人らしく生きる事が出来ればそれでいいという意見は私も同意です。

まあ私の場合謎を解きたいと思っているだけかもしれませんが(^^;;;

コメントする

名前
 
  絵文字