2017年03月09日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
不思議

この世界は不思議で満ち溢れている。

色々考えても調べても体験しても、納得という部分に到達できない。

魂とか霊界とか、有るように思えたりもするが、実はまるで別な要因で、人間が勝手に解釈して作り上げた世界である、とも考えられる。

そうは言っても、実は霊界は存在し、魂も一般的に言われているように有る。

として、ああらゆる方面から考えて、次に思うことは「何か理由があるのか?」という事に繋がる。

「理由はある」として考えてみると、魂の体験とか気づきであるとか、魂の修行だとかと言われているような事を思ってみたりもする。

しかし、どうしてもカルマの解消という言葉は「理由」の原因として考えるには無理がある。
これはとても単純な事で、因縁だとか色々言われているが、その始まりを考えるとわかるだろう。

カルマと一言で言っても、負のイメージが多い感じだが、こだわりだとか欲望だとか別の感覚も含んでいるという定義がある。まあしっかりと定義されたわけでは無いので、一般的にという意味合いなのだが。

今度はまるで逆に考えて、魂や霊界等はあるとしても、人間界で魂の修行の為であるとか体験の為であるとかという意味合いはまるで無いという考え方。

人間界で起こることは、実はまるで魂的に意味は無い。

こう考えてみると、異議を唱える人も出てくるだろう。

目に見えないストーリーがあるかのような体験をしている人もいるからだ。

そしてそのストーリーには、完璧なタイミングが仕組まれているように感じてしまう所だろう。

そんな体験をしてしまった人には、その理由として運命だとかそういう言葉がすんなり入っていく状況になる。

また、自分の人生のストーリーは自分が生まれる前に自分自身で組み立てて決めてから生まれて、自分自身で自分の作成したストーリーを体験すると唱える人もいる。

これとは似ているが、生まれる前に霊界で人間界に生まれたくないのに幾つかの人生の中から選択を迫られ、気乗りしないがその人生に生まれてきたという話もある。

以上の簡単なまとめの内容を考えてみると、1か0かという白黒の2択の話に見えてくる。

こうした見方では無く、混在という考え方もできる。

魂や霊界はあるとして、それは人間が考えているような世界ではないと考えてみる。
そして、人間界での出来事に意味は無く、肉体の感覚から取得する刺激で思考ができるようになる。

だから人間界で起こる事は全て偶然であり、意味はない。

しかしストーリーがあるかのごとくタイミングが揃うのは、人間界に存在する物質それぞれが放つ「何か」。これを波動とかという表現で言われていたりもするが、ある種の振動でありその揺れ同士が影響しあい、タイミングを揃えているという考え方。

そして、個々の人間がその環境で思う事も波動という波で伝わり、それが現象化して現実の出来事に繋がっていく。

だから特に理由の無い世界の出来事に人間の心の波動が影響し合い、様々な出来事に繋がっていく。
なのでストーリーが有るかのようなタイミングも感じられたりする。

すると、そんなストーリーを感じるような出来事に遭遇などした事が無い人、神も仏も無いものかと嘆きたくなるような災害や犯罪に遭遇した時、運命だとかという言葉に縛られなくなるかもしれない。

全部入りという考え方もできる。

魂もあり、人生のストーリーを決めてきた魂、決められた魂、何もストーリーの無い魂、そして理由の無い世界でそれぞれが混在する世界。

人間の思考として強い希望を持った時、その波動で現象化された世界は当初の希望の出来事とは違うが、感情的に受け取るエネルギーは同じという事もあるかもしれない。

私自身が今感じていることは、もしかしたら全部入りという考え方がとても違和感が少ないという状況だ。

以前も書いたが、この人間世界も実は全て仮想現実、バーチャルの世界での出来事だという考え方も底辺にある。そしてそのバーチャルな世界の中で全部入りの世界が展開されているのではないだろうか?

もっと何かヒントがないものだろうか。。。


〜 ブログトップ 〜

〜 記事一覧へ 〜


スピリチュアル ブログランキングへ

(13:12)