2018年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
必死なネコ

ネットが普及して情報量が一気に増え、玉石混交状態でどれが本物か見抜くのが大変になっている。

それでもブログなどを読み続けていると、なんと無く見えてくる事もある。

また、面白いことに自分自身が判断に困るとそんな時に偶然開いたサイトにヒントが出て来たり。

こうした流れを「導き」と判断したりもできるし、何かしらの啓示だと思う事もできるのだが、それも思い込みの時もあり、要はその時の自分自身の心境が無意識に影響している可能性も考えられる。

そんな事も頭の片隅に置きつつ人から直接聞いた話や、不思議な能力を持つ人の話を聞いたりと情報が集まってくる。

そして、最近の自分自身の霊界への思考、前回のまとめでも書いたのだが、やはり怪しい。

霊界のことを探索していると、霊界が人間界を支配しているという流れになっていく。

ではどこまで支配しているのか?

どこまで人間界に霊界は介入してくるのか?

あるいは全く介入せず、見てるだけ。で、人間界を終えたら審判が行われどのように人生を過ごして来たのかチェックされるとか。

将来を有望視された若者が不慮の事故で命を落としたり、まとめでも書いたがモスルで神に祈りを捧げている時マシンガンで撃ち殺されたり。

逆に飛行機が墜落しても生き残ったり、九死に一生を得るといった奇跡的な生還劇もある。

霊界的に都合のいいように書けば、介入したりしなかったり、、、

本当に都合がいいな・・・

全く介入してなければ九死に一生も偶然とか。

いや、守護霊が・・・

色々解釈は出来るが、どれも整合性がつかない。

やはり霊界は、人間の想念で作り出された世界で、人間の念が無ければ消えてしまう世界なのでは無いか?

だから人間には霊界が重要で、人間界は修行の場であるとしておかねば都合が悪いのかも。

こうして人間界vs霊界と考えた時、重要なのは人間界なのでは無いだろうか。

こういった方向に思考が傾くと、過去数十年の自分自身の経験で、必ずと思えるほど偶然開いたサイトには霊界がやはり重要で・・・というのが出てくるのだ。

Aだと思えばBが、ではBだと思えばAがといった具合にかならず混乱を引き起こすような反対意見がくる事が多い。

ところが、最近本当に霊界は人間の念が作り出した世界で、人間界にさほど影響力は無いのでは?という思考にかなり傾いていた。年末に書いたまとめでもそうなのだが、年が明けて1日に入って来た霊界関連の情報は、なんだかんだ言っても霊界がとっても重要で・・・というのが書かれている。

なんだか霊界が必死に私の思考を混乱させようとしているように感じられて仕方がないw

このブログも通算で数十万のアクセスがあったりしているので、微力でも影響力はあるのであろうと思う。

霊たちが必死?www

もう少し俯瞰してみると、それだけ世の中に霊界を重要視する人が増えているから、このブログは反対意見を書いておかないとバランスが崩れるから?

と霊界から私が無意識に利用されているという事に?

こんなことを書きながら、私も相当他人の意見を信用しなくなっている疑り深い人間になってきたなと思ったりしたw

もう霊界のことを全く重要視しなくなった昨年末でこのブログの更新もやめようと思っていた。

それなのに、、、

結局また更新しているw

何か私に言いたい事でもあるのか、伝える手段も無く霊能者のような他人を介して言われても全く伝わってこない、その程度の状態でどれだけ威厳を示そうとされてもね・・・

死んだらわかるよ、というならその時まで忘れていればいいだけのこと。

部屋のあちこちでパッキンパッキン音を鳴らされても意味不明だし。

と、段々どうでもいいや感が強くなって来たw

霊界が、霊界がと強弁されればされるほど、そんなに必死にならなくても・・・w

と引いてしまうw

それならお前の命を奪わねばならぬ、とか言うのであれば、執着も何も無いので

どうぞご自由に。。。






(23:55)